TOP >作品データベース >虚栄のかがり火

虚栄のかがり火

みんなの感想/評価
「虚栄のかがり火」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
40%
  • 良い
    2
  • 普通
    1
  • 残念
    2
総ツイート数
5
ポジティブ指数50
公開日
1991/6/28
原題
The Bonfire of the Vanities
上映時間
125分
解説/あらすじ
ウォール街で成功を収め、リッチな生活を満喫していたマッコイは妻ジュディの目を盗み、愛人マリアと浮気を楽しんでいた。そんなふたりを乗せた車がブロンクスで黒人をはねてしまう。新聞記者ファローはこのネ...
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • Hawkwindhawks
    『虚栄のかがり火』ブライアン・デ・パルマ監督の珍しい凡作。映画監督だから一本位はアメリカ人の好きな法廷ものでも、のノリで作ったのか。痩せているトム・ハンクスや毛のあるブルース・ウィリスを見ると随分昔の映画という印象。
    いいね

    残念
  • paranoiafreaks
    『虚栄のかがり火』キャストはコメディっぽいけど、監督はデ・パルマ。出来た本編はインテリだかバカだか分からない男が右往左往する妙な映画だ。
    いいね

    残念
  • rumia1126
    『虚栄のかがり火』メラニーのキンキン声がぴったりの悪役。
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『虚栄のかがり火』トムハンクス・・・まだ太ってないし、のせてな~~い。メラニーグリフィス・・・まだ顔引っ張ってな~い。ブルースウィリス・・・まだはげてな~い。
    いいね

    良い
  • croaton0
    当時のアメリカ社会を思いっきり皮肉ったB・デ・パルマのシニカルドラマ T・ハンクスやB・ウィリスといった豪華出演人の好演が光るなか、M・グリフィス演じる頭スッカラカン富豪夫人マリアの存在感(と頭の悪さ)は群を抜いて素晴らしい。
    いいね

    普通