怒り

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
85%
  • 良い
    197
  • 普通
    24
  • 残念
    8
総ツイート数
14,746
ポジティブ指数92
公開日
2016/9/17
配給
東宝
上映時間
142分
解説/あらすじ
吉田修一の原作を映画化した「悪人」で国内外で高い評価を得た李相日監督が、再び吉田原作の小説を映画化した群像ミステリードラマ。名実ともに日本を代表する名優・渡辺謙を主演に、森山未來、松山ケンイチ、...
(C)2016 映画「怒り」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • mimi0x089
    『怒り』人を信じることは難しい。恐い。すずさんの透明感と海、あおいちゃんの目が凄かった。時間の長さを感じなかった。犯人の部屋の美術と作品のポスターがすごい。
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『怒り』信頼、思い込み、疑念、裏切り、怒り、そして悲しみ。犯人探しのサスペンスで物語を引っ張りながら、犯人かもしれない男たちと出会ったことで翻弄される人たちの人間性をあぶり出す。人間関係の難しさに、スッキリしない余韻が心に残る傑作。
    いいね

    良い
  • birdmtbird
    『怒り』宮崎あおい×松山ケンイチ。広瀬すず×森山未來。妻夫木聡×綾野剛。キャストが超豪華です!キャストの無駄使い?イマイチ、思ってたのと違ったし、面白くなかった。を信じることは難しい。でも信じたい。って、分かるけど…
    いいね

    普通
  • tetsukichi
    『怒り』、広瀬すずにも注目して観たけど、確かに「好演していた」とは思う。ただ、果たしてこの役が「広瀬すず」でなければならなかったのかは疑問゚(lll-ω-)
    いいね

    普通
  • tetsukichi
    『怒り』、レンタルビデオ(Blu-ray)で観賞。劇場で見逃して観たかった作品をようやく観られた。豪華キャストの演技は確かに豪華だったけど、個人的にはストンと落ちるモノではなかった。そういう作品ではないのだろうけど…
    いいね

    普通
  • kazu_play2
    『怒り』信じることの難しさ。他人を信じることと自分を信じることとはどちらが難しいのだろうか?それにしても素晴らしいキャスティングとその中でも輝く広瀬すずのポテンシャル。
    いいね

    普通
  • brindledcat
    『怒り』見逃していた作品をやっと早稲田松竹で観ることが出来た。日本アカデミー賞で、この作品がノミネートされていたのが、やっと納得できた。綾野剛、松山ケンイチ、森山未來の似てないはずの3人が似ているように見えてくるから不思議。
    いいね

    良い
  • adusan31
    『怒り』ー。出演者が皆よかった。特にすずちゃん。今をトキメクすずちゃんがこの役。覚悟を感じた。女優さんとして生きていくという覚悟。凄まじい。
    いいね

    良い
  • trtrrintwi
    『怒り』 昨年の1番! ジャパンプレミアで観ることが出来たことも感動!
    いいね

    良い
  • chicaotto
    『怒り』役者さんて本当にすごいなーと思いました。妻夫木くんの繊細な演技、震えます。すずちゃん、つらい・・・。こんな事があるなんて・・・と具現化してくれて・・・。怒りの矛先がそこにくるかあ~と、ただただ観ているこちらは茫然自失・・・。
    いいね

    良い
  • jakiyamayousuke
    『怒り』イマイチだったな。てんこ盛りにしすぎて失敗してる感じが。
    いいね

    残念
  • amamikfully2003
    『怒り』事件の犯人も、犯人と疑われた男たちも、彼らの周囲で生きる人々も、決して空想のキャラクターではなく。過去か未来か、もしかしたら現在の「自分の姿」であるかもしれない。とてもリアルな物語だった。春に見た『ヒメアノ~ル』を思い出した
    いいね

    良い
  • amamikfully2003
    『怒り』3つの物語はどれも見応えがあったが、特に強く印象に残ったのは東京パート…ゲイとして生きる男たちの物語。特に妻夫木聡さんの演技は、映画を見て1か月経った今でも脳裏に焼き付いている。眩しい笑顔の向こうにある、悲しみと孤独が。
    いいね

    良い
  • amamikfully2003
    『怒り』愛する人は殺人事件の犯人ではないか?疑いが平穏な日常を壊していく。信頼を築くにもある程度の時間を要するが、その時間が残されているか否かで変わる結末の対比が良かった。事件以外に2つの物語が用意されていたのはその為だったのかなと
    いいね

    良い
  • amamikfully2003
    『怒り』Tジョイ博多。原作・吉田修一&監督・李相日の再タッグ。未解決の殺人事件から1年後、千葉、東京、沖縄に現れた前歴不詳の3人の男を巡って巻き起こる人間ドラマを描く。タイトルは「怒り」だが、強く印象に残ったのは「信頼」だった。
    いいね

    良い
  • yashikoba1830
    『怒り』個々の役者の演技は素晴らしいものがあったけど、怒りが薄っぺらい気がした。誰でも人を信じるし、疑うこともあるし、恐怖にかられ逃げ出すこともあると思う。自分に対する怒りというのもわかるけど、だからより強く相手を愛する。#eiga
    いいね

    普通
  • adusan31
    コントロールできない怒り。表に出さずにはいられない怒り。 ずっしりと重くのしかかる。そしてすぐには立ち上がれない。 『怒り』
    いいね

    良い
  • haru_shana
    『怒り』 やっと観れた。つらい。 落ち着いたら感想まとめようとおもう。
    いいね

    良い
  • caya0922
    『怒り』うーん犯人像が薄いのと伏線も薄いのと意外性も薄くて演技と雰囲気で押し切られた感じ。2時間ドラマで十分だったかも。描写がキャラクターに寄りすぎてて逆に引いてみてしまう。
    いいね

    残念
  • tatshead7
    【怒り】犯人が分かってからの失速ぶりは辛い。その謎が緊張感を生んでいたし、蓋を開けてみればソイツが実はわりと単純な異常者だったのも肩すかし。この映画に限らないけど、街中を泣きながら歩くナルシスト場面ってほんとみんな好きだなぁ。
    いいね

    残念
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    frodopyon
    1621movies / tweets
    advertisement

    follow us