TOP >作品データベース >6才のボクが、大人になるまで。

6才のボクが、大人になるまで。

みんなのつぶやき
coco映画レビュアー満足度
82%
  • 良い
    200
  • 普通
    38
  • 残念
    4
総ツイート数
6,094
ポジティブ指数94
公開日
2014/11/14
原題
Boyhood
配給
東宝東和
上映時間
165分
解説/あらすじ
「ビフォア・ミッドナイト」のリチャード・リンクレイター監督が、ひとりの少年の6歳から18歳までの成長と家族の軌跡を、12年かけて撮影したドラマ。主人公の少年メイソンを演じるエラー・コルトレーンを...
(C)2014 boyhood inc./ifc productions i, L.L.c. aLL rights reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
    この映画に関するポジティブワードを含むツイートを自動収集し表示しています
  • kohtastic
    飛行機内でようやく『6才のボクが、大人になるまで。』観た。醍醐味はやっぱりキャストが実際に12年年とっていくとこだけど、主人公の子はやっぱ見ためも当然、中身も成長してる感あってなんか感情入ったな。吹替えしかなかったの残念だったけど、イーサンの歌部分はそのままだったからよかった
    いいね

    良い
  • hamadean
    『6才のボクが、大人になるまで』。人生の時間は緩やかに、そして確実に流れる。作品として、完成まで12年の歳月を掛けた労力は十二分に報われている内容ではある。ただし実家寄生中、独身30才のボクはまだ自分を大人と認めてないので、特に響く物は感じませんでした。ボクまだ16才だもん!☆4
    いいね

    良い
  • mokurenjan
    『6才のボクが、大人になるまで。』 2時間45分の長尺ですが、それほど長さは感じませんでしたね。家族の中での少年メイソンの成長と巣立ち。12年後には成長したのはメイソンだけではなかったですね。不思議と共感出来る作品でした。 http://t.co/BP2HtFxbnl
    いいね

    良い
  • bby_bokun
    でもやはり、出演者たちがリアルに歳を経ていく変遷を見ているだけでも面白く飽きないし、特にパトリシア・アークエットの、「こんなだったっけ?」って思うほどの肝っ玉母さん的な体格の良さが迫力ありました。
    いいね

    良い
  • Limawano55
    6才のボクが、大人になるまで 今回夫の人とで二度目。ゆっくりじわっと味わう感じ。つくづく初めのカップルが愛らしくまた悔やまれる、が仕方ないのだ。そこで関わっていける強さはあるのだ。映画終わって外に出たら雨、遅いランチを終えたらほぼ雨脚は収まっていた。ラッキー
    いいね

    良い
  • shoccco
    「6才のボクが、大人になるまで。」フィクションだけど12年という歳月はドキュメンタリーのよう。場面展開も絶妙でずっと見ていたくなる。様々な人とほんの少しでも共有した時間の積み重ねが血となり肉となり人生になるんだとしみじみ。イーサン・ホークとチャーリー・セクストンの共演もよかった!
    いいね

    良い
  • yoko_f
    GG受賞ってことで『6才のボクが、大人になるまで。』をオカワリ。将来の姿を知ってるから6歳時点の可愛らしさがより迫るし、2回目でも同じところに感動する。卒業パーティとメキシコ人のシーン。私が選べなかった人生と、これからでも出来るかもしれない他者との関わり。やっぱ素晴らしいな。
    いいね

    良い
  • daihichi
    『6才のボクが、大人になるまで。』今まで見たことのない不思議な感覚の映画だった。年に一回親戚の子に会うような感じ。あんな小さかった子がいつの間にこんなに大きくなったんだって。その分親は確実に年をとっていく。今この瞬間はこれからも続いていくんだなと余韻が残るラスト。よかったです。
    いいね

    良い
  • yfurui
    「6才のボクが、大人になるまで」TOHOシネマズ天神ソラリア館。結構面白かった。予備知識なしで観て驚いた。よくこんなの撮ったなぁ。長さの割に劇的な展開はないが、地味な会話の中にちょっといい場面が幾つもある。母親がファミレスの店長から礼を言われる場面が一番印象的。
    いいね

    良い
  • ryoma0210
    今から観て来ます。 映画 『6才のボクが、大人になるまで。』 http://t.co/ABN8QfLvlq
    いいね

    良い
  • osamyoung
    「6才のボクが、大人になるまで」を観た。ドラマチックなことはいっさいおこらないが、最後まで気引き込まれた。160分の不思議な映画体験
    いいね
  • nobomba
    6才のボクが、大人になるまで。時の積み重ねを意識できるシーン…伏線が実はそこかしこにあったりするのが、すばらしい。
    いいね
  • tytiwoo
    きのう観た『6才のボクが、大人になるまで。』がまだジーンと残ってる。 物語は無くて、ドラマのあるシークエンスをずらっと並べて12年って時間で串刺しにした感じ。そんな仕掛けやら監督の言いたいこととか、全出演者の芝居とかが相まって、すごく良かった。面白かった。
    いいね
  • mdsch23
    承前) 3. 6才のボクが大人になるまで 12年間掛けて年数日撮影していくという手法で同一キャストが成長して行く姿を見られる。ホームビデオ的ですがきちんと映画として撮られていて、アメリカでその時起きていた出来事を背景に普通の家族の姿が見られる所が素晴らしい。(親の離婚も含む)
    いいね
  • scorpiontypeb
    『6才のボクが、大人になるまで。』子どもが大学生になるまでの話。 そこで親は終わりじゃないし…まだまだ心配やら面倒やらかけられるし…と国民性の違いをしみじみ感じてしまったことよ。
    いいね
  • ru_ra31
    「6才のボクが大人になるまで」 心に沁みる台詞がたくさんあったな。エンドロールが終わっても涙が止まらなかったけど、一日経った今も思い出すとじわじわしちゃう。映画のパンフは買わないって決めてたけど、これだけは買っちゃった。
    いいね
  • kazki_tumi
    6才のボクが、大人になるまで。という映画は、エキサイティングではないんだけど、いいか悪いかでいうといい映画だったな、って思いました。 現実以上のドラマは無い。だから何を掘り起こされるかは自分の経験や想像力に任されるところで、誰に感情移入するかでも違いそうなのです('ω')
    いいね
  • yuki_miriam
    『6才のボクが、大人になるまで。』。永遠の浮浪児イーサン・ホークの傍らで、子に寄り添い続ける母パトリシア・アークエットの素晴らしさ。家を出る息子を見送る涙に込められた問いかけは、果てしなく重い。アメリカにおいて母親であることはどういうことなのか。完璧なエイミーの対極に彼女はいる。
    いいね
  • drinkbarkamo
    「6才のボクが、大人になるまで」★★★★邦題まんまの内容だけど、キャストが12年かけて同じ役を演じ続けたことにまず感嘆するし、何よりそれを一本の傑作に仕上げた監督の偉業に拍手。まるでドキュメンタリーのように主人公や家族がリアルに感じられ、気付いたら彼らにとても感情移入していた。
    いいね
  • tamumoto
    『6才のボクが、大人になるまで。』を観て、戻りたくても戻れない自分の子供の頃に想いをはせて切なくなる。大したことは起きなかったけど、毎日が輝いていたあの日々。あの時の一瞬一瞬が強烈にフラッシュバックする。あの頃のような日々を今は過ごしていないなとも。
    いいね
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    GD_momoco
    1765movies / tweets
    advertisement

    follow us