TOP >作品データベース >推定無罪

推定無罪

みんなの感想/評価
「推定無罪」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
50%
  • 良い
    3
  • 普通
    2
  • 残念
    1
総ツイート数
10
ポジティブ指数75
公開日
1991/6/7
原題
Presumed Innocent
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
127分
解説/あらすじ
首席検事補ラスティが、同僚の検事補キャロライン殺害事件を担当することになる。実はキャロラインはラスティの不倫相手だった。捜査を進めていくうちに、浮かび上がる犯人像はラスティを指し……。スコット・...
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • bintang1999
    『推定無罪』タイトルがいいね、面白そうな題名に期待高まったよ。アダムス・ファミリーのパパが出てて感慨深かった。
    いいね

    普通
  • kuroneko3993
    『推定無罪』 誰が犯人なのか、どうして彼女は殺されてしまったのか…。登場人物 全てを疑ってしまいたくなる法廷サスペンス。実は再見だったのにすっかり忘れ、ラストに衝撃。いやーまた騙された!最後の最後まで、引き込まれます。
    いいね

    良い
  • croaton0
    本編開始から裁判終了までの流れは淡々としていて退屈だが、事件の真相と女の見えざる恐ろしい一面を垣間見る事になるラストは観ていて侘しい気持ちにさせるのと同時にゾッとさせる。
    いいね

    普通
  • mu_4o
    『推定無罪』むずかしい
    いいね

    良い
  • ruriruriya
    『推定無罪』確実に心理的な部分が見どころ。ハリソン・フォードの苦悩する演技には目を見張るものがある。
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『推定無罪』観ている時にはほ~~って頷きながら観ていたのに。鑑賞後ちょっと時間がたつと「あーえーっと」って印象が薄くなってしまっている映画の典型例のような気がする。う~~~む。
    いいね

    残念
  • aokixxxao
    『推定無罪』よくある話。彼女を殺したのは誰なのか、殺させたのはなんなのか、最後までみないといけないやつ
    いいね
  • sioniku2427
    『推定無罪』観た。推定無罪という邦題をつけた人に乾杯♪ 魅惑。欲望。欺き。殺人。ー完全に無罪の人は誰もいない。
    いいね
  • e_style8
    『推定無罪』この作品で推定無罪と言う言葉の意味が広く知られるようになったことが思い出されます。裁判は正義の証だけではなくて、駆け引きの場でもあり、人が人を裁く限界ありって感じですかネ
    いいね
  • pervert_phantom
    『推定無罪』ハリソン・フォードが省エネ演技を始めたのは、この映画からではないだろうか?とにかく苦悶の表情しかしなくなったんだよね。映画もイマイチだったけど、サントラは傑作。
    いいね