TOP >作品データベース >ヒトラーの忘れもの

ヒトラーの忘れもの

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    49
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
1,570
ポジティブ指数97
公開日
2016/12/17
原題
Under sandet
配給
キノフィルムズ
上映時間
101分
解説/あらすじ
終戦直後のデンマークを舞台に、地雷撤去を強制される敗残ドイツ軍の少年兵たちの過酷な運命を、史実に基づいて描いた。第2次世界大戦後、デンマークの海岸沿いに残された無数の地雷を撤去するため、元ナチス...
(C)2015 NORDISK FILM PRODUCTION A/S & AMUSEMENT PARK FILM GMBH & ZDF
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • holly_nonny
    『ヒトラーの忘れもの』① 2017年に初めて劇場で鑑賞した作品。突きつけられているテーマは深くて重い。開始から命がけで地雷を撤去する練習しているドイツの少年兵の姿を直視できなかったりもしました。それほどの緊張感と緊迫感がこの映画にはあります。帰国だけを夢見て撤去に励む少年達と、
    いいね

    良い
  • amamikfully2003
    『ヒトラーの忘れもの』公式サイトに歴史的背景について書かれてある→ http://hitler-wasuremono.jp/about.html 戦争が残したものは今も地雷のように各地に埋まっていて、それぞれに向き合っていかねばならないのだと。
    いいね

    良い
  • amamikfully2003
    『ヒトラーの忘れもの』KBCシネマ。舞台は終戦直後のデンマーク。海岸に残された無数の地雷撤去のため集められた元ナチス・ドイツの少年兵達の姿を描く。史実に基づいた話。いつ爆発するかわからない緊張感とその残酷さ。監視役のデンマーク人軍曹の葛藤がなければ、最後まで見ていられなかったかも
    いいね

    良い
  • TokyoDeafActor
    『ヒトラーの忘れもの』絶望とため息 戦争の場面無し それでも恐ろしい 戦争は無意味だと教えてくれた名作 少年たちの熱演にも注目してほしい 鬼のような軍曹?の人間性に涙 聾芸人の感想でした おすすめ
    いいね

    良い
  • cream_puff_man
    『ヒトラーの忘れもの』少年たちの身に降りかかる出来事が辛いという言葉だけで済まされないと感じるが同時にだからこそ知らないといけないんだろうなとも。ラストは観客の想像に委ねる感じだが個人的に希望を感じた。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『ヒトラーの忘れもの』一瞬たりとも目が離せない息を飲む緊張感と起こってしまう状況に対する悲しさ。それが今なお世界のどこかで存在しているという現実に人間の行動の身勝手さを覚える。自分達が撒いたものを自分達で片付けろ、それもまた道理
    いいね

    良い
  • Au0223
    『ヒトラーの忘れもの』地雷がいつ爆発するか分かんない緊張感が心臓に悪い映画でした。。軍曹は別に鬼軍曹じゃなくて非常に人間味溢れるおじさんだったので、鑑賞ストレスは思ったより低かった。
    いいね

    良い
  • akeake10
    『ヒトラーの忘れもの』ナチスがデンマークに落とした多数の地雷をドイツの少年兵に撤去させたという史実に基づく話。ナチを憎む軍曹と素人同然の少年兵の関係の変化に泣きました。海岸線の美しさの中に、息苦しさと怒りと人間の良心を感じる超傑作。
    いいね

    良い
  • G31IC
    映画『ヒトラーの忘れもの』を鑑賞。静寂と爆発音が劇場を包みこむ。組織が個人の関係を蹴散らしてしまう。R・ショー似の軍曹の心の変化がそれを示している。サッカーをして遊ぶ姿が国境を超えた共通語になり、感動的!原題はそう云う意味かな?。
    いいね

    良い
  • GD_momoco
    『ヒトラーの忘れもの』美しい砂浜に地雷、少年や軍曹達の心に埋まっている希望と、比較するに値しないもの同士ではあるが、どうしても考えずにいられない。緊張感の中に見えた埋まったものが現れたかのようなあの一瞬のシーンが未だに離れない。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ヒトラーの忘れもの』爆発がサイレントになるシーンがあって、そういう演出効果も良く出来ている。双子の兄が爆発で死んでしまった後とか、デンマークの軍曹の心情とか。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ヒトラーの忘れもの』実話に基づいた映画だがよく出来ている。デンマークの海岸に残された地雷撤去を命じられるドイツの少年兵。ハラハラ・ドキドキなのは未熟な少年兵が地雷除去をし、いつ爆発するかわからない悲劇。最初は突然爆発させて、その後は徐々に物語に組み込んでいく爆発シーン。
    いいね

    良い
  • nogik_desu
    『ヒトラーの忘れもの』毒とか皮肉系ではなく極めてストレートに戦争の悲痛さを訴える。美しい白浜の海辺に埋められた地雷を除去するのがドイツ少年捕虜という、そぐわなさが衝撃的で目が離せない。嘘くさくない丁寧な描写でグッと心に入り込む。
    いいね

    良い
  • haripote40
    『ヒトラーの忘れもの』海岸の美しい風景とこの邦題からは、ドイツ少年兵たちの過酷な日常は想像しにくい。彼らや地雷を「忘れもの」とは…内容とあまりにかけ離れた印象の邦題が残念過ぎる。全編、緊張感張り詰めた作品。 #映画
    いいね

    良い
  • haripote40
    『ヒトラーの忘れもの』ナチスが敷設した地雷撤去を命じられたのは、残されたドイツの少年兵たち。戦時中のナチスへの恨みが少年達に向けられ、過酷な任務に。監視役の軍曹との関係が変化していく行は感動的ではあるが、彼らの結末は悲しい #映画
    いいね

    良い
  • 370sana
    『ヒトラーの忘れもの』鑑賞。戦後、ドイツ敗残兵に地雷処理をさせる。致死率は高いが彼ら敗残少年兵の命は軽い。指揮する軍曹も最初は彼らを憎きドイツとしか認識していなかったが、個人的な関わりを持つと憎むことができなくなる。少年兵の希望が消えかけた目、軍曹の揺れる眼差しが切ない。#映画
    いいね

    良い
  • mim_3_
    『ヒトラーの忘れもの』映画祭で冒頭20分位逃してて再度。美しい海岸で行われる地雷撤去シーンはかなりの緊張感。祖国に帰れるかもわからず危険極まりない任務をやらざるを得ない少年たちの泣きそうな顔にこっちも心が痛くなる。人を人とも扱わない鬼軍曹のたまに見せる人間らしさがこれまたね…
    いいね

    良い
  • frenchbluee
    『ヒトラーの忘れもの』原題Land of Mineの通り第二次大戦で敷設された地雷除去に駆り出される少年兵達の物語。 戦争物は幾多も制作されているけれど、この史実は知らなかった。戦闘シーンが一切登場しなくても、緊張感が終始続く。
    いいね

    良い
  • amgswb2013
    『ヒトラーの忘れもの』観賞 これは凄い…正真正銘の大傑作 国の罪を背負わされた子供達が憎しみと地雷で染められた真っ白な砂浜で見る地獄 何故戦争で虐げられるのはいつも弱き者達なのか 国と言う概念が心底恐ろしいと感じた
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『ヒトラーの忘れもの』戦争が終わっても独少年兵の悪夢は終わらない。大人が仕掛けた戦争の尻拭いを背負わされる不条理さに怒りを覚える。地雷処理も満足に知らない子供たちと軍曹との緊迫する関係が次第に変化を見せる所に希望を感じる。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    more info
    coco 映画レビュアー
    kodaken
    1896movies / tweets
    advertisement

    follow us