TOP >作品データベース >サンドラの週末

サンドラの週末

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
71%
  • 良い
    84
  • 普通
    20
  • 残念
    20
総ツイート数
965
ポジティブ指数82
公開日
2015/5/23
原題
Deux jours, une nuit
配給
ビターズ・エンド
上映時間
95分
解説/あらすじ
パルムドールを受賞した「ロゼッタ」「ある子供」など、カンヌ国際映画祭の常連として知られるベルギーのジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ兄弟が、オスカー女優のマリオン・コティヤールを主演に迎えた...
(C)Les Films du Fleuve - Archipel 35 - Bim Distribuzione - Eyeworks - RTBF(Televisions, belge) - France 2 Cinema
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • bintang1999
    『サンドラの週末』監督作で有名女優は珍しい。天秤に掛けられた日本円にして11万円のボーナスとサンドラの解雇。この金額であたふたする低所得層。サンドラが現実を受け入れるまでの課程をいつものリアルなタッチで坦々と追う。
    いいね

    良い
  • Eureka751
    『サンドラの週末』ダルデンヌの昨今の作品はシンボリックで寓話っぽい印象を受ける。主人公の悲劇性に対する共感より、それぞれの立場の人に対して、より深い考察を欲しているように思える。簡単なようで簡単じゃない作品。
    いいね

    良い
  • Bananachama
    『サンドラの週末』1人を解雇して全員へボーナスを支給するか解雇しない代わりに全員がボーナスなしか。危機的状況のサンドラが同僚に解雇投票で反対するように尋ね回る。フランスの現実はこうなの?経済的に厳しいからこそ反対できない理由もわかる
    いいね

    良い
  • renn6161
    『サンドラの週末』冒頭の疲れ切った寝顔からサンドラのおかれた状況や気持ちがすっと入ってくる。雇用側も雇われる側も厳しい環境にあって、どうするかは本人の気持ち次第だ。結果を受け入れるまでの時間と気持ちと行動を新鮮な視線で捉えた作品。
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『サンドラの週末』#eiga #movie 出てくる登場人物のだれか、共感できる部分があったら良かったんだけどね~。ラストもなあ~~。う~~ん。とにかくわたくしには合わない作品ざんした。
    いいね

    残念
  • xxtonchiki
    『サンドラの週末』#eiga #movie これは合わなかった~~~。メンヘル女性が退職を覆すために奮闘・・・っていってもさ彼女の「頑張り」に共感できないもんで・・・って言うと冷たいとか言われちゃうのかね。う~~ん。
    いいね

    残念
  • LRintaro
    『サンドラの週末』 これは好きになれない。病気治ってないし、従業員の解雇を従業員の投票で決めるなんてリアリティがない。
    いいね

    残念
  • usakosisyou
    『サンドラの週末』映画鑑賞。金曜日。ある理由で主人公は解雇となる。投票で同僚16人が解雇を認めたためだ。社長に再投票を週明けに行うことを認めさせ、主人公は自分の解雇に反対投票をするよう一人一人に会いに行くのだが。秀逸なラスト。お薦め
    いいね

    良い
  • mnaoshi
    『サンドラの週末』のっぴきならないお願いを携えて人を訪ね続ける。まさかこんなサスペンスがあったかと、、最後まで一貫していてテンポが心地よい。服まで着替えない。カメラは主人公に寄り添っているが、描き方は公平でこの点も好感を持った。
    いいね

    良い
  • mnaoshi
    『サンドラの週末』面白すぎるだろ、これ。
    いいね

    良い
  • snake954
    iTunes Storeでレンタル / 『サンドラの週末』みた。
    いいね

    良い
  • misumy3
    『サンドラの週末』★★★☆☆
    いいね

    良い
  • CineManosCafe
    『サンドラの週末』良かった\(^o^)/
    いいね

    良い
  • aosagi0805
    負けるが勝ちって言葉があるけども、勝つとか負けるじゃなくて、人に譲るとか共有するとか、そういう価値観が新時代を開く鍵になる。現代という厳しい時代に人への優しさを問うだけじゃなくて、未来を見据えた視点があるように思ったよ。
    いいね

    良い
  • aosagi0805
    どちらかというとお姫様キャラのマリオン・コティヤールが病弱で泣き言ばかり言ってるブルーカラーになって、前半はハラハライライラさせ、徐々に潔さと気高さを身につけてかっこよくなるという成長譚。演技に彼女の女優魂を感じました。
    いいね

    良い
  • aosagi0805
    「サンドラの週末」誰だって生きてくのに必死、保身が悪いわけじゃない。だからこそ思わぬ親切が身に染みる。同僚たちとのやりとりから自己を確認し強さを身につけていく主人公に勇気づけられる。M・コティヤールの新境地的(?)ハマリ役。★★★★
    いいね

    良い
  • ohtk4i
    『サンドラの週末』/経済状況、労働環境、雇用制度が違うが故に、この会社のやり方がこの国ではよくある事なのかわからず、サンドラに共感も感情移入も出来なかった。はっきり言って図々しいと思ってたけど、ラストで成長が感じられたので救われた。
    いいね

    残念
  • ootiskunn
    マリオン・コティヤールの力強さが大好きになった。労働者が仕事を獲得するのが、どの国も大変な時代。そして人に分け与えようとする心の豊かさ、良心のある人々がまだ存在することを信じたい!
    いいね

    良い
  • totiegu
    明日は我が身ですよ奥さん『サンドラの週末』 #twcn
    いいね

    普通
  • sweetest___kill
    『サンドラの週末』久しぶりにダルデンヌ兄弟の作品を観ました。最後はやるだけやってスッキリしたのかな、と言う印象。マリオン・コティヤールが演じるサンドラが、めそめそしながらも何だかんだ逞しくなっていく様子に感服。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...