TOP >作品データベース >こころに剣士を

こころに剣士を

みんなの感想/評価
「こころに剣士を」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    39
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
978
ポジティブ指数93
公開日
2016/12/24
原題
Miekkailija
配給
東北新社、STAR CHANNEL MOVIES
上映時間
99分
解説/あらすじ
ソ連占領下で人々が鬱屈した生活を強いられた1950年代初頭のエストニアを舞台に、勇気を持って逆境に立ち向かおうとするフェンシングの元スター選手と子どもたちの絆を、実話に基いて描いたヒューマンドラ...
(C)2015 MAKING MOVIES/KICK FILM GmbH/ALLFILM
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • nodatetu
    『こころに剣士を』@有楽町。これは拾いモノの秀作。50年代初頭、鬱屈したエストニアを舞台に逆境に立ち向かう教師と子供達の絆が胸熱。秘密警察から逃げてきた教師エンデルの後姿が印象に残る。フェンシングに取組む子供達、特に少女マルタの真っ直ぐな眼差しが良い。東京1館の上映は勿体無い
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『こころに剣士を』 エストニアにフェンシングに50年代のソ連と馴染みのないお題が重なるも、スポーツを通じた教師と生徒の熱い絆という普遍的なテーマで興味深く観ることができた。マルタを演じた少女の目ヂカラにシビれた。
    いいね

    良い
  • haripote40
    『こころに剣士を』男たちが収容所に送られた田舎の街。そこから出たことの無い子供たち。列車の窓から見えるレニングラードの街並みに瞳を輝かせるシーンは、そこだけでこの映画を観た甲斐があったと思うほどキラキラと輝いてる。 #映画
    いいね

    良い
  • haripote40
    『こころに剣士を』学校の保護者会に集う大人は女性や老人ばかり。ここを見ても、当時のエストニアの人々が置かれた苦境を感じ取れる。歪んだ世間に抗うような、挑むような子供たちの瞳が全てを物語ってる。勇気と信頼の映画。 #映画
    いいね

    良い
  • haripote40
    『こころに剣士を』マルタの瞳の強さに心を鷲掴みにされました。今年最後の劇場鑑賞は熱い涙で締め括り。秘密警察に追われる元フェンシング剣士が田舎の街で子供たちに希望を与える物語。実話だそです。教師と子供たちの関係が素晴らしい #映画
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『こころに剣士を』@ HTC有楽町♪試写で良くて初日に劇場へw 重めの話だけど前向きで、この年末上映してる作品の中では一番好き。子どもと教師をうまく表現したこのタイトルも良いし、列車から外を眺める子ども達を映すシーンがとにかく最高!
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『こころに剣士を』バリバリのスポ根映画かと思って観に行ったら、おそロシアストーリーだった。だけど子供達の無邪気でキラキラした表情を見てたら、これは先生も頑張っちゃうよね!ほんと子供達の表情がよい! #映画
    いいね

    良い
  • ariy_opp1955
    『こころに剣士を』ソ連秘密警察から逃れエストニアで教師をすることになった元フェンシング選手と子どもたちとの交流を描く。極寒の土地と抑えた演出でありながらストーリーはサクセスストーリーであり成長劇でもある。子どもたちの目力にやられた。
    いいね

    良い
  • snow200
    『こころに剣士を』ドイツそしてソ連の占領されたエストニアで、ひとりの男の戦後を、『ヤコブへの手紙』のクラウス・ハロ監督がシンプルに率直に描いた。ハープサルにフェンシング学校を設立したエンデル・ネリスの実話、直球で響くストーリーです。
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『こころに剣士を』@ テアトル梅田観。己の保身か想う心か?揺れ動く心に迫る子供の輝る瞳差しと慕う気持ち。始終静かながら熱い迸りが互いに交錯し戦いに挑む姿に込み上げる。エンデルの名前は「エンジェル」の比喩か?子供達にとって彼はまさにそうだったに違いない。剣と瞳で未来を見据えた秀作!
    いいね

    良い
  • kyamokyamo
    『こころに剣士を』スターリン時代旧ソ連領エストニアの田舎町ハープサルが舞台の実話がベースで圧政に苦しむ人々の様子も交え、誇張のない演技と良く練られた展開で上質な作品に☆特に主人公&結果的に彼を引っ張る少女少年の表情、素晴らしいです☆
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『こころに剣士を』スターリン時代の話にはありがちな抑圧社会が描かれるが、片田舎の学校で生きがいを見つけることや、逃げ回る人生と向き合う勇気をもらう姿には共感を覚える。やや浅い点もあるのだが、子役が魅力的。マルタちゃんにKOされた。w
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『こころに剣士を』試写@一ツ橋ホール♪めっちゃ好きだ~。そして邦題がまた良い!色々と制限される時代にフェンシングにふれたり列車から景色を見た時など、初めてを体験する子どもたちの興味や嬉しさがこぼれだした顔が忘れられない(о´∀`о)
    いいね

    良い
  • Limawano55
    『こころに剣士を』試写。とても素直でストレート。時代と余りよく知らない当時のエストニアの土地を思ってみる。そんな中で白い姿のフェンシングの美しさ。とても静かなのね。フェンシングを通し子どもを通して彼も変わってゆく。最後の字幕良いね
    いいね

    良い
  • nagasumi_hasi20
    『こころに剣士を』この時代背景はよくわからないが、子供達のキラキラした表情にエンデルが変わっていく。それだけで満足。透き通るようなピアノにフェンシングの衣装。芸術的でもあった。
    いいね

    良い
  • cryforthemoon02
    『こころに剣士を』ドイツとソ連に支配されたエストニアという時代背景あってこその作品とはいえ、とても良かった。個人的に「実在した人物をモトにした映画」の中では今年一番!
    いいね

    良い
  • wasei_koba
    『こころに剣士を』 伝説のフェンシングの選手が体育の先生にフェンシングのクラブを作ります。 実は、子供が苦手なのです。 子供たちのけなげな菅とが感動呼びます。 全国大会へ出場さて結末は・・・・
    いいね

    良い
  • mokomoko37
    『こころに剣士を』@一ツ橋ホール。時代に翻弄される主人公とフェンシングを通して描かれる子供達との絆にほっこり・・・物語を盛り上がる旋律を奏でる様なサントラが素晴らしい。
    いいね

    良い
  • 624ken
    一ツ橋ホールで『こころに剣士を』を鑑賞。エストニアの映画。抑えた演出がよかった。まさかのフェンシングを通じて、子供が生き生きとしてきて素敵だった。主人公、子供、愛する人、みんなよかったな。しみじみと感動しました。いい映画ね。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • kyamokyamo
    『こころに剣士を』上映前、フェンシングの太田選手&小学生ミニ剣士たちとで🎄点灯式☆映画に登場する子供たち同様、それぞれが緊張しながらも素敵なパフォーマンスを見せてくれたのですが、いつの時代もどこの国でもスポーツを真に愛する"こころ… https://t.co/DPheT1QSqq
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    kodaken
    1861movies / tweets
    advertisement

    follow us