TOP >作品データベース >ネオン・デーモン

ネオン・デーモン

みんなの感想/評価
「ネオン・デーモン」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
57%
  • 良い
    57
  • 普通
    27
  • 残念
    8
総ツイート数
10,855
ポジティブ指数77
公開日
2017/1/13
原題
The Neon Demon
配給
ギャガ
上映時間
118分
解説/あらすじ
「ドライヴ」のニコラス・ウィンディング・レフン監督がエル・ファニングを主演に迎え、究極の美を追求するファッション業界に渦巻く欲望と狂気を、きらびやかに彩られた独特の映像美とスタイリッシュな音楽に...
(C)2016, Space Rocket, Gaumont, Wild Bunch
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • mytako21
    『ネオン・デーモン』★★★★
    いいね

    良い
  • ikesan_x
    『ネオン・デーモン』ラストまじかよ...。って思える映画の例。作品全体に広がる美術的要素がまたいいし、音楽もそれに比例してる。とにかくエグいけど、予想を上回る展開の作品。
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『ネオン・デーモン』美への執着を観念的象徴的に描くので、印象的だけどよくわかんないのが正直な感想。エル・ファニングは、年相応の初々しくてあどけない表情と、自信に溢れて周りを見下すかのような表情のギャップがすごい。
    いいね

    良い
  • birdmtbird
    『ネオン・デーモン』努力には限界があり、女には賞味期限があり、結局、もってるヤツには敵わない。なんて残酷なんでしょう。でもそれが現実?女の嫉妬や妬みが歪んだカタチで現れたアートを切り取ったホラーのようなサスペンス。
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『ネオン・デーモン』鑑賞。美しさにとりつかれた人々。その世界に浸食されていく主人公の様子は見た目も含めわかりやすかった。ビジュアルのどぎつさに目を引かれてしまうが物語は素直……とも言い難いのがクライマックスか。悪魔に本当に魅入られたのは誰だったのか、余韻が残る。
    いいね

    良い
  • nodatetu
    『ネオン・デーモン』@大森、2回目の鑑賞。ファッションモデル死亡遊戯映画。興収・評判は芳しくないが個人的には好き。ピンクフロイド「狂気」のようなネオンプリズムの映像から作品がドライブしてきて楽しい。ジェナ・マローンの美しさを再認識。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <ネオン・デーモン>この作品は監督の奥様に捧げられているらしいのだが、『浮気してごめんね』という言い訳に思えてしまう  http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=82547714&comm_id=2326772
    いいね

    良い
  • 96mazyo3
    確かに難解な描写も多いですね。しかし根本のプロットはかなり素直なので、私の様にレフン監督の作品を観た事無いって人でも結構楽しめるかも。でも金髪美女は全員同じ顔に見える……。一番印象的だったのが意地悪なキアヌ・リーブスなんですもの。
    いいね

    良い
  • 96mazyo3
    『ネオン・デーモン』 カンヌでも此処でも賛否両論な今作。レフン監督作品初視聴で挑みましたが私はかなり好き。ひたすらに「美」を求め続け、破滅への階段を登る彼女等を独特な色彩、音楽、演技で描き続ける。全てが私好みなテイストでした。
    いいね

    良い
  • tsuccheee
    29本目『ネオン・デーモン』(@tenpara_tw)。E・ファニングを徹底して愛でる映画。しかして後半は無垢な美しさが罪と言わんばかりの展開に・・・悪趣味と紙一重の映像美が刺激的だった。
    いいね

    良い
  • melmo_chan
    『ネオン・デーモン』 これはチラシが魅惑的だったから観て来たらスゴイ映画でした。曲調が「時計じかけのオレンジ」を思わせる感じでムムムと思いましたがモデルを目指す田舎娘が階段を上り始めようとするときの恨み妬みの話で私的びっくりしました
    いいね

    良い
  • nani1tenda
    『ネオン・デーモン』危険でいけない物を観ているなぁーというゾクゾクした感覚が味わえる。冷んやりテクノとアートな映像で、ホラーのような話もスタイリッシュに映る。超個性的な作品は好きです。
    いいね

    良い
  • sweetest___kill
    『ネオン・デーモン』この監督の作品初めて観たけど色んな意味でexcitingでした。(最後通り越してちょっと面白かった)しかしエル・ファニングを使うところがまた悪趣味と言うかなんと言うか…(いい意味で)。
    いいね

    良い
  • yukolilina
    『ネオン・デーモン』美に対する執着と狂気、嫉妬。と言ってしまえば簡単なのだけども。ファッション業界の話かと思ったらそうではなかった。映像と音楽がとても好みだけど、ちょっと長めのPVを見ている感じに近い。グロシーンは結構なグロです。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『ネオン・デーモン』 女性の中にある美に対する嫉妬、欲望、羨望をレフン監督のこれまた美意識溢れる映像で魅せる。というか、やりたい放題である。ストロボと爆音によりややトランス状態に。悪趣味で変態ちっくな作風も癖になってきた。
    いいね

    良い
  • mim_3_
    『ネオン・デーモン』もう14回も観たから感想なんて今さらだけど最高だ。もう2017年ベスト1決まり。 アビー・リーになりたい。
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【ネオン・デーモン】極彩色の映像と美女が画面を埋め尽くす光景に息を呑む。嫉妬心や承認欲求の果てにたどり着く異常な世界は、現代の美がいかに"ハリボテ"であるかを考えさせます。そしてそれを"ラブレター"として提示する監督の狂気にも感服。
    いいね

    良い
  • marco_22nd
    レフンが『ヘルタースケルター』撮ればよかったのではと冒頭から。なんと言ってもアビー・リーの美しさよ。見た後で「三人の魔女」について話すインタビューを読んでなるほど、と。ラストシーンに至って、レフンで『ヘルタースケルター』見たかった。
    いいね

    良い
  • HIP_K
    『ネオン・デーモン』OPからバキバキの美学が迸っていて、思わず笑顔になってしまう。監督自身の脚本作では未だに「ブロンソン」がベスト…1番好きな作品は他人の脚本の「ドライヴ」である事は不動。シャンプーロゴの様な“NWR”印がキュート。
    いいね

    良い
  • HIP_K
    『ネオン・デーモン』嫉妬、羨望、狂気、精神病質…全てを呑み込むブラックホールを描いた作品と勝手に理解し、結構大人しめなのかと思っていた矢先に始まる監督の本領発揮加減に翻弄されてしまった。凡人は須らく置いて行く勢いは相変わらず面白い!
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...