TOP >作品データベース >ジャーヘッド

ジャーヘッド

みんなの感想/評価
「ジャーヘッド」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    8
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
9
ポジティブ指数100
公開日
2006/2/11
原題
Jarhead
配給
UIP
上映時間
123分
解説/あらすじ
「アメリカン・ビューティー」「ロード・トゥ・パーディション」のサム・メンデス監督が、一歩兵の手記を原作に“地上にいた兵士”の視点から見た湾岸戦争を描く話題作。「デイ・アフター・トゥモロー」「ブロ...
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • TaulNcCar
    『ジャーヘッド』サム・メンデス監督作品。若い海兵隊員の湾岸戦争の体験記をもとにした映画。戦闘シーンがないのは知ってたので不満なく鑑賞。トリッキーな演出はなく手堅くまとめた感じで、強烈さはないが好印象は残った。
    いいね

    良い
  • paranoiafreaks
    『ジャーヘッド』登場人物達は戦争に来てるのに戦闘に参加できなくて欲求不満、見ている方は戦争映画を見に来てるのに戦闘シーンがなくて欲求不満となかなかの体感映画。終戦の砂漠のパーティシーンがモヤモヤしたやり切れなさを表しててグッド。
    いいね

    良い
  • WaseiG
    『ジャーヘッド』鑑賞。日常系戦争映画。ひりつくような緊張感ではなく、また違った緊張感のある映画だった。
    いいね

    良い
  • mikitron_rid
    『ジャーヘッド』燃え上がる油田が幻想的。
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『ジャーヘッド』わたしの好きな戦争映画はM*A*S*H 次いでフルメタルジャケット。これは3本の指に入ります。ピーター・サースガードがよかったです、あと音楽と画がいい。油田の炎に照らされた夜の砂漠が幻想的。突然現れる馬のシーンが好き。
    いいね

    良い
  • sundance0725
    『ジャーヘッド』フルメタル・ジャケット、地獄の黙示録、ディア・ハンター。湾岸戦争を描きながらベトナム映画を引用する本作。時代と戦場の推移、そこにある狂気の推移を示唆してみせる。サム・メンデスさすがの画造りと、ジレンホール義兄弟熱演の秀作。
    いいね

    良い
  • sorairoo
    『ジャーヘッド』空からの攻撃で炭化している死体が砂漠に転がっている。新兵が一度も銃を撃つ事なく終わった湾岸戦争は、これまでの戦争との違いを兵士の目線でリアルに伝えてくれる。砂漠のシーンは美しい。
    いいね

    良い
  • hourensou113
    『ジャーヘッド』戦争映画でありながら戦闘シーンはなく兵士の日常と戦意、そして芽生える友情を巧みな演出で描いている。従来のものとは違った観点から戦争というものを考えさせられた。当時ニュースで見ていた湾岸戦争を身近に感じる映画。 #映画
    いいね

    良い
  • movement26
    『ジャーヘッド』戦場に行くも戦争しない。戦場での兵士の生活が中心で、なんかのほほ~んとしてる作品。でも、どこかで戦闘があったという緊迫感はいつも漂ってる感じ。ノリや雰囲気はスリーキングスに似てる。クリス・クーパーの存在がピリリと効いている。
    いいね
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    yousan330
    1419movies / tweets
    advertisement

    follow us