TOP >作品データベース >トレジャー オトナタチの贈り物。

トレジャー オトナタチの贈り物。

みんなの感想/評価
「トレジャー オトナタチの贈り物。」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
54%
  • 良い
    35
  • 普通
    27
  • 残念
    1
総ツイート数
250
ポジティブ指数95
公開日
2016/9/17
原題
Comoara
配給
ファインフィルムズ
上映時間
89分
解説/あらすじ
宝探しの世界に足を踏み入れる男たちをコメディタッチで描き、第68回カンヌ映画祭で「ある視点部門ある才能賞」を受賞したルーマニア映画。ルーマニアのブカレストで、息子と妻の家族3人でつつましい生活を...
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • Pooh_kuru_san
    『トレジャー オトナタチの贈り物。』ゆるく淡々とした構成に〝何か〟を期待して引き込まれていたらその時はやってきた。普遍的な宝物は何物にも変えられない。禅問答のような会話は面白いとはまた違うユーモアに満ち溢れ、鑑賞後も後を引く。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <トレジャー オトナタチの贈り物。>なんだよ、この一瞬の為に全てはあったのかよ!という人を小馬鹿にした作品(笑)。 http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2326772&id=81343219
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『トレジャー オトナタチの贈り物。』正直面白くはないんだけど、こんな映画も必要なんだよってのの典型的なヤツ。それしか言う事ないw
    いいね

    普通
  • v_anilla_n
    『トレジャー オトナタチの贈り物。』予告編から勝手にもっとコミカルな映画かと思っていたのだけど、ずーっと地味でテンション低めでラストまでやっぱり地味だったのだけど、このラストはきっと忘れないだろうな。という映画だった。
    いいね

    普通
  • hanuman84
    『トレジャー オトナタチの贈り物。』 あの奥さんと子供は役者さんの本物の奥さんと子供だったのか!しかも素人とな。 道理でだんなのやる事にそれなりに協力的な割に目が死んでいるのはそういう事だったのか…
    いいね

    良い
  • hanuman84
    『トレジャー オトナタチの贈り物。』 何のオチもなく進んで行くなんとも不思議な映画だった。よく配給されたなあ、流石に公開館少ないけど。 あまりにもオチがないのでこちらの想像力が色々と刺激された作品だったよ。
    いいね

    良い
  • kodaken
    『トレジャー オトナタチの贈り物。』、実話を基にしたゆるいコメディタッチのルーマニア映画。終盤何かどんでん返しでもあるかなと思ったら最後まで驚くほど何の捻りも盛り上がりもない展開はやや物足りない。エンディング曲だけはすごかった。
    いいね

    普通
  • ichiwheat
    【トレジャー オトナタチの贈り物。】宝探しの話に期待される緊張感は最小限に抑えられ寧ろ緩いホッコリ感が勝る。それでも章立ての様な編集が話運びの速度を落とさない妙。特に“どうしてそうなる?”的ユーモアと会話中の笑い要素が魅力。 #映画
    いいね

    良い
  • mim_3_
    『トレジャー オトナタチの贈り物。』そんな頼み事聞くなよ!ってとこから始まるファンタジックな話。疑わず信じることで奇跡が起こる、信じるものは…みたいな話だった。とにかくテンポがスロー、ゆるい、ふんわりした独特のコメディだった。画ヅラはさえないオッサンが占めてるけど夢のある話で良い
    いいね

    良い
  • masa_21
    『トレジャー オトナタチの贈り物。』なんとも淡々と進んで行く物語、そして予想もつかないラスト。想像を越えてますよこれは、カンヌのある視点部門作品。ルーマニア映画は初めてですが、今なお人々の心のどこかに共産主義が生きているんだと感じた
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『トレジャー オトナタチの贈り物。』淡々と続く会話と、ひたすら穴掘りシーン。金属探知機の音くらいで、効果音もなく静か。だけどエンディングの歌がすごい!あれは希望の歌だよね!とりあえず穴掘りの機会があったら、のってみるわ! #映画
    いいね

    良い
  • cooper_cat
    『トレジャー オトナタチの贈り物。』最後が「急」展開に感じるくらい、地味な会話を中心とした話が続く。終始謎の雰囲気のまま緩い笑いが訪れ、素敵なラストに落ち着く。ずっと音楽の無い作品のため最後のあの曲がとにかく効いてくる。凄く好み。
    いいね

    良い
  • kayokom14
    『トレジャー オトナタチの贈り物。』淡々としてるんだけどなんだか後からジワジワ来る。 エンディングにいきなりかかる英語の曲 歌詞をつけてもらった方が後引き率が高そうな気がします何となく。ルーマニアの映画なかなか観られないから嬉しい。
    いいね

    良い
  • kayokom14
    『トレジャー オトナタチの贈り物。』渋い。むしろ地味。音楽ほとんどない会話劇。舞台化できそう。どこまでが実話なんだろ? 出てくる穴掘りおじさん3人が可笑しい。可笑しいけどみんな事情は切ない。 ロビンフットだもんね読み聞かせてる本。
    いいね

    良い
  • syuko1
    『トレジャー オトナタチの贈り物。』ドキドキはないけれど、予想外の宝物が見つかりおもしろかった。ラストシーンは ほんわかした気持ちになりました。ルーマニアの映画は初めてでしたが、何となく東欧の少し暗めな感じが新鮮でした。
    いいね

    良い
  • marco_22nd
    『トレジャー オトナタチの贈り物。』国にとって、市民にとって、大人にとって、子供にとって「宝」の意味はそれぞれ大きく違うが、それを何のためにてにしたいのか、するのか。「たくさん持ってるんだからズルイ」という子供に世間をみる。
    いいね

    普通
  • yabu7
    『トレジャー オトナタチの贈り物。』観て違和感を感じたルーマニア映画でした。宝探し、一攫千金狙いもいいが、日本人と考え方が違いすぎるので、意味不明な言動を感じた。作品的には普通かな?!
    いいね

    普通
  • mj8cspice
    『トレジャー オトナタチの贈り物。』ルーマニアの映画で、あまり見たことない感じの映画。法律、生活、職場環境、興味は湧いたけど、全体的に地味。最後は、もっと続くのかと思った。
    いいね

    普通
  • pharmacy_toe
    『トレジャー オトナタチの贈り物。』ルーマニアであった本当の話。信じるものは救われる。時折クスッと笑いつつ、最後には心がほっこり http://eiga-suki.blog.jp/archives/thetreasure.html
    いいね

    良い
  • chicarica1
    『トレジャー オトナタチの贈り物。』鑑賞。 日本人の常識とはかけ離れたルーマニア人の概念にビックリ。 住宅ローンを払わないで宝探し代に充てるとか、仕事サボって業者探しに行くとか考えられない。 共産国に生まれなくて良かった〜。
    いいね

    普通
    もっと見る Loading...