TOP >作品データベース >ハッピーエンドの選び方

ハッピーエンドの選び方

みんなの感想/評価
「ハッピーエンドの選び方」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
72%
  • 良い
    23
  • 普通
    6
  • 残念
    2
総ツイート数
1,235
ポジティブ指数91
公開日
2015/11/28
原題
The Farewell Party
配給
アスミック・エース
上映時間
93分
解説/あらすじ
人生の最期の選び方というテーマをユーモラスに描き、第71回ベネチア国際映画祭で観客賞を受賞したイスラエル映画。老人ホームに暮らすヨヘスケルの趣味は、みんなの生活を少しだけ楽にするユニークなアイデ...
(C)2014 PIE FILMS/2-TEAM PRODUCTIONS/PALLAS FILM/TWENTY TWENTY VISION.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • tsuya_pi
    『ハッピーエンドの選び方』 ★★☆ 延命という倫理的逃げ道のある考え方も自己判断ができないほど弱った当人に生死を選ばせるのも多分どちらも人として正しくなくて。でもきっと僕もその時になってみないと分からないのだろう。愛って苦しい。
    いいね

    普通
  • momomikan0608
    『ハッピーエンドの選び方』#eiga 邦題も明るく多少コメディタッチであるものの、大変重いテーマを描いた作品。描写の1つ1つはきっと介護業界に携われている方には受け入れられない甘いものでしょう。寓話として見れば、やるせない切ない話。
    いいね

    良い
  • kohjism
    『ハッピーエンドの選び方』ほのぼのしたタイトルと裏腹な重いテーマでも素敵な話。痴呆、寝たきり、末期ガン。人間の尊厳。医療はただひたすら長生きさせようとするだけって日本だけじゃなくてイスラエルもなのか。尊厳死は絶対に必要だと思う。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『ハッピーエンドの選び方』老人ホームのお年寄りたちと一括りに見ちゃいけない。今も恋に夢中な人もいれば、発明家だっている。でも現実は様々な病や環境の変化があるわけで、そこは誰にとっても重いものだったりする。気持ちは痛いほどわかる。
    いいね

    良い
  • maru_a_gogo
    『ハッピーエンドの選び方』老い、認知症、末期ガン、そして尊厳死という重いテーマをクスッと笑える軽いタッチで描いた作品。重くなり過ぎず見ることが出来て、老人たちの友情ものとしても楽しめる。描き込みは足りない気もするけど、気にはならず。
    いいね

    普通
  • birdmtbird
    『ハッピーエンドの選び方』人間の尊厳とは何か?ブラックユーモアたっぷりでペーソス漂う、残酷であり、愛を感じる、ほろ苦ビターな作品。自分なら、どうする?果たして、なにがハッピーエンドなのか?超高齢化社会に考えさせられる作品。
    いいね

    良い
  • tomochan2013101
    『ハッピーエンドの選び方』私の祖母が認知症、映画の後半で無性に腹が立ち。監督の回りには認知症の人はいないようで。後半になる前までは結構笑って楽しく。尊厳死も前向きでいいとは感じましたが。愉快な部分も沢山。でも私には残酷なホラー映画。
    いいね

    残念
  • lrdpisn
    『ハッピーエンドの選び方』尊厳死ものとして見ると掘り下げがなさすぎる(特に認知症の扱いは俗っぽすぎて危うい)上に「お金持ちのお話ですなー」感もややあるけど、じいちゃんばあちゃんの友情愛情ものとして見れば泣ける。温室シーンは素敵だった
    いいね

    普通
  • nagasumi_hasi20
    『ハッピーエンドの選び方』こんなに深刻なお話なのにおじいちゃんたちの行動には笑わされた。温室でのお出迎えは熱くなる友情でしたね。
    いいね

    良い
  • nagasumi_hasi20
    『ハッピーエンドの選び方』癌や不治の病、痛みでの尊厳死はよく討論されてるけど、認知症にも。 驚きながらも考えさせられた内容だった。
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『ハッピーエンドの選び方』、ヘブライ語の原題は「良い死」。めちゃくちゃ身につまされた。どんなに信仰がある人でも、痛みに耐えること、自分が自分でなくなること、愛する人が苦しむことを受け入れるのは辛い。自ら死を選択する人を私は非難しない
    いいね

    良い
  • puffcafe
    『ハッピーエンドの選び方』シネマイクスピアリにて鑑賞。人間の本質に迫る重いテーマを扱っていますが、コミカルなユーモアが随所に感じられるので、切なさと共に意外と軽妙で爽やかな印象さえ残ります。俳優陣もチャーミングで素敵なご老人の方々。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『ハッピーエンドの選び方』じいさんの発明品というよりは安楽死の話になっちゃたね。本人にも周りにも結構深刻な問題でもあり苦渋の決断でもあるがそこをとぼけた老人たちでユーモラスに描いているから深刻にならずに済む。私はすぐボタン押すかな
    いいね

    普通
  • fleur_eau
    『ハッピーエンドの選び方』友情と倫理観、理想と現実、様々な価値観の板挟みで葛藤するヨヘスケルの心情はよくわかる。しかし、相手を想うあまり安楽死マシーン発明とは、かなりのブラックジョーク。ユーモアが効果的。芸達者なキャストは丸。
    いいね

    普通
  • CineManosCafe
    『ハッピーエンドの選び方』良かった\(^o^)/
    いいね

    良い
  • asanishi_masa
    『ハッピーエンドの選び方』安楽死をめぐる重喜劇。俳優たちの面構えが素晴らしい。独特。幾多のセリフより、物語っている。泣けるはずなのに、笑いがこみあげてきた。そもそも安楽死マシーンてのがふざけている。劇中歌に虚を突かれた。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【ハッピーエンドの選び方】安楽死マシンを厳粛な気持ちで準備するのが老人達という逃げ場のない話。コミカルな演出さえも癒せぬ重たい尊厳死がテーマ。でも愛する家族のために自分はどんなに苦しくとも生き続けることを選ぶ人も勿論いる筈。 #映画
    いいね

    良い
  • myhakkar
    『ハッピーエンドの選び方』 重いテーマに笑いも取り入れて、深刻になり過ぎずに描いてある。主人公の妻は認知症を理由に尊厳死を選んでいるが、介護職に携わる者からすれば行き過ぎている。認知症に対しての偏見が強くなる可能性がある。
    いいね

    残念
  • d_hinata
    『ハッピーエンドの選び方』@シネスイッチ銀座♪いつかは自分もと思うと他人事じゃいられないしダメージでかい。生きてくだけでも苦労は多いのに死ぬことにまで悩まなきゃいけないなんて、人生の最期くらいはラクしたいのに…(>_<) #映画の日
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『ハッピーエンドの選び方』尊厳死と言う物凄く重いテーマを扱いながら作品は重苦しくなくて、むしろコメディタッチに仕上げてあった。生きたくても生きられない人、死にたくても死ねない人、どっちも不幸なんだよね。★★★★
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...