TOP >作品データベース >帰ってきたヒトラー

帰ってきたヒトラー

みんなの感想/評価
「帰ってきたヒトラー」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
80%
  • 良い
    120
  • 普通
    24
  • 残念
    3
総ツイート数
25,170
ポジティブ指数94
公開日
2016/6/17
原題
Er ist wieder da
配給
ギャガ
上映時間
116分
解説/あらすじ
ヒトラーが現代によみがえり、モノマネ芸人として大スターになるというドイツのベストセラー小説を映画化。服装も顔もヒトラーにそっくりの男がリストラされたテレビマンによって見出され、テレビに出演させら...
(C)2015 Mythos Film Produktions GmbH & Co. KG Constantin Film Pro duktion GmbH Claussen & Wobke & Putz Filmproduktion GmbH
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • kazu_play
    『帰ってきたヒトラー』原作の方が面白いけど、映画は映画でスパイスとしてはいいかも。
    いいね

    普通
  • komagome_kubo
    『帰ってきたヒトラー』DVDで鑑賞 ドキュメンタリーかと思うような作りに惹かれた。 この映画が警告で終わるのか、現実になるのか興味深い。 最後まで夢中になって見れました。
    いいね

    良い
  • sawayanagi0250
    『帰ってきたヒトラー』すっごく面白いんだけど、笑えないエンディング。フィクション、ノンフィクション、コメディ、ある種のホラーが入った強烈な作品でした。これ原作者も映画作った人もすごいな、、
    いいね

    良い
  • primopiatto
    『帰ってきたヒトラー』現在にタイムスリップしたヒトラーが超高速で大戦以降の情報を吸収。TVで演説をうてば大ウケ。自分も大笑いしていたが「世界が奈落に向かっている」という台詞が現実に当てはまり戦慄を覚えた。痛烈なブラックコメディです。
    いいね

    良い
  • jgsdf1954
    マスッチが総統閣下の格好してドイツ人の不満を聞くドキュメンタリーシーンがあるんですが総統閣下に嫌悪感抱かないばかりか出るわ出るわ移民への憎悪不満。そらEUから英国は離脱するわトランプは誕生しますわな。NPDでも政権取れそう。笑えん
    いいね

    良い
  • jgsdf1954
    『帰ってきたヒトラー』総統閣下の「私は化物ではない。私を選んだのは民衆だ。」「私は君たちの心の中にいる。」って台詞の後に今の欧州の移民排斥運動の映像流すの秀逸です。70年以上経って私たちは心の何処かで総統閣下を求めているのです。
    いいね

    良い
  • jgsdf1954
    『帰ってきたヒトラー』大傑作。作中随所に風刺が効いていて笑えるところはとことん笑えます。しかしユダヤ人婆さんの「最初はみんな笑っていた」との台詞で戦慄ですね。現代のどことなく1930年代っぽいキナ臭さに警鐘を鳴らす意欲作です。
    いいね

    良い
  • adzukiaddict
    『帰ってきたヒトラー』笑えなかった…。ブラックすぎる。ドキュメンタリー風の画面が見辛かった。
    いいね

    普通
  • piyopopop
    『帰ってきたヒトラー』監督デビッド・ベンド。キャスト オリバー・マスッチ。DVD。コメディーと書いてあるが、そんなにわらえない。しっかり地に足をつけていないと流されちゃうよという怖さ。
    いいね

    普通
  • croaton0
    政治批判などを交えつつ笑いと皮肉と恐怖を段階的に見せていくストーリー演出と展開は「上手い」の一言に尽きる。 狂った世相を正さんとする総統閣下による『マウス・オブ・マッドネス』映画
    いいね

    普通
  • slyuroder
    『帰ってきたヒトラー』原作をどう映画化するのか興味があったが、ドキュメンタリックな構成と、メタ構造の合わせ技で来るとは思わなかった。社会風刺の面から見ても、このご時世ならではのキレ味を感じさせる。
    いいね

    良い
  • vouge0617
    『帰ってきたヒトラー』これをドイツの国民はどう見たんだろう?市民と演者がやってるヒトラーのドキュメンタリーもあり、中々挑戦的というかチャレンジングだなと。笑えたような笑えないような。市民がヒトラーを支持する姿は、なんだか普通に恐かったよー。
    いいね

    普通
  • MondMasa
    67本目。ヒトラーが現代に蘇生。メディアに登場する彼を国民は受け入れ始め… 年末にとんでもないものを観てしまった。ファンタジーと現実の合わせ技で現代社会を風刺した怪作。「私は怪物などではない。選んだのは君たちだ」歴史は繰り返す。
    いいね

    良い
  • maytofive
    『帰ってきたヒトラー』これは相当に辛辣なブラックコメディ。ドイツでこんなことやって大丈夫なの?って戸惑いつつも笑ってしまうのだが、最後は全く笑えない。ゾッとする。米大統領選の後だと尚更。そうだよ、国民は選挙で選んだんだよ、彼を。
    いいね

    良い
  • 370sana
    『帰ってきたヒトラー』鑑賞。原作は既読だが、映像と音声でヒトラーの魅力と凄みを体験できた気がした。映画ならではの良さを実感。 今の時代の空気は彼にお誂え向きで、映画の中でもあったように、最初は笑っていただけのはずなのに、気づいたら彼に世の中を席巻されてしまいそうで怖い。#映画
    いいね

    良い
  • tatsumune
    『帰ってきたヒトラー』こんな映画を日々の生活に放り込まれたドイツ国民は相当ド肝を抜かれたことだろう。視聴者に媚びて自粛で身動きできなくなっている日本のマスメディアへの警鐘。
    いいね

    普通
  • masaji0101
    『帰ってきたヒトラー』下高井戸シネマ。コメディだと思いきや、強烈に風刺が効いてる問題作。様々な社会問題が吹き出ている現代、第2のヒトラーが生まれるかもよ?という警告に思えた。
    いいね

    良い
  • tsuccheee
    73本目『帰ってきたヒトラー』(@tenpara_tw)。ブラックな笑いに包まれながら、一体誰がヒトラーを選択したのか?他でもない自分自身の中にヒトラーが潜んではいまいか?といった鋭い問いが投げかけられる。ドイツの懐の広さを感じる。
    いいね

    良い
  • shignak
    映画】帰ってきたヒトラーみてた。☆。原作は途中まで読んだ記憶がある。一人称のブラックコメディにフェイクドキュメンタリをうまく混ぜている。怪作。嗤った嗤った。後半の「あの総統映画」のパロディは身悶えしていた。あと、沈黙と演説。堪能。
    いいね

    良い
  • melmo_chan
    『帰ってきたヒトラー』 周囲が笑っていてもヒトラーなんで最初はあまり笑えなかった。でも、映画の中に入っていくとハマって大笑いしていました。が、終盤はやはり彼によって酷いことをされた人たちがいるんだと(おばあさんのシーン)思わされた。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    mattsuanko
    1344movies / tweets
    advertisement

    follow us