TOP >作品データベース >あの日の声を探して

あの日の声を探して

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
85%
  • 良い
    53
  • 普通
    10
  • 残念
    0
総ツイート数
1,187
ポジティブ指数92
公開日
2015/4/24
原題
The Search
配給
ギャガ
上映時間
135分
解説/あらすじ
第84回アカデミー賞受賞作「アーティスト」のミシェル・アザナビシウス監督が、戦争で両親と声を失った少年が難民キャンプで懸命に生きる姿を描いたヒューマンドラマ。ナチスによって収容所に送られ、母と生...
(C)La Petite Reine / La Classe Americaine / Roger Arpajou
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • momomikan0608
    『あの日の声を探して』#eiga 少年ハジの物語は言うまでもなく感動的だけど、この作品が異色なのは並行して描かれる、運悪く強制的に入隊させられた青年コーリャの物語。普通の青年も狂気に染める戦争の怖さ。冒頭とラストにはただ言葉を失う。
    いいね

    良い
  • otonateikokua
    『あの日の声を探して』淡々と描かれる戦争モノ、感動作ではない
    いいね

    普通
  • WaseiG
    『あの日の声を探して』鑑賞。少年ハジの佇まいをはじめ、ただただ圧巻させられる。世界の酷い部分を延々見せられてやがてそれに見慣れて麻痺していくような感覚は、兵士の心境と近いのかもしれない。ただ今作に「感動作」と銘打つのは、ちょっとどうかと思う。
    いいね

    良い
  • kaizerzi
    『あの日の声を探して』今もなおこのような情勢が続いているのか。そうだとしたら、あってはならない事。
    いいね

    良い
  • chakcu2
    『あの日の声を探して』このような境遇に生きる人々が幾人も存在している、その事実だけで頭がどうにかなりそうだ。救いを最後に見せてもらったと思ったら、冒頭につながる場面でまた落とされる。救いなんてないのかもしれない。
    いいね

    良い
  • kazu_play2
    『あの日の声を探して』たんたんとし過ぎな感あり。
    いいね

    普通
  • ZEROtatsuya
    『あの日の声を探して』両親を殺され、弟を置き去りにしたチェチェンの少年、EUの人権委員の女、従軍させられたロシアの若者、チェチェン侵攻の悲劇と奇跡の物語。壮絶。1800円満点で1700円。
    いいね

    良い
  • bintang1999
    『あの日の声を探して』1999年のェチェン。ロシアの侵攻により目の前で両親を殺害され、声を失い放浪する9歳の少年。徐々に狂気の兵士に変貌していくロシアの若者。自分の無力を痛感するEU人権委員会の女性。混沌の世界に希望はあるのか
    いいね

    良い
  • birdmtbird
    『あの日の声を探して』罪なき人々から、一方的に奪ってしまったものは取り返しはつかない。痛みだけがいつまでも残る。 生きるとはどういうことか…
    いいね

    普通
  • birdmtbird
    『あの日の声を探して』奪うものと、奪われるもの、訴えるもの、3つの視点から映し出される戦争の悲劇。 戦争の残酷さを子供の目線でこれでもかってぐらいに描いている。 戦時下のチェチェンで起きていたことはなんだったのか?
    いいね

    普通
  • intheair2
    第二次チェチェン紛争孤児のお話『あの日の声を探して』#movie この時はブッシュの乱暴な対テロ発言。今はトルコとやる気まんまん。プーチンのやり口(と顔)ホント怖い。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『あの日の声を探して』冒頭のビデオ撮影の映像はロシア兵がチェチェンの家族をテロリストとして殺害する強烈なもの。それが一瞬実録なのかと思う映像だけどそれを観ている赤ん坊を抱えた少年が部屋から覗いているシーンに繋がっていく。少年は赤ん坊を抱きかかえて逃げるが途中で民家へ置いていく。
    いいね

    良い
  • kukucoo
    『あの日の声を探して』ほぼ泣きながら見てた。「感動」とかではなくて…感情が動くと言う意味では感動だけれども、恐くて切なくて情けなくて。死に慣れると人は生きる感覚が狂って来るらしい。救えるのは人間だけなのに無関心って恐いことだ #eiga #映画
    いいね

    良い
  • renn6161
    『あの日の声を探して』終わりのない戦争の姿を2方向から描いてみせるが、チェチェン紛争について疎かった自分が恥ずかしい。ハジの哀しすぎる体験や、国がこうして兵士を作っていく姿に衝撃。ハジがビージーズの曲で誇りある舞を舞う姿に胸が熱くなる
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <あの日の声を探して>まともな兵士≠まともな人間という皮肉に背筋が寒くなる。 http://t.co/qrxeSQ491R
    いいね

    良い
  • mirena_33
    ミシェル・アザナビシウス監督『あの日の声を探して』鑑賞。戦争について考える時、どうしても己が属する場所を正義として捉えたくなる。本当は答えを知りながら愚行を繰り返す人類に未来はあるのか。戦争は政治のカードに過ぎない事を痛いほど知る。◎
    いいね

    良い
  • garancear
    『あの日の声を探して』チェチェン紛争をテーマにした社会派のメッセージは現代の課題でもある。生活を破壊される市民は勿論、戦争は兵士側にも地獄があり、国際社会は無関心だ。ただ、両方の立場に声が出ない少年、姉との再会まで盛り込んだ結果映画としてはポイントがぼやけた気もする。 #映画
    いいね

    普通
  • nabe505
    『あの日の声を探して』日本人が戦争をイメージするのは太平洋戦争。これはそんな昔の話でなく、わずか14、5年前に起きたチェチェン紛争を描く。少年ハジの表情と、しだいに狂気に駆られるロシア青年を見て、戦争の恐怖を感じぬ者はいないだろう。
    いいね

    良い
  • 51thor
    『あの日の声を探して』チェチェン紛争を戦争に麻痺していく青年と戦争故に心に深い傷を持つ9歳の少年を対比して描くストーリー。どんな形であれ、その悲惨、残酷、衝撃度は観終わった後、深い後味を残す。でも、人の絆はあると信じたい #movie
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『あの日の声を探して』@TOHOシネマズシャンテ|期せずしてロシア軍の兵士となったコーリャの人間性が麻痺していくところに戦争の怖さを感じる。チェチェンのハジ少年が生き別れた姉と会えるかの感動の話では終わりません。重い…。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...