TOP >作品データベース >この世界の片隅に

この世界の片隅に

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
96%
  • 良い
    370
  • 普通
    12
  • 残念
    4
総ツイート数
223,500
ポジティブ指数92
公開日
2016/11/12
配給
東京テアトル
上映時間
126分
解説/あらすじ
第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞したこうの史代の同名コミックを、「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督がアニメ映画化。第2次世界大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いな...
(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • xxtonchiki
    『この世界の片隅に』#eiga #movie ラスト クラウドファンディングの協力者の名前がずーっと出るのを観ていて、これからの映画の行く末もあれこれ考えた。
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『この世界の片隅に』#eiga #movie 母とみて、鑑賞後色々話す。今日の一番の収穫だと思う。
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『この世界の片隅に』#eiga #movie のん、新しい代表作。
    いいね

    良い
  • ororo_muramasa
    『この世界の片隅に』近場でも上映しているので2回目観た。 2回目だと細かい部分を見て、祖父母から聞いた話を少しだけ色々と思い出す。 韓国の国旗が上がるところや、比較的安全な場所に親族で集まるところとか。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『この世界の片隅に』2度目だから大丈夫のつもりが全然大丈夫なんかじゃなかった。この物語から目はすべての世代の人に向き、その目は自分に向けられ、なんだか禅問答のよう。コトリンゴさんの歌声が風の中に消えてゆく。またしても泣いてしまった。
    いいね

    良い
  • chicaotto
    『この世界の片隅に』戦争は日常にすーっと静かに入って来て確実にとどめを刺す。すずちゃんみたいな人が傷つく世界を作らないためにも、戦争にしないために何もしないでいる事はやっぱりいけないと思う。
    いいね

    良い
  • MiuraYoh
    『この世界の片隅に』戦争絡みの日本映画として新鮮さと普遍性を併せ持ち、アニメならではの表現の手数の多さと、しかもそれらが主人公の現状認識と作品のテーマと一致させてる。その上、老若男女が楽しめる作品でもある。音楽、効果音も含めて大傑作
    いいね

    良い
  • taro_ufufu
    『この世界の片隅に』観た。戦争映画らしい重苦しさはなかった。むしろ、主人公が「のほほーん」としててよかった。その「のほほーん」が今の僕なわけで、そこから、戦争に巻き込まれて精神的に追いつめられていくからこそ、主人公と同じ気持ちになれたのだろうな。悔しかったなぁ。悲しかったなぁ。
    いいね

    良い
  • ikeo0
    『この世界の片隅に』5度目の鑑賞はイオンシネマのULTIRAスクリーン。監督自ら調整したという音響。画面から音が聞こえてくるようだった。やはり大砲が大迫力。コトリンゴさんの歌唱部分のハーモニーも美しかった。耳が贅沢になって困る・・・
    いいね

    良い
  • Raggedtiger_Mmy
    『この世界の片隅に』ちょっと軽い気持ちで臨みすぎた。逞しくも穏やかに流れていた市井の日常が受ける打撃は大上段に構えた戦争物よりダイレクトに胸に響く。彼女の身にもあんなことが起きていたなんて。水彩タッチのアニメだからこそ、そしてのんさんの声だからこそなし得たあたたかさ。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『この世界の片隅に』3ヶ月ぶりに観た。そんなに間が空くのなら原作を読んでもよかった。実はどこかで会ってたんですかね。やっぱり今回も元気がでて血行が良くなった。
    いいね

    良い
  • 99993g
    『この世界の片隅に』キネマ旬報ベストテンにて。 ふつうのなんともない日常シーンが愛おしくて苦しかった。
    いいね

    良い
  • birdmtbird
    『この世界の片隅に』②臭さや、アニメなのでグロさが軽減されているのだろうか?軽減されているけどキチンと戦争の悲惨さは伝わっている。そしてラストは未来への希望も描かれている。では、わたしは何故この作品を支持できないのか?作風なのかな?
    いいね

    普通
  • birdmtbird
    『この世界の片隅に』①キネマ旬報ベストテンにて。はっきり言って、この映画が1位を取ったのがよく分からない。静かな反戦映画。女性や子供目線で戦争を、しかもアニメで描くことに意味があるのだろうか?と考えると…女性の視点なのでイデオロギー
    いいね

    普通
  • maru_a_gogo
    『この世界の片隅に』主人公も旦那さんも幼めな作画が、彼らが夫婦になっていく過程を表していたと思う。全体的に淡くやわらかな色合いと、水彩画のような風景のタッチが良かった。原爆含め決定的な場面は描かないことが逆に心に響く。のん良かった。
    いいね

    良い
  • maru_a_gogo
    『この世界の片隅に』キネ旬1位ということで期待値上がり過ぎてたけど良かった。号泣という感じではないけど自然に涙があふれてくる感じ。この世界の片隅に生きる人々の日常がとっても愛おしくなる。ちょっとおとぎ的な部分もあるけど適度で良い。
    いいね

    良い
  • galaxycrunch
    『この世界の片隅に』淡々と戦時中の日常が描かれるので大きな感動はないけど、今の生活とか生きていることが改めて愛おしく感じられた。
    いいね

    良い
  • ks_ngsk
    『この世界の片隅に』週末、再び観てきました。初回の鑑賞時よりも更によかった♪2016年のマイベスト映画:3位にしたことにとても後悔しています(汗)。あと、観客層がだいぶ変わっていました。子ども連れの家族が多く、うれしかった〜♪
    いいね

    良い
  • naotys
    『この世界の片隅に』戦時中の日常をリアルに描いていて、アニメのタッチが上手くマッチングしている。のん(能年玲奈)の主人公もとても良かった。こういう映画は日本だけではなく是非世界に広めて欲しいと感じた。
    いいね

    良い
  • nm_ikabutamodan
    『この世界の片隅に』二回目の鑑賞。今回はスクリーンの端々に注視しながら背景を楽しむつもりで観た。原作本を読んでからなので映画では描かれていない分まで理解してた分余計に楽しめた。初見の方はエンドスクロール後のクレパス調の絵に注目を。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    yousan330
    1370movies / tweets
    advertisement

    follow us