TOP >作品データベース >ぐるりのこと。

ぐるりのこと。

みんなの感想/評価
「ぐるりのこと。」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
88%
  • 良い
    23
  • 普通
    3
  • 残念
    0
総ツイート数
34
ポジティブ指数100
公開日
2008/6/7
配給
ビターズ・エンド
上映時間
140分
解説/あらすじ
「二十才の微熱」「渚のシンドバット」の橋口亮輔監督が「ハッシュ!」以来6年ぶりにメガホンを取った人間ドラマ。バブル崩壊から21世紀にかけて社会が激変した時代を背景に、実際に起こった犯罪・事件を織...
(C)2008「ぐるりのこと。」プロデューサーズ
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • MiuraYoh
    『ぐるりのこと。』木村多江&リリーフランキーの演技と脚本・演出による実在感と、あたたかさを感じる語り口を堪能。自分たちにも、その周りにも、日本にも非情で不条理な出来事は起きるけど、この夫婦のようになんとか生きていける気がしてくる。
    いいね

    良い
  • tweet_eiga
    『ぐるりのこと。』法廷画家という職業が興味深かった。この題材だけで1本の映画が撮れそう。
    いいね

    普通
  • Hewmoon
    『ぐるりのこと。』 ユルイ法廷画家のリリー・フランキー、編集者の木村多江。いろいろあって、それでも人生は続いていく…。動植綵絵によって、生命力を取り戻していく後半が心地よい…。
    いいね

    普通
  • intheair2
    『ぐるりのこと。』#movie 本作を生涯ベストに挙げる人がいたので見直してみました。
    いいね

    良い
  • maispacemailife
    『ぐるりのこと。』を観た。男は逃げる生き物なのだ。後に残されたひとたちの苦しみを他所に。「泣いたらええひとなんかな?そんなんあてにならんやろ?」本当にキツイと人って泣けない時がある。そんな辛い思いをしたことがあるから。きっと彼は彼女にそっと寄り添うことが出来たのかもしれない。
    いいね

    良い
  • johnny_pay_pay
    『ぐるりのこと。』92点。 映画には本来適してないはずの「ちゃんと言葉にする。」を、ちゃんと嘘臭くならずに映画にしている。それだけで涙腺に来ちゃう。 人の関わりの中に大いにある絶望とかすかな希望。感動しました。
    いいね

    良い
  • sundance0725
    『ぐるりのこと。』これは期待通り木村多江は素晴らしかったし、リリーフランキーも絶品。ファンになりそう。参りました。
    いいね

    良い
  • sundance0725
    『ぐるりのこと。』悪い予感通りなにやら広告代理店臭立ち込める前半を過ぎると、家が売れますようにの長廻しあたりからぐっと渋みを増してきて、手は小さい方がいいあたりでやられたなこりゃと思ってたら、壺の長廻しが留めの一発。
    いいね

    良い
  • misumy3
    『ぐるりのこと。』★★☆☆☆
    いいね

    普通
  • pachupa410
    『ぐるりのこと。』90年代から始まる不気味な空気。この映画で描かれる夫婦は緩やかに下っている世間と並行するように沈んでいく。そんな中で唯一の光である夫の優しさが、小さい光だけれども段々と家庭に温もりを与えていく。この役がリリーフランキーという点がまた良い。
    いいね

    良い
  • mnaoshi
    『ぐるりのこと。』主役二人の演技がリアルだったな、という感想を持っていたが久々に見返してみるとドラマを盛り上げるための演出もふんだんに盛り込まれていて、画面に釘付け状態。橋口監督の視線はいつも厳しくあたたかい。傑作。
    いいね

    良い
  • jude_bl
    『ぐるりのこと。』全然知らなくてたまたま無料配信で観賞.ストーリーは単純王道だが,リリー・フランキー演じる夫のセリフがとにかく突きささる.夫婦の変化も素敵.演技も引き込まれっぱなしだし,とにかく全部すごくいい.
    いいね

    良い
  • Eureka751
    『ぐるりのこと。』世代とか経験にもよるのだろうけど..昨今一番身につまされ、涙した作品かなぁ。思い浮かんだのは伊丹十三、西村美和、アスガー・ファルディ、ブルー・バレンタインあたりだけど、それともチョット違うかなぁ。刺さった。
    いいね

    良い
  • sitaoka
    『ぐるりのこと。』リリー・フランキーと木村多江がいい。後半救いのある展開で良かった
    いいね

    良い
  • movikan
    『ぐるりのこと。』日常の範囲で起こるディスコミニケーションを巧く描写したいっていう拘りがすごいなあと思った リリーフランキーがやたらいい男に見えるけど普段からいい男なんだろうな
    いいね

    良い
  • tanabekkii
    『ぐるりのこと。』人とは何か、答えは出ない。だから答えの無いまま、「無色」な人間描写を重ねて行く。法廷画家という設定のチョイスが、映画の文学的、娯楽的、両方の側面にダイナミックに働いて面白くしてる。動植綵絵にも意味がある。配役すごい。
    いいね

    良い
  • yufukofuko
    『ぐるりのこと。』泣ける。良い。しかし暗くてずっしりきますので、見る際は心の健康状態に注意。
    いいね

    良い
  • GOOCCCI
    映画『ぐるりのこと。』90点
    いいね

    良い
  • minmin_shelter
    『ぐるりのこと。』夫婦にしか解らないことって沢山あるなぁ。2人が良ければそれでよいのだ。木村多江さんはこういう役柄ピッタリで、リリーさんに至っては『素なのでは?』ってくらい自然でした。何回も見ています。
    いいね

    良い
  • vi_tan
    『ぐるりのこと。』を観た。色んな事が自分と重なって泣けた。私もいつかあんな夫婦になりたい。引きずりたくなくても引きずってしまう。吐き出す場所が欲しいんだ。「好きだから側にいる」って当たり前の言葉が胸に突き刺さった。 #eiga
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...