TOP >作品データベース >こころに剣士を

こころに剣士を

みんなの感想/評価
「こころに剣士を」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    39
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
978
ポジティブ指数93
公開日
2016/12/24
原題
Miekkailija
配給
東北新社、STAR CHANNEL MOVIES
上映時間
99分
解説/あらすじ
ソ連占領下で人々が鬱屈した生活を強いられた1950年代初頭のエストニアを舞台に、勇気を持って逆境に立ち向かおうとするフェンシングの元スター選手と子どもたちの絆を、実話に基いて描いたヒューマンドラ...
(C)2015 MAKING MOVIES/KICK FILM GmbH/ALLFILM
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • ma_MJ
    『こころに剣士を』良い!王道な展開と物語。特に凄い部分なんてない。エストニアの事情は知らなくても戦後ドイツとロシアの関係を考えれば当然の展開。でも丁寧な映画に出来上がっていて、子役達も素晴らしい。マルタもヤーンも可愛い!
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『こころに剣士を』圧政により厳しい家庭環境に耐えている子供たちが、フェンシングを通してキラキラした笑顔をみせる。勝者も敗者も試合が終わればノーサイド、なのに国と国との争いはなんて醜く深い傷跡を残すのだろう。平和の祈りが深く伝わる。
    いいね

    良い
  • masaji0101
    『こころに剣士を』HTC有楽町で鑑賞。静かに語られる物語が心に沁みます。スルーするつもりだったのですが、評判良かったので観ましたが、期待以上に良かったです。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『こころに剣士を』鑑賞。実話とフェンシングとドラマの何と上質な融合だ。歴史的事実は控え目に、人と人の交流から生まれる小さな変化を丁寧に描いて心を捉えて離さない。子供の純粋さが大人を動かし、大人が子供達に託す未来。試合では小国が大国に挑む姿も重なる。真っ直ぐな瞳と険に感動する傑作。
    いいね

    良い
  • nani1tenda
    『こころに剣士を』己の保身ではなく子供たちの未来に懸けた一人の男の背中はとても大きく映った。どんな時も紳士的な振る舞いをする主人公は、とても素敵です。
    いいね

    良い
  • garancear
    『こころに剣士を』抑えた演出が光る。金八タイプの教師ではなく子供で泣かせにかかるわけでもないが、じんわりと熱い。政治社会の閉塞感をさらに強める田舎町で、剣士の精神を持つ教師と生徒たちの勇敢さに胸打たれた。子供は次世代の希望だ。 #映画
    いいね

    良い
  • TokyoDeafActor
    『こころに剣士を』今年初の映画はコレと以前から決めてた期待通りの感動作 以前ホームステイしてきた美しいエストニアの悲劇 子供達それからロケ地も最高 カップルの場面に戦争と平和を思い出した人はうちだけ? 名作をありがとう 聾芸人より
    いいね

    良い
  • amamikfully2003
    『こころに剣士を』こんな風に静かに語れるスポーツドラマもあるんだ、という新鮮さがあった。舞台となった町や時代背景なども深く関係するけれど、フェンシングというスポーツの特性があってこそなのかなあと思ったり。試合の場面はさすがに熱くなるけど、その熱がちょうど心地良くて。
    いいね

    良い
  • amamikfully2003
    『こころに剣士を』KBCシネマ。1950年代初頭、ソ連占領下にあるエストニア・ハープサルが舞台。ソ連の秘密警察から逃れるため町へやってきた元フェンシング選手と、町の子どもたちの交流を描く。眼差しと背中が語る、悲しい過去と現実。人々の静かな佇まいが胸に沁みた。実話を基にした物語。
    いいね

    良い
  • takumi_okami
    『こころに剣士を』エストニアと言う国の当時の政治情勢が日本人には馴染みがなくて、どうもピンと来なかったのが残念なところ。とは言え子役達の演技が素晴らしく可愛らしさ全開なので、そこだけでも感動できる。
    いいね

    良い
  • 51thor
    『こころに剣士を』田舎町の閉ざされた古い慣習の元、息苦しさ感じる閉塞感が大人のみならず子供たちにも伝わる。そんな中に現れた秘密警察に追われる元フェイシングの選手が心通わせる物語。地味だけど最高に感涙する素敵な映画。お勧め
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『こころに剣士を』2016年締めは、なかなかいい作品で終えることができた。親を戦争にとられた子供たちと秘密警察から逃げているフェンシング選手がフェンシングを教えることで心を通わせ、危険を承知で試合に出場し勝利を勝ち取る姿に感動が。
    いいね

    良い
  • tomin_twi
    『こころに剣士を』ソ連占領下時代のエストニアで、伝説のフェンシング選手と子供たちがスポーツを通じて勇気を取り戻していく感動作。静かに展開していく物語が気に入った。ラストのテロップにグッとくる #映画
    いいね

    良い
  • kaxtukori
    『こころに剣士を』政治的に正しいスポーツとは?フェンシングを通して、終わりの無い日常からの開放されていく様が良い。何もいうことは無い。良い。
    いいね

    良い
  • ssataka
    『こころに剣士を』今年最後の鑑賞作品。第二次大戦後のエストニアの学校に赴任した教師と生徒の物語。ドイツ軍に所属していた過去を隠した教師がソ連の秘密警察に脅えながらも生徒達にフェンシングを教える姿がなかなか素晴らしい。熱血ではないの良
    いいね

    良い
  • GD_momoco
    『こころに剣士を』小さな田舎町ならではの閉塞感が映し出され、子供達にまで浸透してる重苦しさ。そこに現れた先生と言う存在を通して、彼らに見える希望の光が美しい。背中で語る映画と言っても良いくらい印象的!子供達の柔らかい笑顔も良かった!
    いいね

    良い
  • h_itaba
    『こころに剣士を』これが実話だったとは。ハリウッド映画であれば、否応にも盛り上げる演出をするだろうクライマックスも、登場人物たちの細かい表情を映し出し、静かに丁寧に撮り上げる。地味だけどしみじみと心に染み入る。そして、感涙のラスト。
    いいね

    良い
  • akato2023
    こころに剣士を 脚本は普通だが上手い演出と美しい映像が相まってとても鮮やかに描かれたドラマ。 ドイツとソ連によって多大な影響を受けた戦後のエストニアの情勢と風景が鮮明に感じ取れる。
    いいね

    良い
  • uwfcaptured
    『こころに剣士を』HTC有楽町。エストニア&フェンシングという馴染みが無い国とスポーツを題材にした作品だが、それが逆に良かった。秘密警察から逃げても良かったのにそうしないのは子供達に騎士道を見せるためか。補欠のマルタが急遽試合に出るくだりでのエンデルとの無言のやりとりが素晴らしい
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【こころに剣士を】子供達の淋しさを満たすフェンシング指導がやがてエンデル自身の生命力へと繋がる…それがカドリとの関係に投影され温かい。寂寥感いっぱいな景色は逃避行してきた心を写すよう。マイルドな演出が優しい余韻を残す秀作。 #映画
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    624ken
    2593movies / tweets
    advertisement

    follow us