TOP >作品データベース >未来を花束にして

未来を花束にして

みんなの感想/評価
「未来を花束にして」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
70%
  • 良い
    57
  • 普通
    16
  • 残念
    3
総ツイート数
2,463
ポジティブ指数86
公開日
2017/1/27
原題
Suffragette
配給
ロングライド
上映時間
106分
解説/あらすじ
実話をもとに、1910年代のイギリスで参政権を求めた女性たちの姿をキャリー・マリガン主演で描いたヒューマンドラマ。1912年、イギリス・ロンドン。洗濯工場で働く24歳のモードは、同僚の夫と幼い息...
(C)Pathe Productions Limited, Channel Four Television Corporation and The British Film Institute 2015. All rights reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • bintang1999
    『未来を花束にして』1910年英国女性参政権運動の話。男が自由のために戦っていた時でさえ女の権利は黙殺され、自分の産んだ子供の親権さえ認められてなかった女性のあまりの不自由さに涙出た。この役は女優冥利に尽きるんじゃないかな
    いいね

    良い
  • adzukiaddict
    『未来を花束にして』メリル・ストリープはゲスト出演?素敵な女優さんが何人も出ていたのに、いまひとつ活かされていなかったような。誰か一人に焦点を絞ったほうがよかったのかも。
    いいね

    普通
  • intheair2
    『未来を花束にして』#movie イギリスにおける女性参政権闘争のお話でした。キャリーマリガンちゃんが可愛いくて最高なんですが、このタイトル。来年言えって言われても絶対覚えてません。
    いいね

    良い
  • polalain
    『未来を花束にして』ベン!(笑)女性のたくましさ、 それぞれの物語にひきつけられる。マリガンは好演。 それにしても、邦題ってなんとかならないものかな。。
    いいね

    良い
  • mattsuanko
    『未来を花束にして』#movie 今では当たり前以前の問題の女性参政権がつい最近まで強硬に拒否されていた事実にびっくり😄
    いいね

    良い
  • 624ken
    飯田橋ギンレイホールで『未来を花束にして』を鑑賞。1910年代のイギリスの女性参政権運動の話。女性の参政権取得って最近のことなんだね。過激な運動もあったけど、ここまでしないと変わらないんだね。キャリー・マリガンさんよかった。
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『未来を花束にして』見逃しアンコール上映ありがたい。今戦うことによって、自分の人生を変えるには遅いかも知れない。だけどいまの子供たちの将来には道が開けるかもしれない。権利を勝ち取るのは未来のため。キャリーマリガンはいいよね……大好き
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <未来を花束にして>この作品の予告編を観て、『ベン.ウィショーが、封建的なDV夫役!?』と、ドキドキしてたら、http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2326772&id=82755973
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『未来を花束にして』女性の参政権やら権利を主張し勝ち取っていく姿だが、今の世の中にとっては複雑な行動になるけど、実力行使もままならないテロ的行動も、それはそれで訴える手段となるが、彼女達の勇気と行動力は当時にとって相当なもの
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『未来を花束にして』女性の参政権やら権利を主張し勝ち取っていく姿だが、今の世の中にとっては複雑な行動になるけど、実力行使もままならないテロ的行動も、それはそれで訴える手段となるわけだが、彼女達の勇気と行動力は当時にとって相当なもの
    いいね

    良い
  • sweetest___kill
    『未来を花束にして』ぶつぶつ言ってしまいましたが、心の底から女性の皆さんに本当に観て欲しい!それくらい想いが込められた作品だったと個人的には思いました。
    いいね

    良い
  • sweetest___kill
    『未来を花束にして』邦題は、やはり原題のままであるべきだったと思うし、女性の観客を呼びたいが為に変えたのであれば、それはこの作品の本質を理解していないとしか思えない。シンボルカラーが背景のビジュアルも、変えてしまっては意味がない。
    いいね

    良い
  • sweetest___kill
    『未来を花束にして』観ている間、本当に何度も涙が出そうになった。彼女たちが必死に獲得した権利、その重さを私たちは理解しているだろうか、彼女たちが夢見た世界に、近づいているのだろうか?と問わずにはいられない。
    いいね

    良い
  • sweetest___kill
    『未来を花束にして』現代の私たちが当然のように行使している権利は、こうした名もなき女性たちの努力や犠牲の末に獲得されたもの。テロ的な手段は、耳を傾けない者に声を届けるにはこれしかないのだろうと納得してしまった。
    いいね

    良い
  • hanuman84
    『未来を花束にして』 滑り込み鑑賞 覚悟してはいたけどキツかった… 全くもって過去のことではなく地続きだからなんだろうけど。こんな邦題になっている事がまさしく、なんだよなあ…
    いいね

    良い
  • araoji
    『未来を花束にして』を観る。 女性参政権の歴史を題材にした物語。 今の世界を作った名も無き人達の事なのだ。 世の中を良くする為に、選挙に行こう!!
    いいね

    良い
  • yasuyukikono
    『未来を花束にして』キャリー・マリガンを観に行ってその部分には満足したが,実話ベースでしょうがないんだけど映画的高揚感はあまりない.教育TVの番組を観た感じというか…
    いいね

    普通
  • amamikfully2003
    『未来を花束にして』バイオレットの娘の身に起きていることを、モードはバイオレットには伝えず、娘を救い出そうとする。劇中モードも娘も口にはしなかったその苦しみが、映像や言葉で描かれた暴力以上に心に残った。結局モードはバイオレットには話さなかったみたいだけど、それで良かった・・のかな
    いいね

    良い
  • amamikfully2003
    『未来を花束にして』KBCシネマ。1910年代のイギリスを舞台に、参政権を求め闘った女性たちの姿を描く。幼い頃から洗濯工場で働き、劣悪な環境をただ受け入れて生きてきた平凡な女性が変わっていく姿を、C・マリガンが好演。運動を通して浮かび上がる女性たちのそれぞれの物語に胸が詰まる。
    いいね

    良い
  • kyoku_shin
    『未来を花束にして』★★★★★★☆☆☆☆・・・良作
    いいね

    普通
    もっと見る Loading...