TOP >underfirejgマイページ

underfirejg

さんのマイページ
underfirejg
つぶやいた映画
230 本
総ツイート
236 件
マイページ閲覧数
590 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
1 人

オールタイム映画ランキング

underfirejgさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
230 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
    15時17分、パリ行き
    レオン
    The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ
    グレイテスト・ショーマン
    ロープ 戦場の生命線
    ぼくの名前はズッキーニ
  • 今夜、ロマンス劇場で
    スリー・ビルボード
    祈りの幕が下りる時
    ベロニカとの記憶
    ジオストーム
    パディントン2
    はじめてのおもてなし
  • 西遊記 ヒーロー・イズ・バック
    ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!
    レディ・ガイ
    嘘八百
    8年越しの花嫁 奇跡の実話
    DESTINY 鎌倉ものがたり
    否定と肯定
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ
      「The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ」劇場で鑑賞。閉鎖空間で展開される心理サスペンス。異物が混入し秩序が乱されていく様に、流れとしては違和感ないが狂気が不足。主演女優の美しさが活かされていない感が。意図してのことだ… https://t.co/LByVtEl8kl
      いいね
    • グレイテスト・ショーマン
      「グレイテスト・ショーマン」IMAXで鑑賞。高揚感が意外なほど出てこないムムムの出来のミュージカル。脚本の不味さがいい歌とダンスをぶち切った印象。ヒュー・ジャックマンの歌声が素晴らしいだけに余計に目立つ感強し。見世物だと評論家や市民が批判するシーンは、考えさせられる。
      いいね
    • 聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
      「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」試写で鑑賞。「ロブスター」のヨルゴス・ランティモス最新作。「ロブスター」も相当ぶっ飛んでいたが、こちらもなかなか。ファーストシーン見た瞬間に顔歪めるしかなし。本作の方がストレートだが、逃げ場なし。奇才という名が相応しい。
      いいね
    • スリー・ビルボード
      「スリー・ビルボード」劇場で鑑賞。よく練られた脚本と、硬軟織り交ぜた演出が冴える秀作。とにかく登場人物の存在感がそれぞれ強く、アメリカの田舎町という舞台設定がより一層物語を強くする。とにかく善悪の垣根について、自身に問いかける事を余儀なくさせる。さあどう結論持とうか。
      いいね
    • 今夜、ロマンス劇場で
      「今夜、ロマンス劇場で」劇場で鑑賞。予告見た時から「カイロの紫のバラ」の匂い漂わせ、好きなジャンルだなとは思っていたが、ここまで心掴まれるとはの嬉しい誤算。映画ファンには堪らぬ設定で、かっちりハマっている。綾瀬はるかと坂口健太郎が、純愛コンビとして最高のパフォーマンス!
      いいね
    • ぼくの名前はズッキーニ
      「ぼくの名前はズッキーニ」劇場で鑑賞。吹替版で観たが、なかなかアニメほしんどいな、という自分自身の考えは変わらず辛い鑑賞だったわけだが、終わってストップモーションアニメと知ってビックリ。あの滑らかな動きでストップモーションアニメとは。気付かなかった自分がボーっとし過ぎ?
      いいね
    • 15時17分、パリ行き
      「15時17分、パリ行き」試写で鑑賞。イーストウッド監督最新作だが、ちょっと拍子抜けかな。実際の当事者をそのまま本人役に起用したのは面白いが、必然なのか、偶然なのかの曖昧さが映像化にも影響してしまった感あり。イーストウッド好みであろうジャズベースのスコアは、好感持てる。
      いいね
    • ロープ 戦場の生命線
      「ロープ/戦場の生命線」劇場で鑑賞。題材としては悪くなく興味湧くオープニングもいい。ただその後展開の広がりに欠け、戦地の緊迫感も薄く眠気が。ベニチオ・デル・トロとオルガ・キュリレンコの過去もどうでもよく、描くべき要素すっ飛ばして作ってしまった印象。でもエンディングはいい。
      いいね
    • レオン
      「レオン」試写で鑑賞。軽くて、軽くて、バカバカしいが、決して嫌いではないシチュエーションコメディ。まあほとんどが竹中直人の個人芸で魅せる作品なのだが、知英が意外や意外の好演で、これで一気にファンになった。ジャンポケ斉藤やミッツ・マングローブはもう少し派手でもね。育三郎はやり過ぎ。
      いいね
    • 祈りの幕が下りる時
      「祈りの幕が下りる時」劇場で鑑賞。加賀恭一郎シリーズだが独立した作品としても楽しめるだろう。始まって暫くは字幕での説明過多で大丈夫かいなと心配したが、落ち着くところには落ち着きまずは安心。原作の良さ多分にあるだろうが。謎解き描写にもう少し工夫欲しいのと、脇の使い方甘さが気になる。
      いいね
    • ジオストーム
      「ジオストーム」劇場で鑑賞。気候変動という現代的なテーマがメインのディザスターフィルム。米中中心の世界各国チームで開発というのが目新しいが、肝心の"世界を救う"に達成感が乏しい。無駄排除はいいが、膨らみなさすぎの脚本では致し方ないか。女性シークレットサービスがよろし。
      いいね
    • パディントン2
      「パディントン2」劇場で鑑賞。前作は熊が普通に人間と暮らすという設定に全く溶け込めなかったが、今作はそこは既に飛び越えているので、そこの違和感はなし。ヒュー・グラントをうまく使っておりその点は良し。細かいところは割と上手く処理しており、ベースはノレないもまあ良しか。
      いいね
    • レディ・ガイ
      「レディ・ガイ」劇場で鑑賞。お気に入りウォルター・ヒル久々の新作ご対面。とにかくブッ放すアクションのキレは衰えてないが、ちょっと凝りすぎたかストレートな面白さにはかなり欠ける。画の楽しさはあるだけに、何とも惜しい限り。それにしてもミシェル・ロドリゲスほ適役だったなあ。
      いいね
    • ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!
      「ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!」劇場で鑑賞。関係ないもの一切排除し本筋に一直線のアクションもの。冒頭の作戦シーンがもっとも面白く、ある意味それで満足。敵も強そうで弱いし。エリック・セラのスコアがいい意味でらしくなく、燃え系で良し。やっぱ嬉しいのはJ・K・シモンズだ。
      いいね
    • ベロニカとの記憶
      ジム・ブロードベント主演の不思議な味わいのドラマ。上っ面だけなら静かなホームドラマ風だが、なるほどこれは宣伝し難い類の作品。全てがスッキリとはいかないが、所々惹かれるシーンがありまずまずの感。過去をどう取扱うか難しい問題だ。
      いいね

      良い
    • ベロニカとの記憶
      「ベロニカとの記憶」試写で鑑賞。ジム・ブロードベント主演の不思議な味わいのドラマ。上っ面だけなら静かなホームドラマ風だが、なるほどこれは宣伝し難い類の作品。全てがスッキリとはいかないが、所々惹かれるシーンがありまずまずの感。過去をどう取扱うか難しい問題だ。気になる監督かな。
      いいね
    • はじめてのおもてなし
      あまりの面白さにビックリのドイツ映画。難民問題という極めて難しい問題を、カオスに持って行ってさらには上手くまとめるという力量に感心。とにかくどの登場人物も活き活きしている。ドイツ映画の懐の深さを感じぜずにはいられない。素晴らしい!‬
      いいね

      良い
    • 嘘八百
      「嘘八百」劇場で鑑賞。こういう騙しものは映画の題材としては嬉しいものだが、見事に消化不良の結果に。騙しをする動機の説明あるが切迫感なく、仕掛けの大きさも全く伝わってこないので、当然の如くカタルシスもなし。役者の上手さで場面場面が成り立っているのは唯一の救いか。森川葵の笑顔もだ。
      いいね
    • 西遊記 ヒーロー・イズ・バック
      「西遊記 ヒーロー・イズ・バック」試写で鑑賞。中国製アニメという事で期待と不安半々で観始めたが、硬直性と柔軟性の混合という感じ。絵的には柔軟も、筋的にはかなり無理あり。クライマックスはそこそこ観れるが、カタルシスには程遠し。やはり… https://t.co/bMuHFbrmy0
      いいね
    • DESTINY 鎌倉ものがたり
      「DESTINY 鎌倉ものがたり」劇場で鑑賞。どうしちゃったの?という退屈極まりない出来。鎌倉の描写は江ノ電あたりはいいのだが、いつの間にかストーリーの摩訶不思議さに寄っかかる貌となり、すっ飛ばし感高し。後半のVFXで少しおっ、と… https://t.co/xgtqOazTWE
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....