TOP >usako_usagiclubマイページ

usako_usagiclub

さんのマイページ
usako_usagiclub
つぶやいた映画
1,322 本
総ツイート
1,929 件
マイページ閲覧数
28,511 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
14 人
2016年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
1322 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • モリーズ・ゲーム
    アベンジャーズ インフィニティ・ウォー
    ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男
    BPM ビート・パー・ミニット
    トゥームレイダー ファースト・ミッション
    ボス・ベイビー
    修道士は沈黙する
  • リメンバー・ミー
    ハッピーエンド
    聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
    しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス
    15時17分、パリ行き
    シェイプ・オブ・ウォーター
    ブラックパンサー
  • ナチュラルウーマン
    ビッグ・シック
    グレイテスト・ショーマン
    ぼくの名前はズッキーニ
    ローズの秘密の頁
    THE PROMISE 君への誓い
    羊の木
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男
      『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』本物よりも優しい顔立ちのチャーチル。夫人とのやりとりにニヤリ。「世界を救った」のは結果論だけど、この人が首相でなかったら完全に違う世界になっていただろう。撮影が素晴らしかった。
      いいね

      良い
    • アベンジャーズ インフィニティ・ウォー
      『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』エンドロール中ずっと、えー!?えー!?えー!?と心の中で叫びながらも、エンドロール後に望みを繋いだら、また、えーー!? ショックが大き過ぎて、やけ食いでもしなければ今晩はとても眠れそうにない
      いいね

      良い
    • モリーズ・ゲーム
      『モリーズ・ゲーム』勝つことにこだわり続ける主人公の突き抜けた強さと、ある意味不自然なほどの正義感(?)。ポーカーの面白さより、ゲームで自制心を失う怖さを思い知る。3年分のセラピーがとても印象的で、なぜか自分自身も救われた気がした。
      いいね

      良い
    • BPM ビート・パー・ミニット
      『BPM ビート・パー・ミニット』「元気をもらえる作品」だと期待していたら、予想以上に重い内容。エイズ患者やHIV感染者への差別や偏見に対し、さまざまな行動を起こすACT UPのメンバー。主人公が衰弱していく姿があまりに痛々しかった
      いいね

      良い
    • トゥームレイダー ファースト・ミッション
      『トゥームレイダー ファースト・ミッション』物語はツッコミどころ満載だけど、ララを演じたA.ビカンダーの美しい筋肉と、体を張ったアクションが印象的。走り方もかっこいい。銃ではなく弓矢で闘うところが良かっただけに、ラストがちょっと残念
      いいね

      良い
    • ボス・ベイビー
      『ボス・ベイビー』字幕版を鑑賞。ボス・ベイビーの不敵な表情・仕草とA.ボールドウィンの声がマッチしすぎ!兄弟の掛け合いも完璧。エルビスのそっくりさんたちに爆笑。1つだけ文句を言うなら、Blackbirdはオリジナルも聞きたかった…
      いいね

      良い
    • 修道士は沈黙する
      『修道士は沈黙する』舞台となったハイリゲンダムに興味があって鑑賞。G8財務相会議ってこんな感じ?と疑問に思う点多々。IMF専務理事の考えやこの会議の決定事項がそこまでcritical?大騒ぎした割にはあっさりした会議の終結に拍子抜け
      いいね

      普通
    • リメンバー・ミー
      『リメンバー・ミー』字幕版にて鑑賞。ミゲルを演じたA.ゴンザレスの素晴らしい表現力とガエル・ガルシア・ベルナルの抜群の安定感。映像も音楽も良かったし、もちろん泣いたけど、「覚えていてもらうことって、そんなに大事?」と思う自分がいた
      いいね

      良い
    • ハッピーエンド
      『ハッピーエンド』一見幸せそうに見えて、修正不可能なほど歪んだ家族。徹底的に「綺麗事」を暴く点では潔さすら感じる。一番信頼できないのは実は家族なのか。ハッピーとはかけ離れたエンディング。これが現実世界だと言われたら、ぐうの音も出ない
      いいね

      良い
    • しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス
      『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』一番印象的なのは、まるで子供が描いたようなカラフルで生命力に溢れた彼女の絵。当時は夫が妻に手を上げるのは普通だったのかもしれないが、絵の幸福感と映画の中の彼女の人生にギャップを感じた。
      いいね

      良い
    • ブラックパンサー
      『ブラックパンサー』ブラックパンサーとキルモンガーのアクションだけでなく、ナキアや女性兵士たちの闘いぶりもハンパなくかっこいい。オコエ隊長が、正義ではなく、国王そして国家に仕えるという考え方だったのは、理解はできるが、正直残念だった
      いいね

      良い
    • ナチュラルウーマン
      『ナチュラルウーマン』邦題に違和感があったけれど、そういうことだったのね。自分をありのまま受け入れ、愛してくれた人を失う辛さ。差別という名の容赦ない攻撃。それを乗り越え、前に進もうとする主人公。彼女が歌うオンブラ・マイ・フに思わず涙
      いいね

      良い
    • シェイプ・オブ・ウォーター
      『シェイプ・オブ・ウォーター』大人のための童話。声が出ないお姫様と囚われの身の王子。音楽と手話が二人の言葉。鱗に覆われた生き物の造形が素晴らしく、特に目が印象的。そこに魂を吹き込んだD.ジョーンズ、そしてS.ホーキンスの演技に拍手。
      いいね

      良い
    • ビッグ・シック
      『ビッグ・シック』主人公二人が書いた素晴らしい脚本。行動が伴う愛は、文化や習慣の違いを乗り越える。エミリーの父親の"Loving somebody this much sucks"に完全に同意、でも、愛さないより愛する方がずっといい
      いいね

      良い
    • グレイテスト・ショーマン
      『グレイテスト・ショーマン』序盤から泣きどおし。アガる音楽・演出、うっとりするダンス。これぞエンターテイメントの力、まさにcelebration of humanity。R.ファーガソンの歌唱力に圧倒されたけど、歌は別人だったのね…
      いいね

      良い
    • ぼくの名前はズッキーニ
      『ぼくの名前はズッキーニ』子供たちが孤児院に入らなければならなかった理由1つ1つがリアルで悲しい。優しい警察官や自分を受け入れてくれる孤児院の仲間、スタッフに出会えて良かった。愛のない家族や親戚より愛のある他人の方がずっと頼りになる
      いいね

      良い
    • THE PROMISE 君への誓い
      『THE PROMISE 君への誓い』アルメニア人虐殺がテーマ。キリスト教徒にも持参金の習慣があったのね。身の危険も顧みず友を助けたエムレ、多くの人々に救いの手を差し伸べた米・仏の高官が印象的。この地の悲しい歴史に目を向けさせられた
      いいね

      良い
    • 聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
      『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』音楽が怖すぎる。自分の身には絶対に起こりえないと分かってはいても、どうすれば良いのか考えずにはいられなかった。あまりにも理不尽、でもこれは現実世界のメタファーなのだ、きっと。
      いいね

      良い
    • 羊の木
      「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」ビスマルクの言葉ですが、これが冒頭に出てくる最近の映画って何でしたっけ?羊の木?
      いいね
    • 羊の木
      『羊の木』殺人犯に対してとっさに救いの手を差し伸べられるか?観客の人間性が試される。6人の元殺人犯にフラットに接することは私にはできないと思う。「のろろ」の言い伝えが非常に興味深く、本当にそんな伝説がないか思わずググってしまったw
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....