TOP >作品データベース >牯嶺街少年殺人事件

牯嶺街少年殺人事件

みんなの感想/評価
「牯嶺街少年殺人事件」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
83%
  • 良い
    38
  • 普通
    4
  • 残念
    3
総ツイート数
57
ポジティブ指数93
公開日
1992/4/25
原題
[牛古]嶺街少年殺人事件
配給
シネカノン
上映時間
188分
解説/あらすじ
1961年夏。14歳の少年が同い年のガールフレンドを殺害するという悲劇が起こった。この台湾初の未成年殺人事件はなぜ起きたのか。不良少年同士の抗争、プレスリーに憧れる少年の夢、大陸に帰りたいと願う...
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • SARUCO1013
    『牯嶺街少年殺人事件』台湾の、現在過去未来が見えるよう。激動だったのだ。でも、美しい。構図も光の差し方も。小明は、『世界』。憧れて焦がれて、手に入れれば何かが変わると思ったのに、その存在は大きく、破壊しなければならないほどだなんて。
    いいね

    良い
  • shi_i18
    『牯嶺街少年殺人事件』@uplink。序盤、名前についていくのに苦労した。小四。小明。ハニー。淡々とした描写なのに、長尺を感じない。 大きな懐中電灯がとても印象的。 ずっと迷ってたけれど、観に行けてよかった。
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『牯嶺街少年殺人事件』強がって、大人ぶっていても子供の世界は狭い。張震が素人ながら役に引きずられたと言っていたけど、あの若さであれだけの体験はさぞ辛かっただろうと思う。あとこれは全く個人的な問題ですが小明のことをかわいいと思えず……
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『牯嶺街少年殺人事件』世間の評判は凄いけれど、どっちかと言うと苦手なジャンルだったので、4時間結構辛かった。多分10代の頃に観たら随分印象が違ったと思う。観た後の達成感だけ凄かった(^_^;)
    いいね

    残念
  • araoji
    『牯嶺街少年殺人事件』リマスター版を観る。 台湾建国時にの殺人事件も元にした物語。 閉鎖的なコミュニティ?で次第に歪んでいく少年とその周囲の姿を、じっくり写し出す作品。 長尺ですが、画面への集中力を切らさない作品でした。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <牯嶺街少年殺人事件>移動公開スケジュールをチェックして、最大スクリーンの東劇にて鑑賞v 236分?、長かった! フランキー・ヴァリ並の高音域美声を披露する少年がエルビスに憧れるエピソードも時代を反映してるのかな。何気に音楽映画♪
    いいね

    良い
  • 96mazyo3
    『牯嶺街少年殺人事件』派手なシーンも皆無な中を突き進む236分の群像劇。観客の登場人物への感情移入を徹底的に排除し、不安と混沌が入り混じった世界自体を切り取って見せる事に成功したエドワード・ヤンの才能が光った大傑作。
    いいね

    良い
  • spau_39
    『牯嶺街少年殺人事件』0503@シネマート新宿
    いいね

    良い
  • brindledcat
    『牯嶺街少年殺人事件』序盤、人物を見分けるのに苦戦。少四やら男なのにハニーって、名前が頭に入ってこない。それさえクリアすれば、いいのだろう。2回目観たら味わえると思うのだけれど、4時間弱を再トライするには時間が必要だわ。
    いいね

    普通
  • sa9237a
    『牯嶺街少年殺人事件』タイトルの殺人事件はいつ起こるのかと長々と続く前置きというか、そもそも殺人事件というのは、どうでもよくそこに至るまでの不良に見えないが不良少年たちの生き様というか、心の葛藤に焦点があるのか。でも長い
    いいね

    残念
  • Pooh_kuru_san
    『牯嶺街少年殺人事件』長尺なのに無駄なシーンは無く、ラストに至る全てが流れるように展開される。暗闇に灯る光が朧気で不安定な時代、精神を象徴する。小四の懐中電灯は真っ直ぐで力強い故に、闇もまた強くなる。構図も良い。劇場で観れて感謝。
    いいね

    良い
  • pachupa410
    『牯嶺街少年殺人事件』1シーンも無駄がない見事な作品。カメラワークに合わせてしっかりと人の動きが演出されていて、それを見逃すことなく見易い作りになっている。人間関係の描き方が凄く、物語は派手なものでないのに決して少なくない登場人物が細かく繋がって物語が広がって4時間退屈がない。
    いいね

    良い
  • arima_y
    『牯嶺街少年殺人事件』特別ストーリーに牽引力があるわけでもないのに、しかも4時間近い長さなのに、まったく目が離せない素晴しいカメラワーク。緑豊かな瑞々しい風景は光に満ちながら闇は深い。いい映画だった。
    いいね

    良い
  • milyfuji
    『牯嶺街少年殺人事件』長いことしか前知識なし。名前と愛称で混乱もしばしば。台湾の歴史や時代についてもう少し知ってればと思うが懐中電灯の明滅や襲撃の際の闇の使い方は秀逸。凡庸な雰囲気の小明の魔性はわかりづらくそれ故ずっと気になった。
    いいね

    良い
  • kyoku_shin
    『牯嶺街少年殺人事件』★★★★★★★★★☆・・・神作 「光と闇」を実に上手く、そして生々しく表現した名作。
    いいね

    良い
  • tomozo0831
    『牯嶺街少年殺人事件』少年と少女に関わる小さな事を、一つ一つ説明的なセリフなしで描く。その積み重ねが最後に向かうのかと思いきや、実はクライマックスはほんの一瞬の出来事だったりする。白い扉に映る2人のおぼろげな影が印象的だった。
    いいね

    良い
  • tomozo0831
    『牯嶺街少年殺人事件』エドワード・ヤンを知って10年、念願叶ってみれて嬉しい。それも3時間56分版。長いけれど、名前や人物相関に混乱したけど、さらにこの感動(という言葉でもない気がする)をどう伝えればいいのかわかんないけど良かった〜
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『牯嶺街少年殺人事件』学校の隣に撮影所あるという雰囲気もいい感じ。撮影所に潜り込んでしまうとか、ヒロインの少女がスカウトされるとか。アメリカへのあこがれは、村上春樹の小説のような感じで滑稽さと刹那感とよくマッチしていた。カットも素晴らしい。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『牯嶺街少年殺人事件』旧日本人の家には刀とかピストルとか武器が隠されて、それを持ち出して(さすがにピストルは持ち出さないが少女が暴発させてしまう。トリュフォーのバーンポーズでという感じ)。学校の建物も日本軍のものだったのかそんなような建築で、戦車が行き交うような緊迫した社会。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『牯嶺街少年殺人事件』少年の家は裕福で友達もそういう家庭なのだが、少女が住む地域は貧しい格差社会があり、裕福な家庭は敗戦時に日本人から取り上げた家にそのまま住んでいるエリート層だった。中国から逃げてきた裕福な階級がやがて政治状況が変わっていくなかで青年の心も揺れ動く。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    WaseiG
    3398movies / tweets
    advertisement

    follow us