TOP >作品データベース >ジャガーノート

ジャガーノート

みんなの感想/評価
「ジャガーノート」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
83%
  • 良い
    5
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
8
ポジティブ指数100
公開日
1975/3/21
原題
Juggernaut
配給
ユナイト
解説/あらすじ
荒れ狂う北大西洋を進む豪華客船にメガトン級の爆弾が何者かによって仕掛けられたことから起こるサスペンス。製作総指揮はデイヴィッド・V・ピッカー、製作・脚本はリチャード・デコッカー、監督は「三銃士(...
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • paranoiafreaks
    『ジャガーノート』古今東西あらゆる映画やコントで行われている、爆弾の起爆装置を解除する時に赤か青のコードの切除の選択という緊迫した場面を一番最初にやった映画として有名だけど、見所はそこだけ。けどクリフハンガーな仕掛けは緊張感が楽しい。
    いいね

    良い
  • ryuryu13
    『ジャガーノート』きっと地上波で放映されたときに観ていたのだろうけれど、真剣に観たことはなかった(はず)。アンソニー・ホプキンスが出ているのも知らなかったし・・・「赤か青か」の元ネタがこれだとは!いや~ドキドキしましたっ!!
    いいね

    良い
  • ariy_opp1955
    『ジャガーノート』爆弾解除の最期のコード 赤か青か!? 他の映画では「1/2」の確率論的にハラハラさせられるがこの映画ではあくまで犯人との「究極の駆け引き」。
    いいね

    良い
  • synapsink
    『ジャガーノート』船に取り付けられた爆弾を処理する男と爆弾を取り付けた犯人の駆け引きを描いた作品。爆弾処理中に出てくるコードの「赤か?青か?」というシーンはいろんな作品に出てきますね。良い作品です。
    いいね

    良い
  • dls1138
    『ジャガーノート』★★★★
    いいね

    良い
  • croaton0
    R・ハリス演じる主人公が率いる爆弾処理班が豪華客船に仕掛けられた複数のトラップ爆弾を解体していくパニック映画 同時に解体していく事で誰かが失敗しても残った仲間達がその失敗を元に残りのトラップを解除していくという恐ろしい人海戦術は鳥肌モノ
    いいね

    普通
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • mitun2011
    「ジャガーノート」(74年・英)「赤い線を切るか、青い線を切るか」の元祖。旅客船に爆弾がしかけられるというサスペンスの王道を行くあらすじとは裏腹に、要所要所にナンセンスを挟みこみ、それでいて緊迫感も保ってみせるという、唯一無二のテンポを持った面白い映画です。群像劇としても秀逸。
    いいね

    良い
  • SwitchedOnLotus
    『ジャガーノート』第1カットが「赤」と「青」のテープというのがにくい。迫力はあるがこれをシーゲルやアルドリッチ、もしくはフランケンハイマーが演出していれば・・・などと一旦考え出すと楽しめなくなってしまう。
    いいね
    関連動画
     関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    ka_mito
    1697movies / tweets
    advertisement

    follow us