TOP >yoasis_katokitiマイページ

yoasis_katokiti

さんのマイページ
yoasis_katokiti
つぶやいた映画
123 本
総ツイート
150 件
マイページ閲覧数
1,901 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

yoasis_katokitiさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
123 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • メッセージ
    ノー・エスケープ 自由への国境
    スウィート17モンスター
    SING シング
    アシュラ
    雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
    たかが世界の終わり
  • 幸せなひとりぼっち
    アズミ・ハルコは行方不明
    湯を沸かすほどの熱い愛
    手紙は憶えている
    ザ・ギフト
    われらが背きし者
    トレジャー オトナタチの贈り物。
  • グッバイ、サマー
    ハートビート
    シン・ゴジラ
    疑惑のチャンピオン
    10 クローバーフィールド・レーン
    エクス・マキナ
    裸足の季節
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • メッセージ
      『メッセージ』自分の好みのSFは、人類の存亡だとか宇宙戦争だとか大風呂敷を広げるやつよりも、技術や概念、人間の可能性が拡げられた未来の世界で個人がどう生きるのか、に焦点をあてた物で、この映画にはそれがあり、だから傑作と言う他なしです
      いいね

      良い
    • メッセージ
      『メッセージ』この映画には仕掛けがあり、映画を見慣れているほど騙されてしまう演出があって、それがわかる終盤は怒濤の展開とあいまってもう涙が止まらなくなった。
      いいね

      良い
    • メッセージ
      『メッセージ』宇宙人とのファーストコンタクトの映画で、序盤の展開は昔読んだ『幼年期の終わり』を思い起こした。殻に乗り込む所や宇宙人と初めて対面する場面はヴィルヌーブ監督らしいじっくりねっとりとした描き方でよかった
      いいね

      良い
    • スウィート17モンスター
      『スウィート17モンスター』いつも不機嫌でしゃべりすぎで周りに迷惑をかけまくるまさに"モンスター"な主人公の女の子が、将来大人になって枕に顔をうずめながら足をバタバタさせる様が見えるような十代の痛さ、青さ満載の映画でした
      いいね

      良い
    • ノー・エスケープ 自由への国境
      『ノー・エスケープ 自由への国境』88分間気が抜けない緊迫感。銃をもった殺人者が追いかけてくるシチュエーションはやっぱり怖い。そして犬!犬怖すぎ!メキシコ-アメリカ間の国境・不法移民問題にも思いを馳せれる味わい深い映画。
      いいね

      良い
    • SING シング
      『SING シング』吹き替え版は、音楽プロデューサーを蔦谷好位置、訳詞をいしわたり淳治が担当してて、音楽が大事な映画、それを元の雰囲気を壊さずなおかつより良いものにローカライズしようっていう意気込みを感じましたわ
      いいね

      良い
    • SING シング
      『SING シング』普段洋画は字幕派だったけど、これはたまたま吹き替えで。でも吹き替え版で正解だった!キャストみんな上手な人ばかりで、歌のシーンはMISA、大橋卓也、山寺宏一、坂本真綾というメンツを見ればわかる通り素晴らしかった
      いいね

      良い
    • たかが世界の終わり
      『たかが世界の終わり』12年ぶりにある告白をするために実家に帰った男が半端なく気まずい思いをする映画。過去に何があったからこうなったのかクドクド説明しないのがよかったなー。まあこんな家庭なら出て行きたくもなるわなと思うけど
      いいね

      良い
    • アシュラ
      『アシュラ』試写にて。韓国ノワールの決定版でした。やはり韓国映画は暴力シーンがエグく且つ物凄く痛そうなのが良い。中盤のカーチェイスのシーンは監督が語っていた通りカメラがぶっ飛んだ動きをしている必見の出来です。
      いいね

      良い
    • 雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
      『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』妻を亡くしても悲しくなれなかった男をジェイク・ギレンホールが熱演してます。ジャン監督はダラス・バイヤーズクラブといい、人間ドラマの撮り方がうまいです。
      いいね

      良い
    • アズミ・ハルコは行方不明
      『アズミ・ハルコは行方不明』在宅介護、男尊女卑な職場、どのコンビニ、量販店に行っても同級生にあってしまう…という地方都市の閉塞感にうへーっ。女性は結婚しなければまともな人扱いされない世界で、男に捨てられた彼女たちはどうするのか…
      いいね

      良い
    • 幸せなひとりぼっち
      『幸せなひとりぼっち』試写会で初めて泣いたかもしれない…。おじいちゃん映画にはほんと弱いです。時に美しく、時に過酷な回想シーン中にはボロッボロ泣いてた。おじいちゃん映画には人生の重みを感じさせるシーンが必ずあって、そこが好きですね。
      いいね

      良い
    • ザ・ギフト
      『ザ・ギフト』試写会。こういう距離感の取り方おかしい変な人いるよねーからサイコスリラーにはなしが転がっていき被虐が入れ替わっていく様は見事。演出が少しくどかったけど、トークショーではなしてたような80's的ケレン味だしたかったのかな
      いいね

      良い
    • 手紙は憶えている
      『手紙は憶えている』試写会にて。素晴らしいおじいちゃん映画。ホロコーストを題材にしながら、当時の映像は出てこないので、生き残った人々のあの出来事への向き合い方に戦争の残した癒えない傷を見た。練られたプロットからのラストも必見。
      いいね

      良い
    • グッバイ、サマー
      『グッバイ、サマー』少年二人が自作の車で旅に出るロードムービー。ちりばめられたユーモアにほっこりさせられ、唐突な旅の終わりには思春期の冒険なんてこんなもんだよなというほろ苦さがあった。大人びたテオが展覧会で見せた粋な演出がほんと好き
      いいね

      良い
    • われらが背きし者
      『われらが背きし者』試写会にて。ひょんなことからロシアンマフィアと関わり合いになってしまう巻き込まれ主人公なユアン・マクレガーでした。彼が亡命を助けることになったマフィアの奥さん、ほとんど台詞がないけどやたら印象に残る演技だったな
      いいね

      良い
    • トレジャー オトナタチの贈り物。
      『トレジャー オトナタチの贈り物。』ヨーロッパ映画らしく淡々とした内容。なんだか冴えない主人公が宝探しなんて博打に乗り出したのは息子の前でロビン・フッドになりたかったからでしょうか。エンドロールの曲は本編とのテンションの差に笑った。
      いいね

      普通
    • 湯を沸かすほどの熱い愛
      『湯を沸かすほどの熱い愛』試写会ではオダギリジョーが出る度にしゃべる度に笑いが巻き起こってて楽しかったです。難病ものなのに湿っぽさがなく、ラストのアレも予想ついてもいや…まさかねっていうのをぶちかましててすごかった
      いいね

      良い
    • ハートビート
      『ハートビート』試写会にて。テンポよく迫力あるダンスシーンの連続。ヨォヨォお前オモテ出ろよな一色即発の雰囲気でも、喧嘩じゃなくてダンスや演奏でバトルするNYは素敵な街ですね。
      いいね

      良い
    • シン・ゴジラ
      『シン・ゴジラ』政治のはなしが主になるドラマパートは丁寧にやりすぎてて少し退屈だったけど、東京を火の海にするゴジラ、かっちょいい自衛隊の兵器、無人在来線爆弾観られたんで満足ッス
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      croaton0
      4181movies / tweets
      advertisement

      follow us