TOP >作品データベース >キャロル

キャロル

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
87%
  • 良い
    243
  • 普通
    30
  • 残念
    3
総ツイート数
17,687
ポジティブ指数92
公開日
2016/2/11
原題
Carol
配給
ファントム・フィルム
上映時間
118分
解説/あらすじ
「ブルージャスミン」のケイト・ブランシェットと「ドラゴン・タトゥーの女」のルーニー・マーラが共演し、1950年代ニューヨークを舞台に女同士の美しい恋を描いた恋愛ドラマ。「太陽がいっぱい」などで知...
(C)NUMBER 9 FILMS (CAROL) LIMITED / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2014 ALL RIGHTS RESERVED
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • ryoma_in1997
    『キャロル』とにかく主役2人が美しい。わき役のキャラも古い男性の価値観に振り回されている男のような感じがしてテーマに一貫性があった。
    いいね

    良い
  • yes_exclamation
    『キャロル』…【ココイチ】世間体のために繋ぎ止める男性二人の「君を愛してる」が物語を辿り、冒頭でのキャロルの“告白後”が本物を教える。だが、彼女たちの未来にも叶えられないことがあると、最初の出会いの“女の子の人形”売り場が啓示する。
    いいね

    良い
  • otonateikokua
    『キャロル』綺麗な2人の同性愛の話
    いいね

    普通
  • holganicdreamer
    『キャロル』★★★☆☆離婚問題を抱える中年の女性に惹かれていく若い女性を描いたドラマ。「ベルベット・ゴールドマイン」の監督なんですね。主演二人と、映像から醸し出す雰囲気がとてもよく、最後まで引き込まれて見ることが出来ました。
    いいね

    普通
  • tweet_eiga
    『キャロル』なんか物足りない。主演二人がとても綺麗で、トーンを抑えた映像や衣装や小物類も良かったんだけど、綺麗だなぁ〜で終わる感じ。刺さるほどの何かは感じられなかったな。
    いいね

    普通
  • Eureka751
    『キャロル』ガラス越しのカットとか、フィルムの質感とか、映画然とした隙のない美しい映像が続くので観ているだけで幸せになれる。正直、映像に比して脚本はやや弱い気がするけど、それでも映像の力で2時間どっぷり浸れた。
    いいね

    良い
  • milyfuji
    『キャロル』主演二人が美しい!匂い立つような大人の女を圧倒的な存在感で演じてみせるケイト。対するドラゴン・タトゥーの女で体当たり演技を見せたルーニーの可憐で可愛いこと!ケイトを目指したいけど今はルーニーの帽子が似合う年頃に戻りたい。
    いいね

    良い
  • Movie_oftheDead
    『キャロル』。同性愛への理解などない時代、偏見の目や不利益を受けながら、それでも自分たちの心に忠実であろうとした女性二人のラブストーリー。気品あるケイト・ブランシェットと、可憐なルーニー・マーラがひたすら美しく、目の保養になる。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『キャロル』観るのは2度目だがどのシーンも素晴らしく最後まで目が離せない。トッド・ヘインズの演出は香り立つようで息苦しくなるほど。ケイトとルーニー2人の美しさ、存在感に圧倒。エンドロールの文字の色はブルーからピンクに変化する。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『キャロル』 2人の女優の表情だけでも2時間観れる。交わされるお互いの視線には常に遮蔽物があり、繋がろうとする心と心を遮るよう。若く美しいルーニーにも負けない最強女優ケイト・ブランシェットの背中。
    いいね

    良い
  • masurrey
    『キャロル』。
    いいね

    普通
  • vouge0617
    『キャロル』とにかく主演の2人が美しい…うっとり。ファッションも可愛かった😍 絵画のような作品…。
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『キャロル』出会ってすぐ惹かれあっていくキャロルとテレーズ。女性を世間体の道具としか考えてないような男たちの中にあって、自分をさらけ出せる相手が同性だったのかな、と思うと百合要素を超えて納得。そしてルーニー・マーラの可愛いさに驚き!
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『キャロル』鑑賞。センチメンタルさにきゅんきゅん。しかし大人になるとおとぎ話に留まっていられない切なさもきっちり描かれる。ケイト・ブランシェットの映像に栄えること栄えること。ルーニー・マーラは少女から大人への成長を体現していた。ガラス・カメラ・タバコなど演出もお見事。
    いいね

    良い
  • mnaoshi
    『キャロル』型にはまらない複雑な表情や微細な仕草の美しさ。ケイト・ブランシェットの「テレーズ・ベリベット」という発音。これだけでやられる。たぶん、この人、天才。やっぱりこれは傑作ですよ。忘我状態がラストで極みに達する。
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『キャロル』#eiga #movie 自己実現としての恋。それを迎えようとする恐れと高揚と躊躇いと。すべてがケイトの表情に、指先に。素晴らしかった。素晴らしかった!
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『キャロル』#eiga #movie ケイト・ブランシェットの圧倒的存在感!ラストのあの表情でぐっと余韻を深めた。マジで鳥肌たったわ。
    いいね

    良い
  • ____miaou
    『キャロル』美しくうっとり。久しぶりに映画の世界に浸っていたいなと思うほど余韻が残る作品でした。衣装もとても素晴らしかったです。本当に映画全体がとても素晴らしかったので、作品購入を考えています。
    いいね

    良い
  • ________8pan
    『キャロル』漸くDVDレンタルが出たので観賞。最高にいい作品でした。キャロル自分を貫く姿勢が凄くかっこよかったです!月並みですが、繊細で愛で溢れた映画でした。ケイトのキャロルは本当にイケメンです。DVD買い。
    いいね

    良い
  • pachupa410
    『キャロル』細かい仕草、音楽共にとても女性的な映画だった。ケイトブランシェットが演じる女性は女性が憧れる女でありつつも弱さが垣間見える美しい女性。一方ルーニーマーラが演じる女性はまさに天使のような少女だ。この2人だけで場面が華やかになり、ラブシーンはとっても艶っぽく美しい。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...