TOP >作品データベース >人生フルーツ

人生フルーツ

みんなの感想/評価
「人生フルーツ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
95%
  • 良い
    22
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
2,576
ポジティブ指数98
公開日
2017/1/2
配給
東海テレビ放送
上映時間
91分
解説/あらすじ
ニュータウンの一角にある平屋で暮らす建築家夫婦を追ったドキュメンタリー。さまざまな社会問題を取り上げたドキュメンタリー作品を世に送り出している東海テレビによる劇場公開ドキュメンタリーの第10弾。...
(C)東海テレビ放送
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • writelefthand
    映画『人生フルーツ』数えたカットは598。あえてこれがいつなのかを文字化せず、夫婦の日常と過去の様子や写真をミックスすることで彼らの歩みを体感しているような気分になった。その一方で果実などは案内が入るのも看板を作る2人を真似たようで面白かった。 #eigamote
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『人生フルーツ』鑑賞。濃尾平野の北西在住の者として、まず東には伊勢湾台風の後にそんなニュータウン計画があったことに驚いた。それからこつこつと自然との共生を続けてきた夫妻の生活は興味深い。人が生きるとはこういうことなのか、とただただ見せられる内容だった。
    いいね

    良い
  • shi_i18
    『人生フルーツ』@キネ旬シアター。前情報ほぼ無しで鑑賞。タイトルの意味!豊かな暮らし。まだ間に合うかな。間に合いたいな。次の世代へ向けて。
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『人生フルーツ』@京都シネマ|丁寧に日々を送るということは忙しい。淡々と暮らしているなかに、二人の志の篤さが伺える。東海テレビも高齢の夫婦との信頼関係を保ち丁寧に撮影を敢行したことは賞賛。ハンカチを持って見たほうがいいよ。
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『人生フルーツ』もう、おじいちゃんっこだったわたしは涙が止まりません!孫娘のために作った本気の(シルバニアファミリーの)ドールハウス、うらやましすぎる。これは今年のどころか、人生のベスト級いとおしい映画。
    いいね

    良い
  • kenkenj1
    映画鑑賞には最悪の最前列一番左、という環境だったが内容は素晴らしい。老夫婦の日常を淡々と90分にわたって追っているだけなのに笑ったり泣きそうになったり。 樹木希林さんのナレーションもさすが。なんでも自分でやることで見えてくるものがある。なるほど。教えられました。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『人生フルーツ』東海テレビのドキュメンタリーと聞いて驚く。老夫婦のひとつの暮らし方を描いたものだがこんなにも豊かで美しく温かいとは。樹木希林のナレーションがまた穏やかに添う。言葉に簡単にできない素晴らしいものが沢山詰まっていて感激!
    いいね

    良い
  • draemori
    『人生フルーツ』コンビニエンスストアとか出来合いを否定するとこあって、すべて共感できるわけじゃないけど、こういう穏やかな夫婦っていいね。
    いいね

    良い
  • sato_henri
    『人生フルーツ』初めは老夫婦のスローライフに穏やかな気持ちになるけど、ここに行き着くまでの過去を知るとこの生活が志が高くて大きな意味を持つものである事が分かり感服。夫婦の思いや生き方がちゃんと未来に繋がるのも素敵です。
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「人生フルーツ」いい時代の建築士だから、こんな穏やかな生活が出来たのでしょう。』 https://twitter.com/yukigame/status/850383638524870656
    いいね

    普通
  • 4410_Kupa
    『人生フルーツ』 高度経済成長期の効率優先の開発で失われた里山の景観を、ニュータウンの一画に購入した自分の家の庭先で復活させてしまう、スローライフなんて生易しい言葉では語れない、老建築家の筋金入りの生き様には只々敬服するばかり。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『人生フルーツ』 作中で引用されるフランク・ロイド・ライトの言葉「長く生きるほど、人生はより美しくなる」を地でいく、老夫婦の日常を淡々と描くドキュメンタリー。四季折々のフルーツを使った、奥さんの手料理がとにかく美味しそう。
    いいね

    良い
  • nacho722
    『人生フルーツ』シネフィルの知人が満員で3回も入れないという超人気作品。人生お金だけじゃない人なんだと思い起こされる暖かな良作。ここまでポリシーを持って自給自足を行うのも大変なのではと思ったがそれをコツコツと毎日行う健気さは心を打つ
    いいね

    良い
  • ikeo0
    『人生フルーツ』ドキュメンタリーであるが胸がいっぱいになった。ニュータウンの一角で作物を育てる90歳の建築家とその妻。若い人にお金は残せないが良い土は残せる。良い土は誰が何を植えても良いものが育つという言葉が特に印象深い。
    いいね

    良い
  • nabe505
    『人生フルーツ』去年「あなた、その川を渡らないで」という韓国の素敵な老夫婦の映画を観た。どっこい、日本にも負けず劣らず、それ以上ののスバらしい夫婦がいました。 90歳の老建築家とその妻の生活の豊かさ、矜持、茶目っ気に大拍手。
    いいね

    良い
  • NamuraNyni
    『人生フルーツ』 戦後、日本国は「家」の建設が急務だった。 最低限の広さ、採光、棟数が優先され、 40年.50年先の人間らしさを住まいに取り入れる べき、と主張しても無視された。
    いいね

    良い
  • 624ken
    ポレポレ東中野で『人生フルーツ』を鑑賞。野菜果実を育てて暮らす老夫婦の話。毎日、退屈しなそうな日々ですね。夫婦仲良く穏やかな生活っぽくてうらやましいし、こうなりたいなー。夫のメモした言葉が素晴らしくて、響きます。いい映画です。
    いいね

    良い
  • akeake10
    『人生フルーツ』超満員の第七藝術劇場にて。90歳と87歳の堅実な生活の圧倒的な説得力!スローライフとかじゃない、超生活!2人のバランスと距離感、思いやる姿が素晴らしい。鶴のようなご主人と花のような奥さん。優しくて芯の太い作品でした。
    いいね

    良い
  • dontentourist
    『人生フルーツ』嫌な見方をすれば、貴族の道楽に付き合わされる90分。やりたいことしかしなかったエリート先生の一生。戦後日本の消費社会を実は最も効率的に利用しつくしているのが主人公夫婦という逆説。まるで『風立ちぬ』の主人公のよう。
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『人生フルーツ』あのような生き方をするのに、一体、このご夫婦は何を置いてきたのだろう。しゅうたんを亡くした英子さんの喪失感を思う。同時に、達観を想像する。とっても上手くまとめたドキュメンタリーかと。着地点を、導いてくれたという点で。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...