TOP >usako_usagiclubマイページ

usako_usagiclub

さんのマイページ
usako_usagiclub
つぶやいた映画
1,226 本
総ツイート
1,825 件
マイページ閲覧数
25,220 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
14 人
2015年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
1226 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ありがとう、トニ・エルドマン
    ハクソー・リッジ
    世界にひとつの金メダル
    キング・アーサー
    おとなの恋の測り方
    セールスマン
    昼顔
  • 生きとし生けるもの
    ザ・ダンサー
    20センチュリー・ウーマン
    ローマ法王になる日まで
    LOGAN ローガン
    ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー
    光
  • 光をくれた人
    夜に生きる
    オリーブの樹は呼んでいる
    メッセージ
    マンチェスター・バイ・ザ・シー
    スプリット
    ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ザ・ダンサー
      『ザ・ダンサー』ダンスは幻想的でとても美しく、パワフルに踊り切ったソーコに拍手。でもダンス以外の場面では、彼女にもリリー=ローズ・デップにもあまり魅力を感じなかった。G.ウリエル、M・ティエリー、F.ダミアンは役にハマっていたと思う
      いいね

      良い
    • キング・アーサー
      『キング・アーサー』打楽器が印象的なインパクトのある音楽とG.リッチー監督お得意の外連味たっぷりの映像。今作品独特のアーサーが育った環境や成長の過程も興味深く、これまでになくワイルドかつフェミニストな、ギャップのあるアーサーを堪能w
      いいね

      良い
    • おとなの恋の測り方
      『おとなの恋の測り方』J.デュジャルダンの縮尺がシーンによって微妙に違っていて、撮影や編集の大変さが想像できる。見た目が釣り合っていないカップルが悩む気持ちもよくわかる。終盤のディアーヌの隠喩に対するアレクサンドルの反応が残念だった
      いいね

      良い
    • ありがとう、トニ・エルドマン
      『ありがとう、トニ・エルドマン』素直に愛情表現ができない父と娘。予告編から想像していた以上にぶっ飛んだ作品。体当たりで挑んだ親子役の二人に心から拍手。ブカレストの風景、市井の人々の表情も良い。笑わせたい相手がいる、きっとそれが幸せ。
      いいね

      良い
    • 光
      『光』期待し過ぎてガッカリ。主人公の抱える問題の重さと彼に惹かれる女性の薄っぺらさがアンバランス過ぎてイライラ。音声ガイドが作られる過程は良かったが、実際あれほど時間をかけられるものなのか?結局樹木希林さんが全部かっさらっていったw
      いいね

      良い
    • 昼顔
      『昼顔』ドラマは未見。一部のシーンは違和感があったが、ほとんどの登場人物に共感できた(悪く言えばありがちな設定かも)。結局人間にできるのは今この瞬間を生きること。相手への愛情表現を後回しにしてはいけない。上戸彩さんの筋肉が美しかった
      いいね

      良い
    • セールスマン
      『セールスマン』夫の留守中に襲われた妻。警察には届け出ず、夫が見つけ出した犯人は…。ファルハディ監督らしい心にモヤモヤを残す物語。タクシーは他人とシェアするのに、家族でも合鍵を持たないのがイラン?『セールスマンの死』舞台で観なきゃ!
      いいね

      良い
    • 生きとし生けるもの
      『生きとし生けるもの』息を呑むほど美しい北海道の自然、巡る季節の中でさまざまな表情を見せる動物・虫。神の御心のままその瞬間を生きる彼らの姿にただ涙。スクリーンで名前が表示されず残念だと思っていたら、エンドロールできっちりクレジットw
      いいね

      良い
    • ローマ法王になる日まで
      『ローマ法王になる日まで』現教皇フランシスコの半生。原題が彼の人柄を表現していて◎。軍事政権下のアルゼンチンで行われていた暴挙に絶句。イエズス会の政治との関わり方や弱者との深いつながり。結婚式での説教が、結婚式らしくないのが良かった
      いいね

      良い
    • LOGAN ローガン
      『LOGAN ローガン』H.ジャックマン最後のウルヴァリン役にふさわしい傑作。とにかくローラ役のD.キーンが◎。文句なしの度胸・存在感・演技力・身体能力。P.スチュアートも素晴らしかった。エンドロール最初の歌に字幕がなかったのが残念
      いいね

      良い
    • 20センチュリー・ウーマン
      『20センチュリー・ウーマン』型にはまらない女性たちを自身と15才の少年の視点で描写。スケボー、オルガズム、生理…など好きなシーンはいろいろあるけれど、数々の本の引用と某大統領の演説が印象的だった。そして、誰も予想していなかった未来
      いいね

      良い
    • 世界にひとつの金メダル
      『世界にひとつの金メダル』とにかく馬が美しい。元々の性格なのか気難しいところも◎。演技だったら凄すぎる!馬と周囲の人々に支えられ、成長していく主人公を丁寧に描写。馬術も含め、彼を演じきったG.カネに心から拍手。残念なのは邦題のみ。
      いいね

      良い
    • ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー
      『ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー』映画の絵コンテ作家の夫とリサーチャーの妻。色々なドキュメンタリーを観たけれど、リリアンほど話が面白くてチャーミングな女性はいないと思う。随所に出てくる二人を描いた絵コンテも◎オススメ
      いいね

      良い
    • ハクソー・リッジ
      『ハクソー・リッジ』信仰により武器を持つことを拒否し、臆病者と揶揄された主人公が、沖縄戦で負傷した数十人の仲間を救った実話。自ら負傷しながらも決して救出をあきらめない姿に「神が成し遂げさせてくださる」という聖書の言葉を思い出した。
      いいね

      良い
    • メッセージ
      『メッセージ』異星人がなぜ地球にやって来たかを読み解く物語と思いきや、もっと壮大なテーマが。相手の言語を分析し、理解する過程が非常に興味深い。でも、言語の習得でそこまでできないでしょ?仮にできるとしても、私はそれを贈り物とは思わない
      いいね

      良い
    • 夜に生きる
      『夜に生きる』B.アフレックのギャング映画愛をひしひしと感じる作品。1920~30年代の町並み、車、服装などをこだわりを持って再現。自然の映像も美しかった。個人的には犯罪者をかっこよく描くことには抵抗を感じるけれど、ベンだから許すw
      いいね

      良い
    • スプリット
      『スプリット』解離性同一性障害者役のJ.マカヴォイの怪演は観る価値あり。他の登場人物のキャラ設定も良いし、物語も面白いけれど、最後の最後で「結局壮大なネタふりかい!」ってなるのが残念。『24人のビリー・ミリガン』を読み返したくなった
      いいね

      良い
    • マンチェスター・バイ・ザ・シー
      『マンチェスター・バイ・ザ・シー』見覚えのある風景だと地図を見たら友人の実家の近くだった。家族の死、残された者たちの悲しみと混乱、心の再生への道筋。過去は無理に乗り越えなくてもいい。ひさびさに見たM.ブロデリックに時の流れを感じた…
      いいね

      良い
    • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス
      『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』序盤からベビー・グルートでハートを鷲掴み。最強ミックス2にワクワク。美術・メイクとVFXはもはややり過ぎの領域。極め付けは泣かせる脚本とヨンドゥの男前ぶり。前作観てなくても楽しめます
      いいね

      良い
    • オリーブの樹は呼んでいる
      『オリーブの樹は呼んでいる』予告編から想像した結末とは違ったけれど、強い日差しと乾いた地、樹の生命力などの自然と、孫娘と祖父の絆、家族の再生など人間の物語をバランスよく表現。バレンシアとデュッセルドルフの対照的な風景が印象に残った。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      mokomoko37
      1940movies / tweets
      advertisement

      follow us