TOP >作品データベース >ピアニスト

ピアニスト

みんなの感想/評価
「ピアニスト」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
81%
  • 良い
    18
  • 普通
    3
  • 残念
    1
総ツイート数
26
ポジティブ指数94
公開日
2002/2/2
原題
La Pianiste
配給
日本ヘラルド映画
上映時間
132分
解説/あらすじ
2001年カンヌ映画祭でグランプリ、最優秀主演女優賞、主演男優賞の3冠を独占。監督ハネケは42年ドイツ生まれ。97年「ファニーゲーム」がカンヌコンペ部門に招待され、00年のジュリエット・ビノシュ...
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • MiuraYoh
    『ピアニスト』初ハネケ作品。母親の過干渉による抑圧からか、性的倒錯になっている中年女性の話。後半はハラハラ。トイレのシーンなんかは時おり滑稽にも思える部分も。主人公のヘアメイクなどの微妙な変遷にも注目。
    いいね

    良い
  • chakcu2
    『ピアニスト』あまりにも生々しく容赦ない描写だが恐ろしくもなぜだか見入ってしまう。理解に苦しむ点があまりある。作品内容は認めつつ、それを飲み込んでみても、観るのはこの一度きりになることは否めない。
    いいね

    普通
  • coffee_pote
    『ピアニスト』色々とよくわからん・・・・ #映画 #movie
    いいね

    残念
  • WaseiG
    『ピアニスト』鑑賞。抑圧と反動を生々しい映像とエピソードで描いている。映像の持つリアリティが、物語の肉付きを十分なものにしている。そのぶん重く長くなってしまっているのは残念。
    いいね

    普通
  • kmnktws
    『ピアニスト』DVD/厳格な熟年ピアノ教授であるエリカと、彼女に恋する美青年学生のワルターとの狂った愛の物語。暴力的で汚らわしくて、決して綺麗な物語とは言えない。ハタから見ると狂ってるエリカの行動は、母親との共依存からきてる気がした。
    いいね

    普通
  • nabecomic
    『ピアニスト』他人の人生を味わえるのが映画鑑賞の醍醐味、と、感情移入促進脳内物質のハナテン(放出)にはブレーキをかけないように努めているが、コ・レ・ワ…。この監督から頂く惜しみないフンダンなフォト走る「やるせなさ」はエグイイ。…か?
    いいね

    良い
  • moruku36
    『ピアニスト』映画評論家の大場正明さんの記事を読んでなんとなく内容を理解できた。主人公の異常な性癖や行動には彼女の育てられてきた家庭環境のストイックさが如実に現れている。ハネケ監督の作品は批判が多いけど個人的に結構好きです。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『ピアニスト』ハネケ監督の世界から生まれ出るのは人間の体内にある普段は隠れた臓器のようだ。それが白いタイルやモノトーンの背景にぶちまけられるのだから痛い。それが嬉しいとか哀しいとか、そういう感情を超えたものとなる。エンドロールの沈黙。
    いいね

    良い
  • _arapaima_4
    『ピアニスト』エリートピアニストの燻るアブノーマルと崩れる一歩手前の臆病な気持ちが良~い具合にハネケハネケ・・・。主人公が決して若くないところがまた・・・なにかこう、じわじわ来るものがある
    いいね

    良い
  • ariy_opp1955
    『ピアニスト』ピアノの英才教育が異常な性癖とみたいな感じで理解すればいいのだろうか。見る前から苦しいと聞いていたが、確かにその通り。しかも自分の理解の外にある悩みが出てくるので見ている方としてはさらに苦しい。
    いいね

    良い
  • Eureka751
    『ピアニスト』似たような名前の作品と間違えて本作を家族や恋人と見ると大惨事だなぁ。多分、俺が変態なので、あまりセンセーショナルには感じないのだけど、「不誠実」や「軋轢」が正直に描かれているのでハネケが好きなんだと再確認した。
    いいね

    良い
  • milyfuji
    『ピアニスト』愛、アムールを観る前にと見たのがこちら。異常です。芸術家というのはやはり変なのか?厳し過ぎる母親の監視のもとで育った彼女は愛し方を知らないのか?フランス語の旋律が官能的で刺激的。
    いいね

    良い
  • momomikan0608
    『ピアニスト』1人で見るべき映画。誰かと一緒に見るのはかなり気まずい…抑圧されて育った美しいピアニストの異常で歪んだ性癖と性愛。そこには喜びも悲しみも無い。激しい苛立ちだけ。何を伝えたいのか??それでも強烈な何かが残る作品。#eiga
    いいね

    良い
  • mirena_33
    ミヒャエル・ハネケ監督『ピアニスト』鑑賞してた。女性には失礼だけれども、見事に彼女たちの内面をえぐりだしているのではないだろうか。兎に角、意味深で解りづらく我が儘な行動に引きっぱなし。女性はかくも不可解で素敵な存在である。◎
    いいね

    良い
  • sundance0725
    『ピアニスト』ようわからんけどしっくりくるピアノレッスンあたりと違って女性描写になんか違和感。刺激的なものを撮ろうとする実に男性的な打算を感じてしまう。これって女性共感できるんですかね。にしろ過激な描写や飛び道具使わずこの変態臭は流石
    いいね

    良い
  • usakosisyou
    『ピアニスト』映画鑑賞。主人公の女性はピアノの演奏家であり音楽大学の教授。魅力的な若い男性を前に、抑圧された性衝動や母親に対する屈折した感情を持つ主人公は意外な行動をとることになる。様々な刺激に満ちた作品である。女性にお薦め。少し変態です
    いいね

    良い
  • ideal_photos
    『ピアニスト』ハネケ監督ならではの作品だと思う。歪んだ異常な性の形。。親子関係からも異常性を伺わせられる。異常性だけに留まらず、さまざまな人間模様も描いている作品です。独りで観る事をお勧めする映画です。
    いいね

    良い
  • yukodo
    『ピアニスト』抑圧的な親子関係に起因する〈性的〉倒錯を持つヒロインは、山岸凉子の漫画を思い出させる。線が細く神経質そうな容貌も、ラストで見せる表情も、すごく山岸凉子的だと思った。(06.4.6)
    いいね

    良い
  • yukodo
    『ピアニスト』ポルノグラフィックな要素はまったく無く直接的には何も見せないのに、あまりにも生々しく性的な映画。登場人物の誰にも感情移入できず、不安で行き場の無い気持ちにさせられ、そしてそのまま終わっちゃって放り出されてしまいます。ふひ~…
    いいね

    良い
  • tedawin
    『ピアニスト』えぇっ(; ̄O ̄)の連続。歪みっぷりが半端ない女性が壊れていく、もしくは壊されていく物語。気の毒に・・・が感想になるんだけど、役者が素晴らしいので、見応えあり。但しフランス映画が苦手な人はダメかもね。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...