TOP >作品データベース >地獄の黙示録

地獄の黙示録

みんなの感想/評価
「地獄の黙示録」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
90%
  • 良い
    43
  • 普通
    2
  • 残念
    2
総ツイート数
54
ポジティブ指数93
公開日
1980/2/16
原題
Apocalypse Now
配給
boid
上映時間
147分
解説/あらすじ
「ゴッドファーザー」シリーズで世界的成功を収めたフランシス・フォード・コッポラ監督が、1979年に発表した傑作戦争映画。ジョゼフ・コンラッドの小説「闇の奥」を原作に、舞台をベトナム戦争下のジャン...
(C)1979 Omni Zoetrope. All Rights Reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • gk21nika
    16103『地獄の黙示録』こ、これは・・。いや、もう、この世界観にはとてもついて行けない。フランシス・フォード・コッポラという人、よくこんなイメージができるもんや。そうやで、俺なんか到底無理やし、そやからこーやってDVD見てんねん。
    いいね

    良い
  • onigawara_shoto
    『地獄の黙示録』「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のドーフ・ワゴンは「地獄の黙示録」 へのリスペクトだそう。
    いいね

    良い
  • onigawara_shoto
    『地獄の黙示録』「みんな大好きキルゴア中佐」私も大好き💖💖💖💖\(≧∇≦)/
    いいね

    良い
  • onigawara_shoto
    『地獄の黙示録』キルゴア中佐は部下のために演じてるのか素なのか。いずれにせよ、彼の部隊は士気が下がりにくく任務成功率も生存率も高い。狂人に見えても、敵に敬意を払い「いつかこの戦争も終わる」と部下を励ました彼はすごい軍人だと思った。
    いいね

    良い
  • onigawara_shoto
    『地獄の黙示録』地獄から哲学・文学へのジャングルクルーズ。 戦争という混沌の中で、普段見えない人間の側面が見えてくる。そして人間とは何かとの答えに辿り着く。
    いいね

    良い
  • redsoil3
    『地獄の黙示録』 95点 「朝のナパーム弾の臭いは格別だ…」 キルゴアが強烈すぎる。 狂気を具現化したような映画。
    いいね

    良い
  • sundance0725
    『地獄の黙示録』あの頃の俺らはこんな豪勢な狂気と色彩を見てたのかと。なにせこっちはワルキューレ&ヘリとプレイメイトオブザイヤー見ることで頭ん中一杯のハナ垂れ高校生。まさに豚に真珠。今や普通に親父の悲哀ものとしても大好きだし。大満足。
    いいね

    良い
  • sundance0725
    『地獄の黙示録』コッポラがBDの画質褒めてるの見たんで久々。でも色が浅く思えたんでTV側で色調整。邪道ですが。まうちの再生機器などそもそも当てにならんし。したらもうびっくりするくらい頭おかしくてびっくりするくらい美しい映像の連続で。
    いいね

    良い
  • polo1026
    『地獄の黙示録』監督自身迷いながら撮ったという背景が物語でのウィラード大尉のカーツ大佐に対する感情の揺れとシンクロしていて良かった。ドアーズの退廃的な音楽もぴったり。あと、キルゴア中佐のぶっ飛び具合はすごい。戦場でサーフィン…
    いいね

    良い
  • maki_rom
    『地獄の黙示録』戦争狂気を多面的に捉えた意欲作。前半のヘリ爆撃シーンは音楽も相まってインパクトありすぎ!後半、戦争の延長戦上に出来上がった狂気と恐怖のカーツ帝国は、統治に謎が多いが不気味さ満天。抑えた演技のマーティン・シーンも印象的。
    いいね

    普通
  • wakaw
    『地獄の黙示録』夏になると観たくなる
    いいね

    良い
  • BATI_NIGHTCAP
    撮影現場の混沌と狂気が得体のしれないエネルギーを産んだ奇跡のような作品。ややとっ散らかった部分はあるがそこはコッポラの愛敬というもの。ドキュメントの「ハート・オブ・ダークネス」は本編と同じくらい面白い作品なので必見。
    いいね

    良い
  • Hawkwindhawks
    『地獄の黙示録』感情を表に出さない殺人マシーンに成り切ろうとするマーティン・シーンの芝居は、もっと評価されていい。海岸、川、カーツの帝国と三部構成だが、第一部の空爆シーンと第三部のカルトな雰囲気は何度観ても圧倒される。
    いいね

    良い
  • shidashin
    『地獄の黙示録』。どうやって撮影したか分からないほどの爆撃シーンには圧巻されます。また、ドアーズやストーンズの使われ方もバッチリで、何度観ても“気味が悪い”戦争映画です。
    いいね

    良い
  • moruku36
    『地獄の黙示録』ベト戦映画の中で最も気味悪く吐き気を催す映画だった。単純な戦争映画ではなく作品の中に神話性を含んでいることが一層奇怪さを際立たせている。これも購入してじっくり見たい作品だなぁ
    いいね

    残念
  • ryuukyuufox
    『地獄の黙示録』ワルキューレを奏でながらヘリコプターで、ゲリラ側?の村を襲撃及び虐殺の限りを尽くすシーンが嫌悪感どころこ高揚感を感じさせる。人間の業の深さを感じさせる映画
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『地獄の黙示録』お盆の間に見たのに感想をあげ忘れてました。まずは劇場公開版を。「朝のナパームの匂いは格別だ!」なんとも言い表せられないけど、ものすごくひきつけられたのは確かです。今度は特別版見てからちゃんと感想をまとめたいです・・・
    いいね

    良い
  • no_akouji
    『地獄の黙示録』 この映画は戦争映画を語る上で見なくてはならない。私が見た戦争映画の中で1番圧巻されました。わかりやすく言えばこの映画の中へと引き摺りこまれる感じ。一度見始めたら抜け出せない。
    いいね

    良い
  • no_akouji
    『地獄の黙示録』を見た。とんでもないモノを見てしまったと感じています。戦場では一切、希望なんてものなんてない。あるのは絶望。そして死。何処までもリアルで何処までも無情の世界。
    いいね

    良い
  • SwitchedOnLotus
    『地獄の黙示録』個人的にはストラーロの撮影が堪能でき、「狂気」にどっぷりと浸かれる完全版をお薦めする。しかしまあどちらでもよかろう。生半可な気持ちで観れるような映画ではないことだけは、確かだ。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...