TOP >yamicokeマイページ

yamicoke

さんのマイページ
yamicoke
つぶやいた映画
250 本
総ツイート
285 件
マイページ閲覧数
2,149 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
250 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • わたしは、幸福
    はじまりのボーイミーツガール
    8年越しの花嫁 奇跡の実話
    ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命
    スター・ウォーズ 最後のジェダイ
    光
    まともな男
  • 不都合な真実2 放置された地球
    GODZILLA 怪獣惑星
    BRAVE STORM ブレイブストーム
    ラストレシピ 麒麟の舌の記憶
    彼女がその名を知らない鳥たち
    ブレードランナー 2049
    セブン・シスターズ
  • 猿の惑星:聖戦記
    アウトレイジ 最終章
    パーフェクト・レボリューション
    ドリーム
    僕のワンダフル・ライフ
    ナミヤ雑貨店の奇蹟
    スイス・アーミー・マン
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ヒッチコックのゆすり
      『ヒッチコックのゆすり』デートもままならぬ刑事の彼氏に愛想が尽きた彼女は気まぐれに街のナンパに応じてしまい取り返しのつかない事になる。犯罪に関わる秘密を共有する事で絆が出来るカップルというヒッチコックが生涯繰り返したモチーフの第1作
      いいね

      良い
    • ロボコップ
      『ロボコップ』世界観を作りこんだら尺が足りなくなった印象。脳に「自由選択の幻覚」を与え実際はソフトウェアが行動を決めていたというのは良い改変だが大して活きていない。結局サミュエルがマザーF◯◯◯を最後まで言えるかが最大のサスペンスに
      いいね

      普通
    • 巌窟の野獣
      『巌窟の野獣』ヒッチコックのコスプレ時代劇。故意に船を難破させ積荷を奪う「ジャマイカ亭」という宿屋に巣食う悪漢達。彼らと対決する孤児を本作デビューのモーリン・オハラが演じる。彼女が演じる事によって生まれた〝タイプ〟が既に完成している
      いいね

      良い
    • 蠱毒 ミートボールマシン
      『蠱毒 ミートボールマシン』「まだ50歳。未来はこれから」と自分に言い聞かせていた孤独な男。彼を含む浅草、吉原の住人たちが宇宙から落ちてきた高さ一万メートルのガラス容器に閉じ込められ殺し合いを強制される。家畜として生きる現代人の戯画
      いいね

      良い
    • モンスター
      『モンスター』シャーリーズ・セロンが主演と共に制作を務め演じた元娼婦の連続殺人犯。彼女自身の子供時代のトラウマを投影し狂気すら感じさせる。以後、フュリオサを演じてもアトミックブロンドを演じてもその目に宿る狂気と怒りはアイリーンの物だ
      いいね

      良い
    • GODZILLA 怪獣惑星
      『GODZILLA 怪獣惑星』ミレニアムシリーズ最新作と言っていい。ゴジラに地球を追い出された人間が宇宙人に助けられ捲土重来を目指す。物語の前提「宇宙は人間に辛すぎる。とても生きていけない」に共感できるか呆れるかで評価は違うだろう。
      いいね

      良い
    • ゴースト・イン・ザ・シェル
      『ゴースト・イン・ザ・シェル』パンフにすら桃井かおりに関する記述が全くないのは何故?シチュエーションを解しているとは思えないたけしの棒読みより明らかに優れたパフォーマンスだったのだが、そこまで伏せておかねばならないサプライズなのか?
      いいね

      良い
    • バイオハザード ヴェンデッタ
      『バイオハザード ヴェンデッタ』ジョボビッチの引き立て役だったゲームのキャラが主役で活躍。涙ぐましい。加えて全員正直者。サプライズの為の嘘やごまかしが無く、気持ちいい。でも「同じ事の繰り返し」とかキャラに言わせんな作者が思っていても
      いいね

      良い
    • スター・ウォーズ 最後のジェダイ
      『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』この映画の内容を不快に感じ怒りすら感じるのは至極真っ当な感覚。「真実」を物分かりよく受け入れる人より拒絶する人の方がこの映画から多くを受け取る事が出来ると思う。だからこの映画を憎め!もっと憎むのだ
      いいね

      良い
    • スター・ウォーズ 最後のジェダイ
      おはようございます。今から最後のジェダイ見る!フンガー!! https://t.co/3q6L8mzfe1
      いいね
    • ブレードランナー 2049
      『ブレードランナー 2049』2017年にソニーの資本で作られた「ブレードランナー」の続編というだけで充分SF的。「ブレラン」フォロワーが発展させてきた主題の語り直しだが「ブレラン」の世界観でそれがなされた事は大きな意味を持つと思う
      いいね

      良い
    • ジェーン・ドウの解剖
      『ジェーン・ドウの解剖』一家惨殺の現場の地下から家族と繋がりの無い身元不明者の死体が発見される。外傷が一切無いのに手首足首が骨折している彼女は誰か?何が起きたのか?美しい死体の体中に秘められたおぞましい有りえない秘密が静かに脅かす。
      いいね

      良い
    • わたしは、幸福
      『わたしは、幸福』この一本の映画の中で流れる時間の速さが変わる。バイク事故で片足を失いかけた息子を救おうと母が文字通り血まみれの金策を続ける間、時間は苛責なく淀みなく流れる。それがある瞬間から時は歩みを止め無時間的なたゆといを見せる
      いいね

      良い
    • ディストピア パンドラの少女
      『ディストピア パンドラの少女』謎の地下空間で拘束を受けつつ無味乾燥な教育を受ける子供達。その中にあって日常の繰り返しを秒単位でカウントし拘束を逃れるチャンスを狙う少女メラニーがいた。観客の想像力を刺激しつつそれ以上の驚きを与える。
      いいね

      良い
    • ウィッチ
      『ウィッチ』1630年米ニューイングランド。教会批判の咎で村を放逐され森の近くに暮らす家族。森に潜む魔女の脅威に晒される。恐怖と共に信仰故の背徳感と罪悪感が募り自らの心に追い詰められる。タイトルはwitchではなくvvitchと出る
      いいね

      良い
    • はじまりのボーイミーツガール
      『はじまりのボーイミーツガール』「女は男を捨てる」12歳から醒めた口を利く少年。その子の熱視線を浴び自尊心を得ている女子。二人はそれぞれ家庭に事情を抱え、それぞれの欠けた心を埋める様に求め合う。そうして初めて両親と向き合う勇気を得る
      いいね

      良い
    • エイリアン コヴェナント
      『エイリアン コヴェナント』自らの似姿として人類を地球上に発生させたエンジニアの星へ旅立った者のその旅路の顛末が描かれる。決して“信仰”を持ち得ない存在が“神”と呼び得る存在と出会った時に何が起きてしまうのかを考察した思弁が語られる
      いいね

      普通
    • ニーチェの馬
      『ニーチェの馬』クサいタイトル。二時間半の尺。全編モノクロ。“これは国際映画祭の賞狙いで造られた良く出来たエセ芸術映画に違いない”そんな予断から6年間、この映画を敬遠していた。いざ見てみるとこれは“本物”の映画だった。ビックリである
      いいね

      良い
    • 猿の惑星:聖戦記
      『猿の惑星:聖戦記』妻子を殺されたシーザーが復讐に燃え群れを出る。直面する倫理的ジレンマのドラマはかなりな迫力。ただ作品世界の成り行きを決める猿○○○○の変質はシーザーの選択とは無関係に発生するために結末に取って付けた感じが否めない
      いいね

      普通
    • ウルヴァリン:SAMURAI
      『ウルヴァリン:SAMURAI』ヤクザと忍者に支配された日本。そのルーツは共に侍にある。いいなあそんな国に生まれたかったよ。
      いいね

      普通
      もっと見る Loading...
      Loading.....