TOP >作品データベース >未来を花束にして

未来を花束にして

みんなの感想/評価
「未来を花束にして」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
67%
  • 良い
    38
  • 普通
    13
  • 残念
    3
総ツイート数
2,126
ポジティブ指数87
公開日
2017/1/27
原題
Suffragette
配給
ロングライド
上映時間
106分
解説/あらすじ
実話をもとに、1910年代のイギリスで参政権を求めた女性たちの姿をキャリー・マリガン主演で描いたヒューマンドラマ。1912年、イギリス・ロンドン。洗濯工場で働く24歳のモードは、同僚の夫と幼い息...
(C)Pathe Productions Limited, Channel Four Television Corporation and The British Film Institute 2015. All rights reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • Au0223
    『未来を花束にして』女性たちの運動の過激さを受け入れられるかどうかで評価が変わってきそうな印象(ぶっちゃけテロみたいなもんなので) でもその背景にあるのは女工哀史そのもので、これを経て今があるのだと思うと何とも悲しい気持ちに。
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『未来を花束にして』月並みだけど、彼女達の歴史の上に私は居る。人が人で居られる事をかみしめる。秩序とは人間相互を理解補完しあう上に成り立つもの。何かを踏み台にしてあるのではない。洗濯女もその亭主も刑事も、ホントはそう思ってる。
    いいね

    良い
  • flowermurmur
    『未来を花束にして』 100年前のイギリスで、女性参政権を得るために闘った実在の人たちのお話。なんでどこの国でも女性は蔑まされていたのだろうか。未だに参政権のない国だってある。男の何が優れているっていうのさ。メリル・ストリープが超ちょい役。そして久しぶりに映画館で寝た…。
    いいね

    良い
  • masaji0101
    『未来を花束にして』角川シネマ新宿。女性の参政権を得るための闘いを描いた、史実に基づくお話し。辛い生い立ちに疑問を持たず生きてきた女性が、闘いに巻込まれ、次第に自立し闘う女性に変わって行く様をC・マリガンが好演。成る程〜でした。
    いいね

    良い
  • shignak
    映画】未来を花束にしてみてた。○。Suffragettesの話。何か描きたかったのか。殺さずなのに、ならばだし、感情移入なら終わり方が、だし。そういう歴史があったというお勉強にはなったが。あと、旦那は手を上げていなかったよね。
    いいね

    普通
  • f_w_r_k
    『未来を花束にして』at109シネマズGM こんな邦題付けると観客動員数見込めないお手本だと思う 原題の『サフラジェット』を初めて知った 男尊女卑、女性参政権を得る過程で女の敵は男だけじゃなく女もいることを思い知らされる
    いいね

    良い
  • Otta_ato
    『未来を花束にして』男まさりというでもなく、かといって決してメソメソはしない女性たちが持つ、参政権を得るという強い信念。打たれても打たれても、当然の事と立ち上がり、生活し続ける。奥歯を噛みしめて見ていました。
    いいね

    普通
  • chikap11
    『未来を花束にして』女性が虐げられていた時代に参政権を得るには、ここまで命をかける必要があったのだと苦しくツラい気持ちになる。こうした闘いがあって今があるんだ。今なお女性の立場が弱い国や地域もある。人間の半分は女性、が印象的。
    いいね

    良い
  • birdmtbird
    『未来を花束にして』命まで投げ出してって…、女性の勇気が、恐ろしく、哀しく、切なくて、胸が痛くなる。今、当たり前のようにある選挙権や女性の権利は当たり前ではなく、こういう犠牲の元にあるってことを改めて噛みしめて、感謝しなきゃいけない
    いいね

    普通
  • frodopyon
    <未来を花束にして>ベン・ウィショーが封建的なDV夫の役なの!?と予告編を観てドキドキしていたら、もっさり口髭の世間体を気にする男ではあったけど、キレたキャリーに殴られてて安心した(おい)。あ、作品のテーマは女性の参政権運動っすv
    いいね

    良い
  • nagasumi_hasi20
    『未来を花束にして』女性参政権を得るための女たちの戦いは幾分過激なのと、キャリー・マリガンが可愛くてか細すぎてちょっと似合わないかな… そうだったのか。フムフムで終わった内容。
    いいね

    普通
  • ara_shinya
    『未来を花束にして』鑑賞。なんだか「ゆるふわ」な邦題と宣伝をしているけど内容はわりとハード。ここで描かれる闘争はなかなかに過激なのだが、そこに至運動が描かれていないので何か凄い過激派の話みたいに感じてしまうのがちょっと気になった。
    いいね

    良い
  • 0265sky
    『未来を花束にして』 それにしても、キャリーがどんどん素晴らしくなる。子供とのシーンを、現実の彼女と重ねてみると温かく微笑ましい。 細部に渡り、しっかりと作り込まれた作品。
    いいね

    普通
  • 0265sky
    『未来を花束にして』邦題のセンスの無さに驚愕。 このタイトルで観に行くと全く違う印象。事実に基づいた話をリアルに描くとこうなるのかな。キャリーは勿論のこと、周りのキャストも良く、見応えあり。権利を訴えるための方法を考えさせられる。
    いいね

    普通
  • kmrks
    『未来を花束にして』(Suffragette)鑑賞。017 Gay rightsを主張する映画と同じ感想。権利を確立した先人には頭がさがるけど共感はナシ。 #eiga
    いいね

    良い
  • tb_polkadots
    『未来を花束にして』‪‪鑑賞。参政権を求め戦う女性達の勇気や行動力に感銘を受けた。100年前の名もなき女性達の果たした役割の大きさ。C・マリガンが強い意志を持った女性に変わって行く様が良かった。#eiga
    いいね

    良い
  • 21hkrtkd
    『未来を花束にして』鑑賞。1912年、英国での女性参政権獲得の為の闘争を、巻き込まれ次第に自ら闘う一人の女性の目を通して描く。私達が当たり前と思っている参政権にはこんな女性達の犠牲の上に成り立っているのかと心にズシっと響く。
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『未来を花束にして』@TOHOシャンテ|女性参政権がないということは社会での発言権がなく、搾取や暴力に屈しなければならなかった女性の歴史。イギリスは1918年(制限的)、日本は遅れること1945年、女性参政権獲得。勉強になりました。
    いいね

    普通
  • Jasmine_HKG
    『未来を花束にして』破壊行為という訴え方は共感できないが、それが虐げられ続けてきた女性たちの積もり積もった感情の現れでもあったのだろう。参政権運動の前進に繋がる山場の緊迫感が希薄なのがもったいない。柔らか過ぎる邦題にも不足感。
    いいね

    普通
  • akafundosi
    『未来を花束にして』@ 109箕面観。その「権利」は我が子と引き換えにする程の事だったのか?私自分が生まれた時から「有った」当たり前のそれを獲得するまでの女性の闘いがこれ程までに凄まじいものだったとは!?諦めない女性達の繋ぐ使命感。題名の邦題が意味する幕。女優陣の素晴らしさ!
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    kodaken
    1876movies / tweets
    advertisement

    follow us