TOP >作品データベース >ラビット・ホール

ラビット・ホール

みんなの感想/評価
「ラビット・ホール」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
93%
  • 良い
    72
  • 普通
    2
  • 残念
    3
総ツイート数
1,330
ポジティブ指数94
公開日
2011/11/5
原題
Rabbit Hole
配給
ロングライド
上映時間
92分
解説/あらすじ
ニコール・キッドマンが自ら製作・主演し、第83回アカデミー主演女優賞にノミネートされたドラマ。ピュリッツァー賞、トニー賞を受賞したデビッド・リンゼイ=アベアーの原作戯曲を「ヘドウィグ・アンド・ア...
(C)2010 OP EVE 2, LLC. All rights reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • polalain
    『ラビット・ホール』大きな岩のような悲しみはやがてポケットに入る小石になる。母が息子を亡くした娘に言う言葉。悲しみからの再生の過程は夫婦でも異なる。ラストは希望が、セッションの彼が加害者役で、ニコールの繊細な表現はせつない
    いいね

    良い
  • trans_american
    『ラビット・ホール』不慮の事故で一人息子を失くした夫婦の苦悩を描いた作品。展開が理解しにくいところもあったりして、ストーリーが重々しかったけど、夫婦役のアーロンとニコールの二人の熱演には評価したい
    いいね

    良い
  • yuko1stylo
    『ラビット・ホール』、最愛の子どもの不在。憎しみよりも「なぜ」という運命への問いかけが重たかった。パラレルワールドは希望。ニコールキッドマンの名演は泣ける。
    いいね

    良い
  • mequitazine3mg
    『ラビット・ホール』ドラマ作品だけど、量子力学の多世界解釈について触れる場面がある。その考え方はおよそ今ある世界とは関係ないのかもしれない、それでもそのもしもの可能性が心を支えてくれるというもの悲しい希望を描いている。
    いいね

    良い
  • mJ5mJp
    『ラビット・ホール』事故で息子を亡くした夫婦の物語。夫婦それぞれが死を受け入れ悲しみを乗り越えようとするも…って感じ。夫の愛がひしひし伝わりそこで泣きそうになる。
    いいね

    良い
  • sho_chan026
    『ラビット・ホール』息子を亡くした夫婦の再生物語。序盤なかなか核心に迫らずモヤモヤ…事故とはいえ加害者と交流もストーリーに入ってるとは想定外でびっくり。体験者じゃないと理解できないし傷の癒え方は人それぞれだけど、夫婦がぶつかり合いながらもラストは前向き。
    いいね

    良い
  • croaton0
    知り合いのような第三者視点で遠巻きに見守る(感情移入)ことになる作品 内容が完全に夫婦間の内情物語のため若干戸惑わされるが、その一方で夫婦の再生が「仕切り直し」という形で始まるところでは思わず胸を撫で下ろしてしまう
    いいね

    普通
  • Eureka751
    『ラビット・ホール』アレやコレやな外的要因に依存した物語ではなく、内的要因を丁寧に積み重ねる事で「息子の死」と対峙する母親を描いている。繊細だけど力強さもあっていい。心の仔細をここまで愚直で丁寧に描ける監督は素晴らしい。
    いいね

    良い
  • mirena_33
    ジョン・キャメロン・ミッチェル監督『ラビット・ホール』鑑賞してた。無理は承知で、もし映画監督になれるものならこの様な作品を作りたいと思った。とても丁寧な作りで、辛く難しい素材を見事に昇華させている。ラビット・ホール、僕も信じよう。◎
    いいね

    良い
  • hiromi_3110
    『ラビット・ホール』神の存在に救われる人もいれば、科学に救われる人もいる。
    いいね

    良い
  • ronyoritsumoko
    『ラビット・ホール』静かで丁寧。そしてキャラクターに襞や揺れがあるから退屈しない。ただし、残念ながら物語りに共感するだけの経験のストックが自分にはない、というのが正直なところ。
    いいね

    良い
  • ariy_opp1955
    『ラビット・ホール』4歳の子供を失った両親を全編通してひたすらいじめる。辛い。状況が二人を責め、お互いが責め、何より自分自身で責め続ける。幸いラストが少し希望が持ててほっとした。
    いいね

    良い
  • milyfuji
    『ラビット・ホール』子に先立たれた親の心情。しかもその悲しみのやり場を見いだせない母親をニコール・キッドマンが巧みに演じてる。母や妹への微妙な優越感からくる怒りや夫とのやりとりとか非常に上手い。監督はヘドウィグのJCM。
    いいね

    良い
  • aiankk03
    『ラビット・ホール』4才の息子を交通事故で亡くした夫婦の絶望と苦悩、加害者の少年との関係、ニコール・キッドマンが上手くて演じていて感動した、だけど観てて辛くて悲しくて…また全編通して使われてる曲が涙を誘うんだよ、めっちゃ泣いてしまった
    いいね

    良い
  • momomikan0608
    『ラビット・ホール』子供を亡くした夫婦の再生の物語。思い出を忘れたい妻と忘れたくない夫。お互い傷つけ合い、それぞれ別の場所に癒やしを求める。でも最後は、お互いだけが癒せると気づく。並行宇宙の存在が慰めになるって、なんだか新しい。#eiga
    いいね

    良い
  • hrsEEE
    『ラビット・ホール』永遠のテーマである家族の喪失と再生をいくとこまでいかないやわらかな展開で見せる。つうかかあちゃんがいいこと言ってた。
    いいね

    良い
  • eliminator250v
    『ラビット・ホール』旦那が犬の散歩するシーンで泣いた
    いいね

    良い
  • bintang1999
    『ラビット・ホール』一人っ子を失った夫婦の離婚率は80% 、お互いが自分を責め、自分を許せない。一緒に生きる方が辛く厳しい道だろう。二人を取り巻く人々との関わりが正直でリアルで心に響く。残りの20%が幸せになれますように
    いいね

    良い
  • nieve822
    【ラビット・ホール】パラレルワールドの話も素敵だった。どこか他の世界では別バージョンの自分が暮らしてるのかもしれない。私もその考え方好き。じんわりと心に染みて涙が流れます。
    いいね

    良い
  • nieve822
    【ラビット・ホール】DVDにて再見。大きな岩のような悲しみは、やがてポケットの中の小石に変わる。この言葉が忘れられない。悲しみっていう感情の行き場所はどこなんだろう。悲しみを癒す方法は人それぞれ。少しずつ進めばいい。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...