TOP >作品データベース >ロッキー

ロッキー

みんなの感想/評価
「ロッキー」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
96%
  • 良い
    55
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
69
ポジティブ指数100
公開日
1977/4/16
原題
Rocky
上映時間
120分
解説/あらすじ
青年ロッキーはフィラデルフィアのスラム街に暮らす4回戦ボクサー。ある時、世界チャンピオンのアポロがロッキーを対戦相手に指名してきた。もし15ラウンド終わってもリングに立っていることができたら、自...
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • ryoma_in1997
    『ロッキー』ニューシネマの時代を終わらし、映画界にアメリカンドリームを復活させた名作中の名作。不器用な人たちがロッキーに呼応するかのように絆や情熱を取り戻していく様が素晴らしい。
    いいね

    良い
  • cytometrer
    『ロッキー』(1977,米) #映画
    いいね

    良い
  • tweet_eiga
    『ロッキー』ワーオ! ナイスファイト! ロッキーの愛すべきキャラクターがとても良い。内気な地味女エイドリアンが、ロッキーと付き合って可愛くなっていくのも素敵。
    いいね

    良い
  • kohjism
    『ロッキー』ボクシングファンなら我慢してでも見ておかなければな。この世界にコミッショナーとかランキングはないのか?突っ込みどころ満載。70年代に黒人vsイタリアンって全国的にどうよ?エイドリアンが美人でないところが一番感動した。
    いいね

    普通
  • wishgiver2
    『ロッキー』リアルタイムで鑑賞できて本当に良かった。シンプルなストーリーなのに40年経っても色褪せない名作と共に映画人生を歩めて幸せだし、スタローンの脚本と愛情に最大級の感謝を送りたいです(^^)
    いいね

    良い
  • ryoma0210
    『ロッキー』 どん底にいる人たちの再起を懸けたドラマ。ロッキーに鼓舞されるかのように周囲の人、街の人たちが前に進んでいく。失った誇りを取り戻すため戦いに臨むロッキーの姿は圧巻。勝ち負けじゃない本当の戦いを描いた名作。
    いいね

    良い
  • sackboy_mac
    『ロッキー』穴の空いたタンクトップをパンツインしてあんなかっこいい男を他に知らないw不器用な男女の恋愛ものとしてももう試合後でこみ上げてくるものがあった。「再試合は?」「んなもん知るか!えいどりあああああああああん!!」
    いいね

    良い
  • sackboy_mac
    『ロッキー』クリードからの初ロッキー。まさに名作。ロッキーの無骨で不器用で真面目なキャラがもう愛おしい。そして70年代のフィラデルフィアの街とロッキーの部屋、匂いまで伝わってきそうな生々しい生活感。
    いいね

    良い
  • sentokun7
    『ロッキー』 「クリード」からの「ロッキー」。小学生のときからもう何十回も観てるけど、毎回見終わってからのランニング&腕立て伏せ。負け犬たちのワンスアゲイン・まだ始まってもいねーよな映画。生涯ベストに間違いなく入る大好きな作品
    いいね

    良い
  • 000000425_m
    『ロッキー』とても丁寧かつ簡潔で言いたいことや見せ場が真っ直ぐに入ってくる。超絶傑作
    いいね

    良い
  • onigawara_shoto
    『ロッキー』落ち目のボクサーが、人生で初めて訪れたチャンスを掴むために死力を尽くす。目的は勝利ではなく、最終ラウンドまで立ち続けて、自分がダメ人間でない事の証明。「闘う相手は自分自身」志の高さに心が震える。
    いいね

    良い
  • 138_kaz
    『ロッキー』『クリード』観る前に1作目くらいちゃんと観直しておこうと思ってBDで観た。もっとアクションエンタメ寄りのイメージがあったが、思った以上にアメリカン・ニューシネマを思わせる陰鬱なタッチで描かれており震えた。この閉塞感漂う空気はこの時代でしか出せないだろうなあ。傑作。
    いいね

    良い
  • ohtk4i
    『ロッキー』/ボクシング映画かと思いきや、社会の底辺に生きる男が、転がり込んだチャンスに戸惑いつつも立ち向かうことで誇りを取り戻す物語であり、不器用な男女の愛の物語でもあった。いくつも胸を打つシーンがあり、ラストシーンは痺れた。
    いいね

    良い
  • coffee_pote
    『ロッキー』年始に一気放送をしていたので・・・ 「エイドリアーン」って叫ぶシーンって意外と長いんだが・・・ 「クリード」を見た後だとあちらがリスペクトしてる点がいくつもあってさらに楽しめる #映画 #movie
    いいね

    良い
  • haganenaruto200
    波止場をダッシュするロッキーを、誰よりも自分自身のために諦めないことを誓うロッキーを見ると心震えるものを抑えられぬ。試合の勝ち負けではなく、命がけで自分自身の生を生き抜くことを決意した男の姿は実に清々しい。
    いいね

    良い
  • maytofive
    『ロッキー』今更ながら初鑑賞。ひたすら熱いスポ根ものと思ってたけど青春映画の傑作だった。周囲の人とのドラマも良いし無骨で心優しいロッキーが可愛い。例の「エイドリアーン!」も唯の雄叫びじゃない、ロッキーの人間性そのものを現してたんだな
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『ロッキー』BDで鑑賞。古典中の古典。名作中の名作。最早多くは語らない。リングに立つ男、その支えは一途で不器用な愛と不屈の闘志。戦う相手は世界チャンプではなく己の人生だ。そして男はその勝負に勝つ。泣くなというほうが無理だ。最高でした
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『ロッキー』子供の頃、テレビで見てた時はアポロとの試合シーンがとてつもなく長く感じたのだけど、意外とはしょられていてあっという間に最終ラウンドだった。エイドリアーン!!
    いいね

    良い
  • yousan330
    『ロッキー』 スタローンの人生とオーバーラップするという話を聞くと尚更良さが増す。 #eiga
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『ロッキー』(1976)負け犬の暮らしとその想いを描く魂のこもった脚本。映画はスタローン自身の人生と重なり奇跡的な輝きを放つ。そしてアメリカンニューシネマの閉塞感から一気にアメリカンドリームの興奮へ。見る度に涙し力をもらう心の1本。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...