TOP >作品データベース >スティーブ・ジョブズ

スティーブ・ジョブズ

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
67%
  • 良い
    97
  • 普通
    34
  • 残念
    4
総ツイート数
378
ポジティブ指数96
公開日
2016/2/12
原題
Steve Jobs
配給
東宝東和
上映時間
122分
解説/あらすじ
「スラムドッグ$ミリオネア」のオスカー監督ダニー・ボイルが、アップル社の共同設立者スティーブ・ジョブズの生き様を描いた伝記ドラマ。ジョブズ本人や家族、関係者へのインタビューを中心に執筆された伝記...
(C)Universal Pictures
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • Movie_oftheDead
    『スティーブ・ジョブズ』ジョブズと公私で関わりのある人物を、彼の転機となる3つの製品発表会と絡ませ、その対応の様子で彼の人物像を浮かび上がらせていくという構成はなかなか見事。ただ、それが彼に興味のある層以外にも届くかどうかは微妙かな
    いいね

    普通
  • lonegothdog
    『スティーブ・ジョブズ』WOWOWで再鑑賞。3つのプレゼンの舞台裏で展開するメロドラマ。ジョブズの人間性とそれが時代を経て変化する様を質感異なる映像でスタイリッシュに魅せる。3幕目でいよいよ顕わになる、娘への歪だが切実な愛に涙。秀作
    いいね

    良い
  • kenkenj1
    『スティーブ・ジョブズ』ジュンスカリーとの口論は本当っぽいけど、ガイカワサキの記事は本当かなー?。マイケルファスベンダーはあまりスティーブに見えないけど、ウォズとの口論シーンはちょっと衝撃。ケイトウィンスレットとの掛け合いは見事。
    いいね

    普通
  • WaseiG
    『スティーブ・ジョブズ』鑑賞。彼の強烈なパーソナリティが輝くと同時に、あまり語られることのなかった暗部も深い。きっと切り離せるものではないのだろう。明暗とも描けると良かったのだけど、光の部分は周知の事実だと判断したのかな。その不完全さ、今は気にならないけど将来はどうなるのかなぁ。
    いいね

    普通
  • maru_a_gogo
    『スティーブ・ジョブズ』正直スティーブジョブズにそんなに興味がないので、様々なエピソードを見ても、なるほどね〜という感じなのだが、なかなか大変な人だったのねいろんな意味で。まぁでもおもしろかった。主演2人の演技が素晴らしかった👍
    いいね

    良い
  • ryoma_in1997
    『スティーブ・ジョブズ』ジョブズの必殺技「プレゼン」をあえて排除し「人間」としてのジョブズの裏側を掘り下げた会話劇。演出も非常に秀悦で途中の屋上のシーンは非常にカタルシスがある。 #映画 #movie #映画レビュー
    いいね

    良い
  • renn6161
    『スティーブ・ジョブズ』主演2人がオスカーノミネートは当然だろう。ほぼプレゼン直前の会場控室、回想のガレージの中の会話劇だが、ダニー・ボイルの演出は知性と抑えが効いて魅力的だ。ジョブズ自身の苦悩と天才ゆえのすっ飛び方に唸った。
    いいね

    良い
  • Hanashi_Sagashi
    『スティーブ・ジョブズ』周辺人物・社史をある程度知ってる事前提の作りだけど、“お父さん、あなたちょっと問題ありますよ!”もの、という側面も持ち合わせていて、嫌いになれない… 宇宙家族ジェットソンのおもちゃオーブン、画像検索してワロタ
    いいね

    良い
  • sackboy_mac
    『スティーブ・ジョブズ』ダニー・ボイル版を鑑賞。公開中に劇場で観たかったけど見逃したやつ。ジョブズの独裁的な部分を存分に楽しめたw 重要な3つの製品の発表会の裏舞台の三部構成と回想のはさみ方は流石でした。父としてのジョブズは新鮮。
    いいね

    良い
  • Inji
    ボイル版『スティーブ・ジョブズ』観た。機関銃の撃ち合いみたいなブン殴り会話劇、その中の短いひとことでガクンと世界が変わるのが鮮烈。「人間」ジョブズが暴かれる瞬間、最良だった時間、変革の一歩目。自分の観ていたものが一変する衝撃がある。
    いいね

    良い
  • virtualmikan2
    『スティーブ・ジョブズ』201603xx@出張中の機内で見た
    いいね

    普通
  • jgsdf1954
    『スティーブ・ジョブズ』2013年版の伝記映画より遥かに面白い。流石ダニーボイルって感じです。彼が成し得たことというよりは父親としての彼の人となりを三部構成で描いています。「ポケットに1000曲入れてやろう」は鳥肌が立ちました。
    いいね

    良い
  • ponchansss
    『スティーブ・ジョブズ』自宅鑑賞。三世代の新作発表会で、その時間の流れが巧い。製作に関することというより、ジョブズの人として親としての姿がメイン。外見というより、こんな人だったかもと思わせるマイケルの演技が素晴らしい。
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『スティーブ・ジョブズ』3つの製品発表会直前の舞台裏にいろいろな人がジョブズを訪ねてくるという、なかなかにとんがった形式でジョブズの人となりを浮き彫りにする。父親としてのジョブズに焦点が当てられているのが意外だった。
    いいね

    良い
  • masa_0m
    『スティーブ・ジョブズ』ウォルターアイザックソンの本も読んだけど映画も素晴らしかった 原作より家族に焦点が当たっているかな 現実歪曲空間が映像だと分かりやすい いかに言葉を使えるか。実力よりそちらの方が大切かも?と思ってしまう
    いいね

    良い
  • ZEROtatsuya
    『スティーブ・ジョブズ』三種類の代表的な製品の舞台裏の模様から、スティーブ・ジョブズの人間性を掘り下げたようなある種の伝記映画だが、見たいのはソコではないし、特に何も思わない。1800円満点で800円。
    いいね

    普通
  • ohtk4i
    『スティーブ・ジョブズ』/ジョブズの転機となった3つの製品発表会の舞台裏のみが描かれるが、印象に残るのはカリスマの顔よりも父の顔というのが新鮮。ただ、Appleの歴史やジョブズの偉業について、ある程度の知識が無いと厳しいように思う。
    いいね

    良い
  • birdmtbird
    『スティーブ・ジョブズ』マイケル・ファスベンダーをジョブズにして、1984年のMacintosh、1988年のNeXT Cub、1998年のiMacの新作発表会の舞台裏だけにスポットを当てた作品で会話劇。面白い構成だとは思うけど…
    いいね

    普通
  • kinesiology18
    『スティーブ・ジョブズ』3つの勝負。最初は彼の異常な統率性?自分色を押し通していく模様が描かれ、後半は彼が成長していく、周りの人と交わっていく様子が描かれててgood!単調なシーンはなく飽きさせない。他のジョブス映画も気になる所。
    いいね

    良い
  • masurrey
    『スティーブ・ジョブズ』難しい
    いいね

    普通
    もっと見る Loading...