TOP >yako802マイページ

yako802

さんのマイページ
yako802
つぶやいた映画
1,333 本
総ツイート
6,718 件
マイページ閲覧数
7,082 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
16 人

オールタイム映画ランキング

yako802さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
1333 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 歓びのトスカーナ
    ジョン・ウィック チャプター2
    リベンジ・リスト
    昼顔
    家族はつらいよ2
    オリーブの樹は呼んでいる
    皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
  • メッセージ
    アムール、愛の法廷
    バッド・バディ!私とカレの暗殺デート
    潜入者
    マンチェスター・バイ・ザ・シー
    パーソナル・ショッパー
    ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス
  • 台北ストーリー
    ノー・エスケープ 自由への国境
    カフェ・ソサエティ
    フリー・ファイヤー
    僕とカミンスキーの旅
    スウィート17モンスター
    イップ・マン 継承
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • パーソナル・ショッパー
      ようやっと「トレジャーハンター・クミコ」(2014)を見たんだけど、菊地凛子が「パーソナル・ショッパー」のクリステンと同じことをする、、、同じものを捨てる場面があるのでびっくりした。映画においてそんなにあるわけじゃない場面。二人ともある意味「旅立つ」前にそれをする。
      いいね
    • 皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
      「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」ガブリエーレ・マイネッティ監督インタビュー(https://t.co/hmZoqEfJWi)に「エンツォが食べるのはヨーグルトでなくもっと甘いバニラ味のプリン」。プリンヨーグルト(https://t.co/ny1zyXmzZs)みたいのかと思ってた。
      いいね
    • 皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
      「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」っていうタイトル、私はもう馴染み切っちゃって、「人呼んで」とか全く思い浮かばなくなってしまった。
      いいね
    • 皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
      「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」の主役のクラウディオ・サンタマリアはエルマンノ・オルミの「緑はよみがえる」の主役。。。って去年劇場で見たけどあんな人出てたっけ?と思いきや、そうだ、目が一緒だ~ https://t.co/v4svrsd08t
      いいね
    • 皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
      犬が人殺しのために飼われる(でもってそのために殺される)映画、今年もう四本目じゃん、流行ってるなと思ったけど、エンドクレジットで気付いた、「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」は2015年の映画か。
      いいね
    • 皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
      イタリア映画祭で「来る日も来る日も」を見ておいてほんとによかった。「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」のルカ・マリネッリ、出ずっぱりっていうか、クリベーに対するヒース・レジャーみたいなほぼ主役ぶりだったじゃん。「来る日も(略)」の役との違いが楽しめた。
      いいね
    • 皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
      「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」見たんだけど、前半は部屋、汚すぎだろと気になってしまって(それだけ美術が見事なんだけどね)私は部屋が汚いのってがまんならない、もしかしたら作中のルカ・マリネッリに近いのかもしれない(彼が「きれい」に保ってるのは自分の手だけだけどね)
      いいね
    • オリーブの樹は呼んでいる
      あっそうだ「オリーブの樹は呼んでいる」で印象的だったのは、喋らなくなり徘徊もするようになったおじいちゃんについての、家族の「構ってほしいのさ、お前(主人公)の髪形と一緒だ」というセリフで、今、「髪形」がそういう意味合いを持つことってあまり無いじゃん?何だか新鮮だった(笑)
      いいね
    • オリーブの樹は呼んでいる
      あっそうだ「オリーブの樹は呼んでいる」で印象的だったのは、喋らなくなり徘徊もするようになったおじいちゃんについての、家族が「構ってほしいのさ、お前(主人公)の髪形と一緒だ」というセリフで、今、「髪形」がそういう意味合いを持つことってあまり無いじゃん?何だか新鮮だった(笑)
      いいね
    • オリーブの樹は呼んでいる
      「オリーブの樹は呼んでいる」の公式サイトを見てみたら、主人公アルマの祖父を演じた役者さんは実際に地元でオリーブ農園を経営しているんだそうで、そういうところはやはりケン・ローチ一派(という言い方はあまり好きじゃないけど)という感じ。このおじいちゃん、木みたいだった、ほんとにね。
      いいね
    • オリーブの樹は呼んでいる
      「オリーブの樹は呼んでいる」もう一つ面白いのはSNSが、少なくとも物語の終わりまでは何の「成果」も出さないこと。映画はそれを批判的に描いているわけでは全然ないけど、群衆の中で木に上る彼女と見上げる叔父とがただあるあのシーンには、核にあるのはただ、当人なのだということが表れている。
      いいね
    • オリーブの樹は呼んでいる
      「オリーブの樹は呼んでいる」で面白いのはスペイン人のドイツ観で、叔父は「ドイツと聞いただけで委縮する、奴らは背も高いし英語もうまい」(実際ドイツにて、彼らの顔は映っているがドイツ人は首から下しか映っていない場面有)同僚は「残ってもいい」、主人公はわあ来ちゃった、という仕草をする。
      いいね
    • パーソナル・ショッパー
      「パーソナル・ショッパー」それから、「はいなら一回、いいえなら二回」なんて一見デジタルなやりとりであっても、「一回」というのを嘘だと見抜いて聞き返す、非言語コミュニケーションが成立する場合もあるとかね(これはやりとりの相手と親しいことの表れと見てもいいかもしれない)
      いいね
    • パーソナル・ショッパー
      「パーソナル・ショッパー」の面白いところって、振り返ると実に色々ある。例えばテキストのやりとりにおける「・・・」のサスペンス(私はあれ、体験したことない)は、霊との交信に使われる「はいなら一回、いいえなら二回」の「二度目があるか否か」を待つのにも似ている。
      いいね
    • パーソナル・ショッパー
      はてなに「パーソナル・ショッパー」の感想あげた→https://t.co/Xb7eQqT8Za とても面白かった、今年のベストテンに入る。端的に言えば、クリステン演じる主人公が未来への一歩を踏み出す話。私にとっては明るい内容だった。
      いいね
    • 歓びのトスカーナ
      イタリア映画祭で見た「歓びのトスカーナ」の公開予告に初めて遭遇したんだけど、邦題やチラシからは素敵っぽい映画かな?と思われるかもしれないけど、予告はね、どう頑張ったって、二人とも全然ちゃんとしてもおしゃれでもないから、どんな映画だか伝わるよね、きっと(笑・そこがいい映画だからね)
      いいね
    • オリーブの樹は呼んでいる
      「オリーブの樹は呼んでいる」ケン・ローチと長年組んでいるポール・ラヴァーティが脚本を書き彼の妻が監督した作品。誰が撮るかで内容を変えるものなのか、何が違うのか分からないけど、ローチの映画より随分じめっとしていた。あるいは体調が悪い時のファティ・アキンが撮ったのかな?みたいな。。。
      いいね
    • オリーブの樹は呼んでいる
      今週末公開の映画で見たいのは「オリーブの樹は呼んでいる」と「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」。ジーグ混むかな、席は取ってないんだけど。あとは「ジェーン・ドゥの解剖」もちょこっとだけ見たい。エミール・ハーシュが出てる。
      いいね
    • パーソナル・ショッパー
      「パーソナル・ショッパー」の方が、私が「メッセージ」ってこういう内容かなと思っていた、そういう内容だったので、後から後者を見て拍子抜けしてしまった(笑)
      いいね
    • パーソナル・ショッパー
      「パーソナル・ショッパー」で私が一番重要だと思った、というか一番クリステンがかっこよかったのは、終盤ホテルに向かう前にあるものをぷっ!と吐き捨てる場面。メッセージを待っていたけれど、自分をネガティブにするものなら要らない、自分の意に沿うようにもっていってやる、という決意の表れ。
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      d_hinata
      1800movies / tweets
      advertisement

      follow us