TOP >作品データベース >ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
85%
  • 良い
    209
  • 普通
    5
  • 残念
    29
総ツイート数
33,142
ポジティブ指数94
公開日
2012/2/18
原題
Extremely Loud and Incredibly Close
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
129分
解説/あらすじ
2005年に発表され、「9・11文学の金字塔」と評されたジョナサン・サフラン・フォアによるベストセラー小説を、「リトル・ダンサー」「めぐりあう時間たち」のスティーブン・ダルドリー監督が映画化。9...
(C)2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • tomozo0831
    『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』つづき>少年の心に寄り添い、ドラマティック仕立てにしなかったのは好感が持てる。それにしても少年の演技は素晴らしい。そしてマックス・フォン・シドーのちょっとお茶目な間借り人役も癒される。
    いいね

    良い
  • tomozo0831
    『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』9・11で最愛の父親を失った少年。そのPTSDで電車も乗れず橋も渡れない。アスペルガー症候群の子供にとってどれだけ過酷なことか。「リトルダンサー」を撮ったこの監督は少年を撮るのがうまいね
    いいね

    良い
  • hachi_8m
    『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 派手ではないけど、胸に刺さる名作。 オスカー役の子の初めてとは思えない演技にもびっくり。 鍵穴は見つかるのか、オスカーが抱えている秘密とは、父が伝えたかったこととは。
    いいね

    良い
  • kasyu_tae
    『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』9.11で大好きな父親を亡くした少年が探すことをやめない冒険をする。苦しくて辛いけれど光が見えるラストで良かった#eiga#amazonプライム
    いいね

    良い
  • rinaT_818
    『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』@Netflix。大好きだった父親を911で亡くした少年が、ひとりで冒険に出るお話。両親の深い愛情に胸をうたれた。F wordがFukuzawaになっていたのが面白。原作読みたいなぁ、
    いいね

    良い
  • tweet_eiga
    『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』身近な人がPTSDに苦しんでいても、きっとどう向き合えばいいかわからず悩む。この母親のように行動に移すことができるか考えさせられた。
    いいね

    普通
  • kazu_play2
    『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』とてもいいストーリーだと思うけど、観るテンションが悪かった…もう一度見直したい。
    いいね

    普通
  • 99993g
    『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』くるしい・・・
    いいね

    良い
  • tatsumune
    『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』インパクトの強いポスターがずっと頭に残っていた。こういう内容の映画だったんだ。ラスト近くの回想シーンから振り返ると、写真は明らかに別の人。
    いいね

    普通
  • beetly845
    『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』泣けました。それにしてもアスペルガー症候群の演じ方がうますぎる。
    いいね

    良い
  • cinemaANDtravel
    『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』9.11で父親を失ったオスカー少年の父親を知る冒険物語。亡くなっても父親は偉大だということ、少年の冒険を見守る母の大きな愛に胸を打たれました。地味めの映画ですが良作です。
    いいね

    良い
  • takuwy
    『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』映画にしては内容が平々凡々。多くの人との出会いがあったという設定を生かしてもっとドラマチックにして欲しかった。
    いいね

    残念
  • misumy3
    『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』★★★☆☆
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』備忘録。原作からカットしきれず半端なカットもあったが、生き辛い日々を送る主人公の様子や彼が両親や冒険で知り合った人々にに愛されている様子などが見事に描かれていた。原作にはないラストシーンが今も記憶に残っている。映画らしい改変。
    いいね

    良い
  • gurukosaminn08
    『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 すごく良かった。こーいう作品がアカデミー賞で作品賞を取ってほしいと切に願う!!
    いいね

    良い
  • Hawkwindhawks
    『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』現実にいそうもないキャラの両親に、ペラペラ喋りまくる生意気でウザい主役の子供と映画的には0点。大好きなマックス・フォン・シドーとジョン・グッドマンが出ているので我慢して最後まで鑑賞(笑)
    いいね

    残念
  • lile2224
    『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』こんな近くにこんな大きな愛情があっただなんて…そんな当たり前に気づかされる。オスカーと町中の人とのやりとりがあるとするならば日本にも起きたらいいな。
    いいね

    良い
  • miurakenichi
    『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』タイトルにまず魅かれる。そして、9・11がアメリカにとってどんな意味を持っていたのかを計らずも考えさせられた。俺もこういう父親でありたいなと思いつつ、俺はこういう少年だったのかもと感慨深い。
    いいね

    良い
  • bintang1999
    『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』アスペルガー症候群のオスカー、演じる少年が上手すぎて切なくて泣ける。そしてそれを見守る母親や回りの人々の優しさにまた泣けた。おじいちゃん役のマックス・フォンシドーが素晴らしい。良かった
    いいね

    良い
  • 0111akemi
    『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』泣いた…
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    besi_sake
    1584movies / tweets
    advertisement

    follow us