TOP >作品データベース >ブレードランナー ファイナル・カット

ブレードランナー ファイナル・カット

みんなの感想/評価
「ブレードランナー ファイナル・カット」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
87%
  • 良い
    70
  • 普通
    6
  • 残念
    3
総ツイート数
104
ポジティブ指数96
公開日
2007/11/17
原題
Blade Runner: The Final Cut
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
117分
解説/あらすじ
日本でも未だに根強いファンを持つSF映画の金字塔「ブレードランナー」。初公開から25年を迎えた本作に、リドリー・スコット監督自らが再編集とデジタル修正を施して蘇らせたファイナル・カット版。酸性雨...
BLADE RUNNER is a trademark of Blade Runner Partnership. Blade Runner: The Final Cut (C) 2007 The Blade Runner Partnership. TM & (C) 2007 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • yamicoke
    『ブレードランナー ファイナル・カット』レプリカントと人間の話だから受け入れる事が出来たのであってレプリカントの型式の違いの話にされると感情移入の手がかりを失ってしまう。だから一角獣いらん。「すまないセバスチャン」いらん。返せ青空を
    いいね

    残念
  • kazu_play2
    『ブレードランナー ファイナル・カット』わかるようなわからないような世界観とストーリーと結末。うん、カルト(笑)
    いいね

    普通
  • catupiry0801
    『ブレードランナー ファイナル・カット』久しぶりに観たが、名シーンも多くかなりエモーショナル。人間とは何かと考えさせられる。記憶?感情?愛?死への恐怖?・・・。レイチェルの美しさやロイの神々しさに泣ける。いろいろ語りたくなる作品。
    いいね

    良い
  • nozawa_gekijo
    『ブレードランナー ファイナル・カット』『2049』直前の2017年10月。1982年版に描かれるロスの近未来。気付けば目前。そこに深くなる感慨と先見の微妙。遠からず近からず。当時流れた時間の速度。30年を経た加速。傑作の改作譚よ。
    いいね

    良い
  • MiuraYoh
    『ブレードランナー ファイナル・カット』近未来的なものと退廃的なものが混在した街に雨も降りしきる陰鬱な雰囲気とハードボイルドさが相まって独特な世界観。終盤、あいつにも感情移入するとは。
    いいね

    良い
  • thinking93
    『ブレードランナー ファイナル・カット』新作公開に備えBDで鑑賞。さすがに時代を感じなくはないけど、今見ても十分面白い。自分のなかでは原作とイメージが異なっているけど、映画ならではのこってりと生々しい質感もなかなかよい。#eiga
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『ブレードランナー ファイナル・カット』 久々に観て気づいた、どうでもいいこと。 レイチェルの髪型が東方仗助だった。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『ブレードランナー ファイナル・カット』 ルトガー・ハウアー演じる敵ボスのロイ・バッティーが惚れ惚れするぐらいカッコいい。肉体美と憂いを秘めた青い瞳。自らの存在の意味を探し求める、哲学的なセリフの数々が、厨二心を刺激して止まない。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『ブレードランナー ファイナル・カット』 新作の予習を兼ねて、チネチッタのLIVE ZOUNDで鑑賞。何度観ても新たな気づきがある、マイベスト・オブ・ベストの感を強くする。これでまた新作のハードルが上がってしまった。
    いいね

    良い
  • MondMasa
    リドリーの映画はやっぱり怖い。バティから追われるのなんか狂ってるもんね。マネキン多用してる悪魔的世界観もたまらないし、世界観もすごいけどそこから滲み出してる虚無感が映画全体盛り上げてくれてる。フィルムノアールだ。改めて
    いいね

    良い
  • MondMasa
    『ブレードランナー ファイナル・カット』中学のとき観たけどスターウォーズに夢中だったからなんかピンとこなかったけど、歳重ねて観るとえげつねぇよ!コヴェナント観てから再鑑賞するとリドリー爺様がやりたいこと一貫して見えてくる。
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『ブレードランナー ファイナル・カット』@ なんばパークスシネマ観。館初。『2049』の復習を兼ね「もしかして…」の期待を胸に…餓鬼の頃TV初観時やVHS、DVD観での物語の流れの退屈さ、映像世界のオリエンタルな魅力は変わらず上書きはされなかった。「強力わかもと」はやはり大印象w
    いいね

    普通
  • mim_3_
    『ブレードランナーファイナル・カット』相当前にソフトで観たきり、今回爆音上映で。古さを感じないのがスゴい。レプリカントの憂い悲しみのようなものを感じつつ見ていたら、あのレプリカントがルトガーハウアーだったと今更気づく。若き日のハリソンも良いが、雨に打たれ俯くルトガーの姿が焼き付く
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「ブレードランナー ファイナルカット」やっと本当の大画面で良い音で観ることが出来ました。』https://twitter.com/yukigame/status/920737897476530177
    いいね

    良い
  • hiroopen
    『ブレードランナー ファイナル・カット』。作品世界は、30年経っても強烈で、酸性雨の都市描写はオモシロイ。が、ドラマとして肝心の軸がわかりにくいなぁ。心とは、結局は人間として育った記憶の、あるなしなのか?腑に落ちないなぁ。
    いいね

    良い
  • hiroopen
    『ブレードランナー ファイナル・カット』@ミッドランド。ルドガーハウアー演じるレプリカントがよっぽど喜怒哀楽あり共感出来る。ハリソンフォード演じるブレードランナーは何を考えているのか不明。心理テストを強要する内に人間性が剥離したか。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『ブレードランナー ファイナル・カット』爆音映画祭にて。退廃的な近未来のスタイリッシュな映像美と悲哀に満ちた物語。振り続ける雨がその涙と共に世界の不条理を洗い流してくれないか。叶わぬ願いを抱え生きる者に境界はない。骨太な作品を堪能。
    いいね

    良い
  • masaji0101
    『ブレードランナー ファイナル・カット』丸の内ピカデリー。爆音映画祭にて鑑賞。初めて観た時は凄いインパクトを感じた記憶がある位で、全然内容覚えてなかった…。初見みたいなもんでした。世界観と映像は確かに良いですね。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『ブレードランナー ファイナル・カット』劇場で鑑賞。SFにおける近未来像を刷新し、今尚その影響衰えない大傑作。酸性雨降り頻る退廃的な世界を映す映像美に陶然とさせられた。レプリカントの悲哀とデッカードの苦悩の鮮やかな対比にも唸らされる
    いいね

    良い
  • amgswb2013
    『ブレードランナーFC』 新作に備えて改めて見てみたけど、やっぱり『初見でこれを見た人とは少々違う感想になるな…』と言う事 勿論この年代でこの世界観を作り上げた事そのものには頭が下がるし、そこだけでも価値がある映画だと思う
    いいね

    普通
    もっと見る Loading...