TOP >writelefthandマイページ

writelefthand

さんのマイページ
writelefthand
つぶやいた映画
612 本
総ツイート
833 件
マイページ閲覧数
5,273 view
ウォッチしている
7 人
ウォッチされている
5 人
2015年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
612 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 22年目の告白 私が殺人犯です
    ワイルド・スピード ICE BREAK
    レゴバットマン ザ・ムービー
    はらはらなのか。
    ムーンライト
    まんが島
    SING シング
  • WE ARE X
    ペット 檻の中の乙女
    トリプルX 再起動
    ラ・ラ・ランド
    虐殺器官
    持たざるものが全てを奪う HACKER
    ドラゴン×マッハ!
  • ホワイト・バレット
    ポッピンQ
    ドント・ブリーズ
    ちょき
    ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
    この世界の片隅に
    溺れるナイフ
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 22年目の告白 私が殺人犯です
      6/10は心置きなくMKE映画祭に行けそう。そして夜は「22年目の告白」。
      いいね
    • 過激派オペラ
      映画『過激派オペラ』鑑賞。劇団の舞台がシュールっぽくてノれず、劇団員の女性たちにも前半はちょっと乗り切れない。助っ人が入ってから団内のバランスが狂っていく後半は、ドラマが自分の理解が届く内容で楽しむことができた。主人公と相手役が恋仲になるシーンは演技の勢いが半端じゃなく印象的。
      いいね

      良い
    • 道
      映画『道』鑑賞。無垢なジェルソミーナと粗野なザンパノ。彼らの旅回りは常にちょっと噛み合わない。その結末は非常に切なく、ラッパの音楽も合わせて胸を打たれた。当時のイタリアの状況とか定まった評などを知ればもっと楽しめるのだろう。旧作込みで観た作品でいえば2017年ベスト級。大傑作。
      いいね

      良い
    • ホワイト・バレット
      映画『ホワイト・バレット』鑑賞。頭に銃弾が埋まっているのにあの開き直りと人を食った態度はなんたることか。刑事と医者と悪役の三人の心理戦は先が読めずはらはらした。銃撃戦アクションもよかったが、なんといってもサスペンス。ちょこちょこジョニー・トーらしいくすぐりもあり大満足。
      いいね

      良い
    • ペット 檻の中の乙女
      映画『ペット 檻の中の乙女』鑑賞。パッケージのキャッチコピーを信じて借りてみた。結果、正解。あの女性の造形は予想を超えていた。結末まで含めて腹に重いものが残る秀作。
      いいね

      良い
    • まんが島
      映画『まんが島』数えたカットは1265。途中映像がまたたくシーンがありこれは別カットなのかワンカットなのかと悩みながら連打。舞台挨拶終わりの守屋監督に伺ったところ数えるので正解だった。まんが島で汚い漫画家たちが暴れるシーンの力強さは理屈をねじ伏せた。 #eigamote
      いいね

      良い
    • まんが島
      映画『まんが島』鑑賞。事前に知る設定から全然違うところに持っていかれる。ストーリーが動いてこないので最初は全然乗れなかったが、ディジュリドゥなどの音楽と登場人物の原初的な言動に次第に呑まれていく。結果、観てよかったといえる作品。事前情報なしで知人に観せたい作品ナンバーワン。
      いいね

      良い
    • 神弓 KAMIYUMI
      映画『神弓 KAMIYUMI』鑑賞。弓矢が鍵になるのは珍しく、動きと駆け引きが面白かった。遠距離戦の武器だから確かにゲリラに向いている。世代を越えた物語にも熱くなって感心したが、朝鮮半島の歴史を詳しく知っていたらさらに入れただろうなぁ。
      いいね

      良い
    • シェル・コレクター
      映画『シェル・コレクター』鑑賞。ストーリーテリングが弱く、島以外の環境についての情報が少なすぎて状況に入り込めなかった。なのであまり好きな作品ではないが、盲目の研究者を演じたリリー・フランキーがイメージを覆す好演を見せていたのでプラスマイナス。貝の標本作りの画は印象的だった。
      いいね

      普通
    • ゴジラ
      映画『ゴジラ』鑑賞。大災害としてのゴジラの存在が際立つ。水爆実験とか「また疎開か」という民衆の言葉とか当時の時代感が現れていて興味深い。シン・ゴジラと相似的になってしまった時代の皮肉を感じた。オキシジェン・デストロイヤーを巡るドラマも悲劇的で胸をうつし、間違いなく傑作。
      いいね

      良い
    • 七つまでは神のうち
      映画『七つまでは神のうち』鑑賞。物語のつじつまに悩む部分はあるが、まずは恐かった。中盤の振り向きざまシーンにびびってからは、登場人物の後ろ姿が写るために恐さが。結末には結末ならではの救いのなさが残り、徹頭徹尾ホラーしていた。
      いいね

      良い
    • 向日葵の丘 1983年・夏
      映画『向日葵の丘 1983年・夏』鑑賞。映画愛を標榜する映画が、どうしてこんな安っぽい演出と脚本に駄するのか。1983年をきちんと撮った絵は評価できるが、そもそも83年の事件の顛末が雑。撮影はしているのだから他にできることがあるはず。藤田朋子のボクっことかイタいし、怒りを覚える。
      いいね

      残念
    • ワイルド・スピード ICE BREAK
      映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』数えたカットは3476。オープニングのキューバからパーティ感が強く期待通り。中盤のニューヨークが、そんな車の使い方するかね、と驚かされカットの面で一番面白かった。 #eigamote
      いいね

      良い
    • ワイルド・スピード ICE BREAK
      映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』鑑賞。前作からの人物が続いていて続編のニュアンスが強くなっていた。古き良きジャンプ漫画も思わせる展開はファミリー感を強く感じすぎて好きとは言えないが、相変わらず豪快で面白かった。
      いいね

      良い
    • レゴバットマン ザ・ムービー
      映画『レゴバットマン ザ・ムービー』数えたカットは1926。前に観たレゴムービーほど全てがレゴ感に溢れたビジュアルではなかったが、レゴのキャラクターであることがうまく使われたカットがいくつかありその意味で面白かった。あと、過去の実写の使われ方が笑えた。 #eigamote
      いいね

      良い
    • レゴバットマン ザ・ムービー
      映画『レゴバットマン ザ・ムービー』鑑賞。バットマンをメタ視点でまとめており、笑える上にバットマン・ストーリーとしてけっこう面白く観られた。もちろん物語は端的だからこれでバットマンが分かった気になってはいけないのだが、なんせ50年以上の映像まで使うのだから(笑)。
      いいね

      良い
    • ムーンライト
      映画『ムーンライト』数えたカットは572。色合いなど、話として看るべきポイントがあったらしいが、正直見逃した。人物たちの微妙な表情が印象的なのと、内容を知らずに観たら、第一カットとも呼ばれるポスターの意味がわかって納得。
      いいね

      良い
    • ムーンライト
      映画『ムーンライト』鑑賞。一人の男の物語。とてもミニマムな世界の中に、いろんな生き辛さが凝縮されていた。あまりにもミニマムな世界と展開にうとうとしてしまうところもあったが、それぞれの期にはっとする展開があり、最後には主人公の人生を味わった妙味があった。
      いいね

      良い
    • 高慢と偏見とゾンビ
      映画『高慢と偏見とゾンビ』鑑賞。古典の恋愛小説とゾンビものをうまくマッシュアップ。イギリスの階級社会とそのジレンマに悩む恋物語のビジュアルも含めた構築がよかった上に、美人姉妹がスカートの下にナイフを潜ませるという修羅な世界も入り、ゾンビものにそれほど興味ない私もとても楽しめた。
      いいね

      良い
    • シン・ゴジラ
      『シン・ゴジラ』で完全生物という表現およびその形態を見てジョジョ第二部を思い出した。2があったらジョジョ第二部のように倒そうとするのだろうか。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      WaseiG
      3268movies / tweets
      advertisement

      follow us