TOP >作品データベース >インディアナポリスの夏 青春の傷跡

インディアナポリスの夏 青春の傷跡

みんなの感想/評価
「インディアナポリスの夏 青春の傷跡」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    1
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
1
ポジティブ指数100
公開日
1999/7/10
原題
Going All the Way
配給
アミューズ
上映時間
103分
解説/あらすじ
対照的なふたりの青年の青春群像を描いたドラマ。監督は「隣人は静かに笑う」のマーク・ペリントンで、彼の監督デビュー作。脚本・原作はジャーナリスト・小説家のダン・ウェイクフィールド。製作は『ファイブ...
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • xxtonchiki
    『インディアナポリスの夏 青春の傷跡』ガナーの母親が「まさかユダヤ人のあの娘と結婚はしないわよね」っていうシーンが印象的。差別はこうやって成立するんだわねえ。ベンアフレックがなんかもっさりしててその持ち味が田舎の人気者役にはまってる。
    いいね

    良い