TOP >作品データベース >私が、生きる肌

私が、生きる肌

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
95%
  • 良い
    166
  • 普通
    1
  • 残念
    7
総ツイート数
4,402
ポジティブ指数93
公開日
2012/5/26
原題
La piel que habito
配給
ブロードメディア・スタジオ
上映時間
120分
解説/あらすじ
ペドロ・アルモドバル監督とアントニオ・バンデラスが「アタメ」(1989)以来22年ぶりにタッグを組み、最愛の妻を亡くし禁断の実験に没頭する形成外科医と、数奇な運命をたどるヒロインの姿を描く問題作...
Photo by Jose Haro (C) El Deseo
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • maytofive
    『私が、生きる肌』エロティックなフランケンシュタインってとこか?全身タイツ美女の正体がじわじわ明らかになる下りは医師のあまりに倒錯した野望と欲望にゾッとしたり呆れたり。大真面目にリハビリ説明する姿は可笑しくて笑った。女性がみな魅力的
    いいね

    良い
  • MiuraYoh
    『私が、生きる肌』狂った作品だった。かすかにポップさもある色彩豊かな画の美しさもある。虎男にはおぞましさとかすかなユーモア。「全身タイツの女性は何者なのか」という真相には驚き。
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『私が、生きる肌』あらすじだと、マッドサイエンティストが死んだ妻を蘇らせようとする系の話かと思ってたんだけど、とんでもない倒錯した愛と憎悪の世界が待ってた。中盤の回想と謎解きを経て、主役が交代するかのような展開も面白い。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『私が、生きる肌』Netflixで鑑賞。序盤から変態性を見せ付けるが、それが全く異質なものへと変容する中盤のある展開に戦慄。異常な内容とは裏腹に演出は淡々としたもので、それが却って本作のある種の深みも強調するかのようで興味深い。良作
    いいね

    良い
  • CineManosCafe
    『私が、生きる肌』かなり良かった\(^o^)/
    いいね

    良い
  • misumy3
    『私が、生きる肌』★★★☆☆
    いいね

    良い
  • croaton0
    変質的で妖艶なラブロマンスと思いきや、中盤で突然物語の異常性を晒されて茫然自失。でも物語のピークもそこまででそれ以降の展開は至って平凡
    いいね

    普通
  • Keico_m
    『私が、生きる肌』を観た。これは。。どうなんだろう。確かに途中から驚きの展開にはなるものの、ラストはそのままの展開で終わるし、観終わって特に何も残らないような。狂気な世界を垣間見ただけって感じ。奥さん役の女優さんがすごく綺麗で可愛かった。
    いいね

    残念
  • MoyKeane
    『私が、生きる肌』(。-`囚´-)ボクは、これを〝愛〟と…。
    いいね

    良い
  • kiku_21
    『私が、生きる肌』いろんな意味ですごい映画でした。エレナ・アナヤが美しすぎる。
    いいね

    良い
  • momomikan0608
    『私が、生きる肌』#eiga 悲しく歪んだ愛を描いた、ある意味この上ない変態映画。この監督には異質?でもかなり良い。少しずつ謎明かしが進むけど、まさかネ→えーホントですか!な衝撃の展開。役柄のせいもあるけど、バンデラスはかなり老けた…
    いいね

    良い
  • CinemaTdragon
    『私が、生きる肌』 84点(● ̄(エ) ̄●)ゞ
    いいね

    良い
  • 0_0Ayumix0_0
    『私が、生きる肌』鑑賞。形成外科医が欲望のままに亡き妻の顔を追い求めるサスペンス衝撃作。ストーリーが進むにつれて驚愕の事実が明らかになり、全て繋がった時戦慄が走った。映像美もさることながら内容の過激さに終始脱帽する羞恥な芸術映画。
    いいね

    良い
  • ariy_opp1955
    『私が、生きる肌』形成外科医が女性を監禁し、人工皮膚をかぶせて亡き妻を創造してゆく。フェティシズムたっぷりで官能的な雰囲気とサスペンス的要素の・・・つまり変態の映画と言うことですね。
    いいね

    良い
  • melmo_chan
    ちなみに・・・『私が、生きる肌』を2位にした(・・;)
    いいね

    良い
  • kyuku99
    変態だなあ、  (すきです)
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『私が、生きる肌』な~~んちゅう話じゃ!アルモドバルがカミングアウトしない(できない?)理由を述べたような作品。女性性への嫌悪と憧憬と矛盾と。しかし、な~~んちゅう!!!
    いいね

    良い
  • sarasakananoko
    この映画の主人公は形成外科医。『めまい』も主人公がかつて好きだった女の容姿に固執するような話だった。(彼は洋服とか髪を変えさせただけだったけど) 見た目ばかり気にする彼らには、ブラックジャック先生の爪の垢を煎じて飲ませたい、まったく!
    いいね

    良い
  • sarasakananoko
    『私が、生きる肌』久々の超どストライク映画。過去と現在がつながり、驚愕の真実が明らかになった瞬間の私→((((;゚Д゚)))))))…(つД`)ノ それにしても、エレナ・アナヤの身体は一切ムダがなくて本当に綺麗!何かの芸術品みたい。
    いいね

    良い
  • yudutarou
    『私が、生きる肌』アルモドバルは変態でキチガイなんだろうけど、これはかなり極まってた。バンデラスのちゃんとした演技も素晴らしいし、エレナ・アナヤの役柄同様作り物めいた美しさも良い。画面の色遣い、構成も監督ならではのクオリティだった。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...