TOP >作品データベース >ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
73%
  • 良い
    40
  • 普通
    13
  • 残念
    1
総ツイート数
72
ポジティブ指数97
公開日
2016/10/7
原題
Genius
配給
ロングライド
上映時間
104分
解説/あらすじ
コリン・ファースとジュード・ロウの主演で、1920年代にアメリカ文学の名作を数多く手がけた実在の編集者と37歳で生涯を閉じた小説家の人生と友情を描く。アーネスト・ヘミングウェイら世界的な作家を見...
(C)Genius Film Productions Limited 2015
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • 85053bbec6d2417
    『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』立場も人間的にも対極な2人の情熱とプロフェッショナルなやり取りに高揚し、育まれる友情は言葉にならない程切ない。マックスの台詞はどれも深く印象に残る。「人は成長しいつか去る」N.Yの陰影も◎
    いいね

    良い
  • gk21nika
    17088『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』1920年代のアメリカ、ニューヨーク!ゴットファーザーや、アンタッチャブルのエリオット・ネス、アル・カポネの時代!素晴らしすぎる!ロウもファースもむっちゃ男前過ぎてトリハダ^o^
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ(4)>ララランドでセブがジャズを語る場面にデジャヴってたのは、この作品のトムが重なっていたんだと思い出す。ジャズのように流麗な&遊びの多い文章が特徴のトマスから届いた手紙の簡潔さが胸を打つ。
    いいね

    良い
  • showgrandpa
    ウルフが浮浪者向けの食事配給の列を眺めながら「こういう人たちのために作品を書いているのに、あの人達には届いていない」と嘆くシーンがあって、実際貧困や暴力に苦しんでいる人たちはそんな文学や芸術に触れる余裕なんかありゃしないんだ『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』
    いいね

    普通
  • 624ken
    飯田橋ギンレイホールで『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』を鑑賞。作家と編集者が初めて会うシーンや一緒に編集のバトルをしているところなんか、最高によかったです。作家と編集者の関係が濃厚だったな。おもしろかったです。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ>米国の話だけど、かなり英国の雰囲気が  http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2326772&id=81501683
    いいね

    良い
  • shignak
    映画】ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐみてた。◎。作家WolfeとパトロンBernsteinと編集者Perkinsの関係を軸に描かれるドラマ。Law、Kidman、Firthが好演していた。時代の描写と帽子の使い方がよかった。
    いいね

    良い
  • hanuman84
    『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』 しかし、パーキンズさんはかなりの大物編集者でしたのね。ウルフとか読んだ事がないから自分の無知がね… ヘミングウェイとかフィッツジェラルドとかミッドナイト・イン・パリを思い出しましたわ。
    いいね

    良い
  • hanuman84
    『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』 ブロマンスと言うよりはやっぱり親子の様な関係にも見えるけどニコールの嫉妬全開で‘ええ!そういう関係⁈’となるのでその辺は描写が唐突で置いていかれる感があったわ。
    いいね

    良い
  • movielong
    『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ-GENIUS-』を観てきました。ネタバレ少なめ。 http://movielong.blogspot.jp/2016/11/genius.html
    いいね

    普通
  • faaaaraway
    『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』★★★☆☆
    いいね

    普通
  • d_hinata
    『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』@角川シネマ新宿♪なんかTwitterで感想書いてる時の自信のなさからくる補足したい衝動と良い映画で140字に収まらずに泣く泣く削る作業とがダブっちゃってね、、妙に面白くて苦しかった(>_<)
    いいね

    良い
  • Limawano55
    ベストセラー編集者パーキンズ略 削除せよ、から始まる格闘葛藤。学んでゆく喜びの若手作家を見て胸がいっぱいになる。みな何処か狂気ありそれでこそ彼らにしかできない物が生まれる。成功も辛いと知る。運ばれた病院が、というくだりでまた泣けた
    いいね

    良い
  • Limawano55
    ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ・地味で大人しい作品だけど私には良かった。凄い編集者だ。作家を発掘し世に出す。天才作家と、その全てにとことんつきあう編集者。と、その家族でもあった。作家にはパトロンの愛人。息詰まるよ、切ないし
    いいね

    良い
  • hamhamhongkong
    『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』キャストで選んだ作品です。この作品で、トマス・ウルフという作家の事を知りました。私の中の探究心全開で鑑賞、最後まで飽きずに楽しめた作品です。
    いいね

    良い
  • Mochina1984
    『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』大不況下の米国で伝説的な名編集者マックスと米国文学で有数の天才作家トマス・ウルフの交流を描いた伝記的映画なのはよく分かったが、冒頭の意味不明な描写とかコリンの英国訛りとかノレない要素だらけ。
    いいね

    普通
  • aoyadokari
    『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』愛人のアリーン役のニコール・キッドマンは良かった。フィッツジェラルドはもうちょっといい男でも良かった。ヘミングウェイは小粒だったな。フィシングは大物を釣っていたが。
    いいね

    普通
  • aoyadokari
    『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』トマス・ウルフが日本では知名度もなく著作も絶版状態だからちょっと感じ方が違うのか。ウィキではフォークナーがリスペクトしているほどの作家だ。映画ではフィッツジェラルドを邪険にするとか世話になった恋人を売れると捨てるとか嫌なファザコン男だった。
    いいね

    普通
  • aoyadokari
    『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』ハリウッド映画は編集がものを言うみたいな「ベストセラー作家の作り方」のような、原題はGENIUS(天才)よりも邦題の方がわかりやすい。題名も大切だと映画の中で言っていたのに。トマス・ウルフが天才ということなのか?でも嫌な作家だったよな。
    いいね

    普通
  • TaulNcCar
    『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』鑑賞。1920~30年代のNY、天才作家と名編集者との絆。小説をより良くするやりとりや苦労するフィッツジェラルド登場も興味深い。C・ファースの抑えた演技での説得力。全体に知的で端正だがややエピソード集のような感じも。英国臭はノイズだった。
    いいね

    普通
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    kodaken
    1923movies / tweets
    advertisement

    follow us