TOP >作品データベース >サウルの息子

サウルの息子

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
79%
  • 良い
    102
  • 普通
    15
  • 残念
    7
総ツイート数
6,192
ポジティブ指数89
公開日
2016/1/23
原題
Saul fia
配給
ファインフィルムズ
上映時間
107分
解説/あらすじ
2015年・第68回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞したハンガリー映画。アウシュビッツ解放70周年を記念して製作され、強制収容所で死体処理に従事するユダヤ人のサウルが、息子の遺体を見つけ、ユダ...
(C)2015 Laokoon Filmgroup
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • ryoma_in1997
    『サウルの息子』ホロコースト疑似体感ムービー。主人公の肩ごしにぼんやりと見える映像が恐怖を増幅している。
    いいね

    良い
  • lKf3MtJOqt18JdD
    『サウルの息子』 ☆☆☆★★
    いいね

    普通
  • otonateikokua
    『サウルの息子』サウルが息子か分からない子供を埋葬するのに、狂気的に執念を募らせるだけ、最後良く分からない
    いいね

    普通
  • hrhtito
    『サウルの息子』サウルの行動しかり、サウルに密着した特徴的なカメラワークしかり、あまりに説明不足で何が何だか理解がついていかないまま終わってしまった。サウルの頭越しにぼんやりと映し出される情景が異常すぎるっていうことはわかったけれど
    いいね

    普通
  • adusan31
    『サウルの息子』ー。人間でいることを奪い取る状況の中で、それでも人間でありたいと願ったのか。 ラストが印象的。息をすることを忘れてしまう映画。
    いいね

    良い
  • adusan31
    『サウルの息子』ー。息子は本当に息子だったのか。でも多分そんなことはどうでもよくて。何としても彼を埋葬したいと無謀な奔走をしたサウル。狂気的な執念。極限な日々の中で、それでも彼に何かを託さずにはいられなかったのか。
    いいね

    良い
  • adusan31
    『サウルの息子』ー。一切の説明を排除し、そしてカメラのピントはほとんどサウルにしか合っていない。セリフも全ては訳されない。断片的に映される異常な日常。断片的であるからこそ、その異常性が迫る。
    いいね

    良い
  • 1000ya
    『サウルの息子』観た。何がなんだか…サウルをずっと映してるから余計にわけがわからん。ただただ息子の埋葬したい、というだけの話を延々終盤以外特に盛り上がることもなくされても…。ユダヤ迫害が題材だったらめくら的に高評価になってない?
    いいね

    残念
  • kenkenj1
    予備知識なく見始め、途中で状況説明もないのでイライラ。独特なカメラワークと画角とサウルの無表情と子供を埋葬しようとする執念が理解できずまたもイライラ。すごく残酷なシーンがたっぷりだけどうまい具合のボケが逆に怖い。でもやっぱり映画はエンターテイメントがいいな。最後の笑顔は印象的。
    いいね

    普通
  • adzukiaddict
    『サウルの息子』見ようかどうしようかずいぶんと迷ったのですが、見て良かった。こんなカメラワークの映画は、初めてです。セリフはほとんどなく、サウルの息遣いで物語るお話でした。
    いいね

    良い
  • WaseiG
    『サウルの息子』鑑賞。あー、たいへんだったんだね、というのが素直な感想。あまりに主観的すぎて、それ以上の感想は持てなかった。
    いいね

    残念
  • kaizerzi
    『サウルの息子』殆どの映像がサウルに向けて作られている。最後の少年登場に生きている息子に会えたかのような笑顔で、最後小屋からの銃声で幕切れ。こんな事が2度と起きないためにも伝えていかなくてはならない作品。
    いいね

    良い
  • milyfuji
    『サウルの息子』二度見るのはつらいけど一度は見るべき映画。冒頭からピントが合ってないような独特の映像が続きサウルに焦点が合うことで見てる側もサウルとともに映像の中で体験してるかのように。あれは本当に息子だったんだろうか。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『サウルの息子』独特のカメラワークが死体処理をさせられているひとりのゾンダーコマンドの息遣いを伝えてくる。次々と衣類を脱ぐ裸の人々。工場作業のように繰り広げられる殺戮。息子の遺体とあるが本当に息子なのかを含め、あの表情が印象に残る。
    いいね

    良い
  • bintang1999
    『サウルの息子』ホロコーストの映画は何本も観ているが、ゾンダーコマンドという存在はこの映画で初めて知った。希望を未来に託すことに命を全うするコマンド達と少年に固執するサウルは、形は違えど同じなのだとラストの笑顔を見て思った
    いいね

    良い
  • aosagi0805
    「サウルの息子」ピンがあってない。常識破りの映像は、もはや心神耗弱状態の主人公の目線。ぼやけた映像によって観る者の心に刻み付けられる恐怖と狂気はただただ鮮明で。すごい映画でした。アウシュビッツの目撃者になったようでした。★★★★★
    いいね

    良い
  • 146ken0101
    『サウルの息子』少なくとも自分史上かつてないホロコースト最前線映画。ただ生き延びようとするだけなら人間以外の他の生物でもする。だが我々は人間だ。人間の尊厳を微力ながら果たそうする1人の人間の物語。1人の人間ができることは限定される。
    いいね

    良い
  • tomomaihiro
    『サウルの息子』強烈で、息苦しさを映像で表現しきっていると感じ、出色の出来だと思う。もう今年のナンバーワンは決定してる。エンタとして見に行くと重過ぎるだろうが。
    いいね

    良い
  • nmhshn
    『サウルの息子』後味悪い。でもあんなリアリティを出せてる首謀者すばらしい。最後の子供への笑みが泣かせた。
    いいね

    普通
  • hinamyon
    『サウルの息子』ゾンダーコマンド視点のホロコースト。防衛本能で狭くなった視界を表す画角が息苦しく、見えない分音の恐怖が増す。地獄を閉じ込めたような映画だった。生より人間性に執着したサウルが最後に向けた視点は…。息子とは何を表すのか。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    besi_sake
    1551movies / tweets
    advertisement

    follow us