TOP >作品データベース >手紙は憶えている

手紙は憶えている

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
91%
  • 良い
    108
  • 普通
    9
  • 残念
    0
総ツイート数
2,778
ポジティブ指数95
公開日
2016/10/28
原題
Remember
配給
アスミック・エース
上映時間
95分
解説/あらすじ
ある1通の手紙をきっかけに、家族を殺したナチスへの復讐の旅に出る男の姿を、アトム・エゴヤン監督が描いたサスペンス作品。最愛の妻の死も覚えていられないほど、もの忘れがひどくなった90歳のゼブ。ある...
(C)2014, Remember Productions Inc.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • 85053bbec6d2417
    『手紙は憶えている』② 作中、当事者たちの為に割りを食うのはその子供や孫でありミステリー仕立ての反戦映画としても観れる。 良く練られた脚本にC.プラマー、B.ガンツの好演。
    いいね

    良い
  • 85053bbec6d2417
    『手紙は憶えている』① 戦後70年だろうが被害者には関係ない。偽りの人生を嘘で上塗りし生きる加害者も然り。そして記憶は無くとも心と身体には染みついている本質。復讐(と、思っている)の為なら嘘もつくし、身の危険ならば相手も殺す。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <手紙は憶えている>後味の悪さが持ち味の作品でもあったなぁ。 http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2326772&id=81825249
    いいね

    良い
  • redsoil3
    『手紙は憶えている』 「戦争を知らない世代」から「戦争を忘れ去ろうとしている世代」への強烈なアンチテーゼ… どんな戦争映画よりも心に深く刺さった。
    いいね

    良い
  • tsuccheee
    96本目『手紙は憶えている』(@tenpara_tw)。衝撃の結末も後から思えばあちこちに伏線が・・・認知症の老人を演じたC・プラマーの名演と思わせぶりな邦題がミスリードを誘う。お爺ちゃん映画としても秀逸なサスペンス。
    いいね

    良い
  • Mochina1984
    『手紙は憶えている』ナチの残党狩りを余命わずかのアルツハイマー爺さんが敢行っていうと荒唐無稽な話でわくわくするはずなのだが、エゴヤン節の陰気な感じでやられてもなあ。最後のどんでん返しがブラックすぎて笑うしかないのか微妙なところ。
    いいね

    普通
  • melmo_chan
    『手紙は憶えている』 ”狼”の下りで「おや?」と思ったけど”手紙”という手段の謎の解き方は良かった。ユダヤ人がナチスの残党に復讐する話だけど、それを”認知症”の人に使うとこが私的にひっかかった。いろんな意味で怖い。
    いいね

    良い
  • hanuman84
    『手紙は憶えている』 しかし手ぶるぶるなのによく当たるね。 流石に店員さんオススメなだけあるよ…あんま勧めないでくれって気もするけど。 なまじ道中の脇役達が親切だっただけにあああああってなる
    いいね

    良い
  • hanuman84
    『手紙は憶えている』 全くほのぼのしない爺様の復讐ロードムービー。 衝撃の真実!度合いでは今年1番だったかも… これは邦題も良かったなあ。 手紙と認知症と執念と…
    いいね

    良い
  • kyoku_shin
    『手紙は憶えている』★★★★★☆☆☆☆☆・・・凡作
    いいね

    普通
  • tatshead7
    【手紙は憶えている】ダムの放流音の不吉さ、犬の咆哮の緊張感、張り詰めた空気をまとう演出がいい。ナチス・ドイツが犯したユダヤ人迫害の愚かさを改めて明確にするようなラストは胸に迫るものがあった。
    いいね

    良い
  • 1224Lowtech
    『手紙は憶えている』ナチスの残党の上にも、ユダヤ人捕虜の上にも同じように時は呵責無く降り注ぐ。戦後70年を超え歴史上の「先の大戦」では無く、今を生きる齢87のクリストファー・プラマーが記憶の彼方から呼び寄せる戦後その物が秀逸
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『手紙は憶えている』今年一番の後味の悪い映画かも。ただ問題提起の映画だ。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『手紙は憶えている』アウシュヴィッツの生存者の老人がアメリカに密かに逃げてきたナチスの残党を探すサスペンス。車椅子で動けないが頭脳明晰老人がボケ老人(認知症)を使って、ナチ老人を探し出す。老人ばかりで危うい緊張感がある。アメリカは身分証を出せば老人でも拳銃が買えるから怖い。
    いいね

    良い
  • mim_3_
    『手紙は憶えている』鑑賞後しばしボー然。なんてこった。 オチ読める読めないとかじゃなくて、そんなーー!!おじーちゃん!!て思わず言っちゃいそうな。しかもその上、認知症のお爺ちゃんが一人で旅するから、あちこちあぶなっかしいポイントだらけでヒヤヒヤ…ひとりにしちゃダメ…って心配で…
    いいね

    良い
  • rocky_monkey
    『手紙は憶えている』鑑賞。 くぅー…面白かった〜。 もっともっとナチスとかユダヤとか難しいお話かなーっと思って見に行ったけど、そんな事はなかった。後から、だからあーだったのか、こーだったのか!もう一度見たい!となった。
    いいね

    良い
  • garancear
    『手紙は憶えている』"衝撃の結末"、うっすらとそっち方面なんだろうとは思っていたが…なんだかスッキリしないな。認知症役のC・プラマーがかなり危うい様子で不穏。銃はあんなに簡単に買えるのか、カナダ入国時緩い、犬のいる郊外の家などいろいろ不穏。 #映画
    いいね

    普通
  • snake954
    『手紙は憶えている』みる。
    いいね

    良い
  • MondMasa
    認知症のおじいさんが手紙を頼りに、アウシュビッツで家族を葬ったナチスの残党へ復讐に踏み出す!寝るたびに記憶が無くなるし、手も震えてるおじいさんが拳銃を扱ったりするかずっとヒヤヒヤさせられ…あー!!!ラストは読めなかった!!!
    いいね

    良い
  • pipox2
    『手紙は憶えている』これは…プラマーとガンツにガツンとやられる!!手紙を頼りにナチ残党を追う認知症の老人。人違いの家でもユダヤ迫害を再見したり、戦争の爪痕は続く!綿密な計画と、最後まで止めない信念、最後の生き証人が追い詰める。衝撃の結末が凄い☆
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    more info
    coco 映画レビュアー
    frodopyon
    1570movies / tweets
    advertisement

    follow us