TOP >作品データベース >キャロル

キャロル

みんなの感想/評価
「キャロル」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
88%
  • 良い
    237
  • 普通
    27
  • 残念
    3
総ツイート数
17,760
ポジティブ指数92
公開日
2016/2/11
原題
Carol
配給
ファントム・フィルム
上映時間
118分
解説/あらすじ
「ブルージャスミン」のケイト・ブランシェットと「ドラゴン・タトゥーの女」のルーニー・マーラが共演し、1950年代ニューヨークを舞台に女同士の美しい恋を描いた恋愛ドラマ。「太陽がいっぱい」などで知...
(C)NUMBER 9 FILMS (CAROL) LIMITED / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2014 ALL RIGHTS RESERVED
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • 85053bbec6d2417
    『キャロル』 2人の女優の表情だけでも2時間観れる。交わされるお互いの視線には常に遮蔽物があり、繋がろうとする心と心を遮るよう。若く美しいルーニーにも負けない最強女優ケイト・ブランシェットの背中。
    いいね

    良い
  • masurrey
    『キャロル』。
    いいね

    普通
  • vouge0617
    『キャロル』とにかく主演の2人が美しい…うっとり。ファッションも可愛かった😍 絵画のような作品…。
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『キャロル』出会ってすぐ惹かれあっていくキャロルとテレーズ。女性を世間体の道具としか考えてないような男たちの中にあって、自分をさらけ出せる相手が同性だったのかな、と思うと百合要素を超えて納得。そしてルーニー・マーラの可愛いさに驚き!
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『キャロル』鑑賞。センチメンタルさにきゅんきゅん。しかし大人になるとおとぎ話に留まっていられない切なさもきっちり描かれる。ケイト・ブランシェットの映像に栄えること栄えること。ルーニー・マーラは少女から大人への成長を体現していた。ガラス・カメラ・タバコなど演出もお見事。
    いいね

    良い
  • mnaoshi
    『キャロル』型にはまらない複雑な表情や微細な仕草の美しさ。ケイト・ブランシェットの「テレーズ・ベリベット」という発音。これだけでやられる。たぶん、この人、天才。やっぱりこれは傑作ですよ。忘我状態がラストで極みに達する。
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『キャロル』#eiga #movie 自己実現としての恋。それを迎えようとする恐れと高揚と躊躇いと。すべてがケイトの表情に、指先に。素晴らしかった。素晴らしかった!
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『キャロル』#eiga #movie ケイト・ブランシェットの圧倒的存在感!ラストのあの表情でぐっと余韻を深めた。マジで鳥肌たったわ。
    いいね

    良い
  • ____miaou
    『キャロル』美しくうっとり。久しぶりに映画の世界に浸っていたいなと思うほど余韻が残る作品でした。衣装もとても素晴らしかったです。本当に映画全体がとても素晴らしかったので、作品購入を考えています。
    いいね

    良い
  • ________8pan
    『キャロル』漸くDVDレンタルが出たので観賞。最高にいい作品でした。キャロル自分を貫く姿勢が凄くかっこよかったです!月並みですが、繊細で愛で溢れた映画でした。ケイトのキャロルは本当にイケメンです。DVD買い。
    いいね

    良い
  • pachupa410
    『キャロル』細かい仕草、音楽共にとても女性的な映画だった。ケイトブランシェットが演じる女性は女性が憧れる女でありつつも弱さが垣間見える美しい女性。一方ルーニーマーラが演じる女性はまさに天使のような少女だ。この2人だけで場面が華やかになり、ラブシーンはとっても艶っぽく美しい。
    いいね

    良い
  • tamagoooo3
    『キャロル』溜息が出るくらいケイトとルーニーが綺麗で、ただ感動した。うーん、うまく言えないなあ・・・・ #eiga #映画
    いいね

    良い
  • ohtk4i
    『キャロル』/50年代を再現した衣装やセット、映像が美しい。そして何と言っても表情や視線、指先の動きで揺れ動く心情を雄弁に語ったケイト・ブランシェットとルーニー・マーラの演技が見事。抑えの効いた演出との組み合わせが素晴らしかった。
    いいね

    良い
  • 417ll
    『キャロル』ケイト・ブランシェットに惚れるのに性別なんて関係ないと思った。ただただ美しかったです。音楽、演出も良かったし、50年代のファッションも素敵でした
    いいね

    良い
  • tatsumune
    『キャロル』可憐なルーニー・マーラから目が離せない。男の視点からすると、手の届かないところに行ってしまう寂しさ。
    いいね

    普通
  • birdmtbird
    『キャロル』シンプルなラブストーリーだ。ただ違うのは女同士のラブストーリーということ。しかも不倫だ。現代でも偏見がつきまとう同性愛に不倫…バッドエンドではないにしても、はっきりとハッピーエンドではないし、曖昧。曖昧だからこそ美しい?
    いいね

    残念
  • frodopyon
    <キャロル(3)>地下鉄が走る音にメインテーマが重なるオープニング。穏やかで美しいメロディは、テレーズとキャロルが一緒にいる時、お互いを想っている場面で流れている。そして、ラストにふわっと盛り上がって途切れる。そこが終着点のように。
    いいね

    良い
  • bintang1999
    『キャロル』終盤レストランで久しぶりに向き合った二人の会話、誘うキャロルに答えないテレーズ。泣いたよ、二人の気持ちが切なくて切なくて泣いた。キャロルが少女に見えたよ。
    いいね

    良い
  • masaji0101
    『キャロル』下高井戸シネマで鑑賞。50年代の雰囲気が良く出ていて素敵な映像でした。ケイト・ブランシェットとルーニー・マーラーの二人の演技も素晴らしい。ルーニーが美し過ぎて惚れました。何の違和感もなく素敵なラブストーリー。
    いいね

    良い
  • winos
    『キャロル』ケイト・ブランシェットの鬼のような存在感に鳥肌立ちっぱなし。暗くて抒情的な画面が凄くイイ。「黄金のアデーレ」に続き今年度ベスト!!
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    coco 映画レビュアー
    sa9237a
    2073movies / tweets
    advertisement

    follow us