TOP >作品データベース >ジキル&ハイド

ジキル&ハイド

みんなの感想/評価
「ジキル&ハイド」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
0%
  • 良い
    0
  • 普通
    1
  • 残念
    3
総ツイート数
6
ポジティブ指数0
公開日
1996/8/31
原題
Mary Reilly
上映時間
108分
解説/あらすじ
スティーブンソンの古典「ジキル博士とハイド氏」を住み込み奉公人の目線で描いたバレリー・マーティンによる小説「メアリー・ライリー」を、イギリス出身のスティーブン・フリアーズ監督が映画化したサスペン...
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • paranoiaquality
    『ジキル&ハイド』髪型が違うだけで顔はマルコビッチのままなのに誰も気づかないママはアイドル状態なのは映画なので有りだけど、ハイドよりもグレンクローズの方が怖いです。メアリーのDV父が話に絡まないのと大味そうな巨大ウナギが気になる。
    いいね

    残念
  • croaton0
    鑑賞後に味わうことになる空虚感から作品の中身の無さを痛感。見せ場になるシーンを頑張って挙げるとしたらウナギを持つジュロバとマルコヴィッチのムチムチボディぐらい
    いいね

    普通
  • xxtonchiki
    『ジキル&ハイド』ジュリアがすっぴんで演じて「わたくしは演技派」をアピールするも、見事に華が消えていて、彼女は化粧してなんぼのもんやってのを証明したような作品・・・って違った??
    いいね

    残念
  • maai_01
    『ジキル&ハイド』期待してた分物足りなかったかな…
    いいね

    残念
  • kamine7yasiro
    『ジキル&ハイド』吹替
    いいね
  • RANJURANJO
    『ジキル&ハイド』マルコビッチ!マルコビッチ!ジュリアロバーツもコメディのイメージが強すぎて…あの大きな口の笑顔が見たいんだな
    いいね