TOP >coco映画レビュアー

coco映画レビュアー

マイページに鑑賞ログを記録している
映画レビュアーの皆さん
※データは、毎朝6時頃に更新されます。
  • ruriruriya
    Kiyo@ruriruriya
    1201movies
    『聖杯たちの騎士』監督の芸術病は治らず。もうテレンス・マリックはコーヒーのCMを作りなさい。おそらく?マークの人が続出だったはず。雰囲気は凄く良いよ。
  • usako_usagiclub
    『本能寺ホテル』とにかく脚本が残念。京都にもホテルにも行ったことがない人が書いたのかと思った。それ以外もツッコミどころ多すぎ。戦国時代の設定なんだから、役者のピアス跡もケアしようよ、メイクさん。堤真一さんと近藤正臣さんは良かったけど
  • noraneko285
    そう言えば「ゾウを撫でる」の記事書いてて気づいたけど、登場人物が全員植物に関係ある名前になってた。細かい拘りだな。
  • Yu_Luck
    Yu_Luck@Yu_Luck
    1113movies
    【無料】高橋ヨシキ×高野政所×モーリー「ローグ・ワン/モーリーch2017」 1/2 (74:00) https://t.co/LHEARyIzvx #so30428889 #nicoch
  • mim_3_
    『MILES AHEAD マイルス・デイヴィス 空白の5年間』ドン・チードル初監督、主演、共同脚本、製作を務めてるそうな。マイルスの活動休止期間にはこんなことがあったのね。取材に訪れた記者は巻き込まれて大変だっただろうよ。音楽推しじゃなくてちゃんとドラマしてたのは良かった。
  • eri1_10bit
    『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ外伝/アイアンモンキー』めっちゃ宙空を舞うし、壁は突き破るし、飛び道具もいっぱい!楽しい!ドニーさんの百烈脚もすごいし、ブロマンス要素もあった。もう一人の主演の人は京劇出身なんですね。
  • gk21nika
    17025『第三の男』テーマソングは某ビールのCMで有名。それにしても上手い撮り方。作品自体レベル高いと思うが、見せ方がむっちゃ上手いと思う。月並みやけど、ラストのシーンは確かに秀逸で、今時こんなクオリティの作品はないな(^_^;)
  • koba84Q
    koba84Q@koba84Q
    1012movies
    『アブノーマル・ウォッチャー』 abノーマルには違いないがどっちもどっちというか、やっぱ仕事人なとこは怖い。ラストへつながる展開が甘いし、やっつけ・あっさりな結末。一抹の期待はつないだ気もするが、ネオン・デーモンと同様、王道外し
  • fleur_eau
    『エリザのために』正義の通用しない国で正義を実践する価値はあるのか? 小さな出来事から背景にある国家の歪みをあぶりだす。ハンディ長回しのバストアップが対象の内面を抉り出す。救いを見出そうとしているラストショットは印象的。
  • HIP_K
    『静かなる叫び』色がついて無いからこそ心まで浸透してくる事件の日の寒さ。横転させるカメラ、逆さになる世界…眩暈と息苦しさを感じつつも瞬きする事すら許されない映像。D・ヴィルヌーヴ監督の捧げる祈りの様な…物語を閉じる台詞が素晴らしい。
  • TaulNcCar
    Taul@TaulNcCar
    978movies
    『ネオン・デーモン』鑑賞。レフンは2作目。古臭いモデル出世話で途中退屈も終盤に向け変化(へんげ)。美しさよりグロテスクさが、物語より変態性が、主人公を脇役が呑み込んでいく。久々の嘔吐感。頑張ると画が止まるのがしつこい。キャスティング、映像美、ホラー、メタ喜劇、どれも惜しく感じた。
  • mau_5628
    mau@mau_5628
    970movies
    『おとなの事情』 ペッペ役のジュゼッペ・バティストン氏は「ある海辺の詩人」出てたのか!予告見直したらいた! マスタンドレア氏は10月お会いした時よりゲッソリだったw アルバ嬢はどの作品観ても毎回ドキドキさせられる。豪華だね楽しいね
  • dontentourist
    『変態だ』天才にとってSMと夫婦生活は同じままごとの表裏でしかないってことが、とてもよく分かった。女性蔑視や女性不振を嗅ぎ取りたくもなるが、天才は元々何も見ていないってことがわかった。自分は天才にも変態にもなれないことを再確認した。
  • pipox2
    さくRA@pipox2
    909movies
    『海賊とよばれた男』凄いね、重いね、岡田准一頑張ったね♪山崎監督のワクワクを期待したのでちょっと違ったけど、こうして日本は復興したんだね!多謝☆
  • movielong
    『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』 を観てきました。ネタバレ少なめ。 http://ameblo.jp/movielong/entry-12239699503.html
  • tatshead7
    『ネオン・デーモン』でレフンはエル・ファニングに『哀愁の花びら』を観せたのか。観てない!
  • ariy_opp1955
    『百円の恋』自宅でどん底の生活を送る32歳の女性。ボクシング選手と恋に落ち、失恋するも次第にボクシングに惹かれていく。前半のどん底生活と後半、火がついてからの高揚感が見事。よく考えると、この映画はロッキーと同じカテゴリーだ。
  • nagasumi_hasi20
    『マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ』どんな役でもこなすジュリアン・ムーアですが、この格好のこの姿が一番ぴったりです。
  • h_itaba
    『人魚姫』タコ兄ちゃんのキャラクターは面白いが、「あり得ない」大爆笑を期待していた割に、チャウ・シンチーにしてはあまり笑えず、寧ろ切なくなってくる。一番笑えたのが、何の派手な仕掛けもない警察署の場面というのはどうなのだろう。
  • Mochina1984
    2016年に観た映画を振り返って思うことは、若尾文子映画祭に始まり、アニエスベーに驚かされ、春先のハリウッド大作モノ全ての失望し、春以降の日本映画が豊作すぎて言葉を失い、80年代の台湾映画に衝撃をうけ、この世界の片隅にとどめを刺された感じだったなあ。日本映画がこの流れでいければ。
    もっと見る Loading...
    advertisement

    follow us