TOP >作品データベース >たかが世界の終わり

たかが世界の終わり

みんなの感想/評価
「たかが世界の終わり」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
75%
  • 良い
    75
  • 普通
    15
  • 残念
    6
総ツイート数
7,191
ポジティブ指数76
公開日
2017/2/11
原題
Juste la fin du monde
配給
ギャガ
上映時間
99分
解説/あらすじ
「Mommy マミー」「わたしはロランス」などで高い評価を受けるカナダの若手監督グザビエ・ドランが、「エディット・ピアフ 愛の讃歌」のマリオン・コティヤール、「アデル、ブルーは熱い色」のレア・セ...
(C)Shayne Laverdiere, Sons of Manual
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「たかが世界の終わり」死を前にして、死よりも辛い地獄から逃げられたルイは幸せになれたのか。』https://twitter.com/yukigame/status/835348521020612608
    いいね

    良い
  • towa0809
    『たかが世界の終わり』この作品は評価が分かれているようだけど、私はやっぱりグザヴィエ・ロラン好きだな。音楽の使い方が今回も良い。アップの多用で、ギクシャクした家族の関係が胸に迫って来る。多くを語らず、繊細な表情で気持ちを表すギャスパー・ウリエルが良かった。
    いいね

    良い
  • emilytemplecute
    『たかが世界の終わり』好き。ゆっくり進む時間に交差するそれぞれの視線。言いたいけど言えない、わかってるけどいわせてもらえない絶妙な空気感が終盤はトーンを変え、しっかりと消えやることのない家族愛が浮き上がる
    いいね

    良い
  • Au0223
    『たかが世界の終わり』タイトルに惹かれて見たけど、久しぶりに反応に困る話だった(´・ω・`) ぶっちゃけると別に面白くないし、延々と家族原価見せられるだけの話なんで気軽におすすめはできないです。
    いいね

    普通
  • ayanya_candy
    『たかが世界の終わり』続き。ギャスパー・ウリエルのどこか憂いを帯びた雰囲気が格好良かった。ナタリー・バイ演じる母の「愛している。それは誰にも奪えない。」という台詞がとても印象に残りました。そう、気持ちは誰にも奪えない。#映画レビュー
    いいね

    良い
  • ayanya_candy
    『たかが世界の終わり』続き。ギャスパー・ウリエルのどこか憂いを帯びた雰囲気が格好良かった。ナタリー・バイ演じる母の「愛している。それは誰にも奪えない。」という台詞がとても印象に残りました。そう、気持ちは誰にも奪えない。
    いいね

    良い
  • ayanya_candy
    『たかが世界の終わり』ヒューマントラストシネマ有楽町にて。こういう胸にぐっとくるタイトル、大好きです。9割を占める実家付近での映像、これでもかと続く登場人物たちの顔アップのアングル、そこに表れる長年の想い…。#映画レビュー
    いいね

    良い
  • __bunzuiro__
    後半の怒涛の会話劇スゴかった…。引き込まれたな。それぞれの苛立ちと葛藤の様なこのモヤモヤ感が疲れる。でもたまらない。『たかが世界の終わり』#movie #映画
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【たかが世界の終わり】家族は結局のところ、どこまでも"他者"であることを描く厳しい作品。一方で、突然踊り出す母に子ども達が呆れながらも思わず笑みをこぼしてしまう名場面もあり、これもまた紛れもない家族の姿だと感じました。
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『たかが世界の終わり』 お母さんの「理解できないけれど愛してる」の一言が全てなんでしょうね。アップ多用、汗ばんでいる顔と映像でも素直になれない皆の心情が伝わって、心がざわついてならなかった。
    いいね

    良い
  • nogik_desu
    『たかが世界の終わり』家族それぞれのエゴにゲッソリしつつ魅了され、諦めることを悟るルイに共感できる。家族間のネガティブな心理をつついて疲労困憊。顔を見る映画であり、力量もあるが神経と自意識の揺れで心の傷を彫る方法は手詰まりになる。
    いいね

    残念
  • brindledcat
    『たかが世界の終わり』カット割にアップが多くて、圧迫感が半端ない。相関図だけ把握してから鑑賞する事をオススメする。
    いいね

    普通
  • Ishigakorogaru
    『たかが世界の終わり』本編始まって10分くらいしたら化粧品なのか香水なのか甘いチュロスやキャラメルポップコーンを作りながらフリーズを電気ストーブで焦がしたような匂いがして話が追えなかった。
    いいね

    普通
  • misumy3
    『たかが世界の終わり』★★★★☆
    いいね

    良い
  • tomochan2013101
    『たかが世界の終わり』豪華キャスト、監督はグサヴィエドラン。ギャスパーがヴァンサンに怒鳴られてばかりでかわいそうになってしまいました。出演者たち、ギャスパー以外がテンション高すぎたと思うのは私だけかな?!それなりには楽しめました!
    いいね

    普通
  • yopi_yopiyop
    『たかが世界の終わり』ドランもそろそろ、雰囲気を変えて欲しいというのは実際ある。作風は変われど根底にあるものが何か近しいから新しさとかがあまり感じられない。#たかが世界の終わり #映画 #movie
    いいね

    普通
  • fleur_eau
    『たかが世界の終わり』舞台劇の脚色だが、ドランのオリジナルにしか見えない。ほぼ顔のドアップと激しい切り返しの編集で構成され圧迫感が息苦しい家庭事情をよく示す。 暗喩がいかにも舞台劇を思わせる。 …が、そろそろ別のモノを見せて欲しい。
    いいね

    普通
  • aoyadokari
    『たかが世界の終わり』父親が不在なのが何かありそう。家族の中にいられなかった理由があるのだろうけど謎のまま話が続いていく。対話劇の戯曲でシチュエーションを味わう映画。あと音楽と。なんとなくそれっぽい。兄が理解しなかったこと。父親が不在だったこと。その見えない裏側を考えさせる映画。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『たかが世界の終わり』たかが家族の終わりにというような映画だった。ちょっと凝りすぎるような感じがするのはドランだからだろうか?家族を離れていた息子が帰ってきた。なんで離れていた(家出した)のか理由は定かではないが、おしゃれをする母親、話をしたい妹、不機嫌な兄、部外者なのかもの嫂。
    いいね

    良い
  • ikeo0
    『たかが世界の終わり』タイトルの響きが美しいのとチラシのカットやあらすじなどから好みだと感じ鑑賞。最初から最後まで誰にも感情移入できずに終わってしまった。人物のアップのカットが多く映画を見慣れていないと状況把握するのが難しい。
    いいね

    残念
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    ZEROtatsuya
    1406movies / tweets
    advertisement

    follow us