TOP >作品データベース >ブルーム・オブ・イエスタディ

ブルーム・オブ・イエスタディ

みんなの感想/評価
「ブルーム・オブ・イエスタディ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
75%
  • 良い
    11
  • 普通
    2
  • 残念
    1
総ツイート数
334
ポジティブ指数83
公開日
2017/9/30
原題
Die Blumen von Gestern
配給
キノフィルムズ
上映時間
123分
解説/あらすじ
「4分間のピアニスト」のクリス・クラウス監督が、ホロコーストという重い題材をユーモアや恋愛要素を交えて描いた恋愛映画。祖父がナチスの戦犯で、その罪と向き合うためにホロコースト研究に人生を捧げる研...
(C)2016 Dor Film-West Produktionsgesellschaft mbH / FOUR MINUTES Filmproduktion GmbH / Dor Filmproduktion GmbH
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • no_emedia
    トトが妻に与えた猶予?は 歪みきった愛の継続は難しい いつかは破綻すると知っていて 自分を更に追いつめている・・ 『ブルーム・オブ・イエスタディ』
    いいね

    良い
  • no_emedia
    共にホロコーストの研究者ではあるが ナチス戦犯の祖父を持つトト ナチス犠牲者の祖母を持つザジ 真っ向から捉え方の異なる二人 お互いに心の傷を強引に探り合い 慰めるように体を寄せていく 『ブルーム・オブ・イエスタディ』
    いいね

    良い
  • mim_3_
    『ブルーム・オブ・イエスタディ』ナチス絡みで正反対のルーツをもつ二人が同じ研究対象にだとりつく、これって実際ありそうだ…。ルーツにむきあおうと必死で、辛さを想像するとこっちもしんどいし、痛すぎてついてけないが、彼らなりにがっつり悩んで前を向き、爽やかに〆を迎えた。不満は犬の扱い…
    いいね

    良い
  • garancear
    『ブルーム・オブ・イエスタディ』加害者と被害者の孫。せっかくこの設定で恋愛映画なのに新鮮味が足りない、というのも変だが、トラウマやシリアス設定を抱えすぎて結局ごく真面目なナチス映画の印象。主人公二人とも精神不安定すぎてついていけない。 #映画
    いいね

    普通
  • Pooh_kuru_san
    『ブルーム・オブ・イエスタディ』ホロコーストの加害者と被害者の孫同士のこじれたラブコメ。痛々しい人物達の行動に居心地が悪くなるが、歴史と向き合い、自分が何者で、相手とどう接し、どう明日を生きるかを模索する孫世代の闇を垣間見た気がする
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『ブルーム・オブ・イエスタディ』@ル・シネマ♪ガンジーへのひどい仕打ちで自分の中で全てが終わった。ザジくたばれと思うほどにイライラしっぱなしだし内容が全然頭に入ってこないしで、文句しか出てこないやw 頭おかしい変な人たちだったな…。
    いいね

    残念
  • aoyadokari
    『ブルーム・オブ・イエスタディ』最後にアウシュビッツを経験した女優の証言があるのがこの映画の伝えたいことなんだろう。その過程までに至る凸凹カップルによるラブ・ストーリー。被害者の子孫と加害者の子孫がカップルになるというファンタジーを描けるのだから凄い。それもコメディで。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ブルーム・オブ・イエスタディ』従来のナチスもの映画からすると不謹慎なエロと笑いに満ちたストーリーだが歴史の重みも砕いていかないと若者が見向きもしないのかも。ナチスの祖父を持つアウシュヴィッツ研究者とガス室に送られた祖母を持つユダヤ人の助手が出会うラブコメ。トラウマ・マイ・ラブ。
    いいね

    良い
  • nozawa_gekijo
    『ブルーム・オブ・イエスタディ』史実の末。そのまた末にめぐり逢ったふたりの奇妙な歯車。凸凹コンビのボッカスカなロードムービーとも言える。浴びる言語の新鮮さ。面白おかしく彩られてはいるが、その深淵。きっと根深いんだろうな。
    いいね

    良い
  • haripote40
    『ブルーム・オヴ・イエスタディ』東京国際映画祭グランプリ&WOWOW賞受賞作。登場人物の設定も物語の背景も独特な映画だった。私的には犬を放り投げた段階でアウトな映画だった。あれは笑い飛ばすのか、彼女の闇を理解すべきなのか… #映画
    いいね

    普通
  • h_itaba
    『ブルーム・オヴ・イエスタディ』東京国際映画祭・グランプリ作品。昨年の「神様なんかくそくらえ」もそうだったが、これも賛否両論分かれそう。ホロコーストの問題に、夫婦の危機、不倫、心に問題を持つ人の話を絡め、笑いまで散りばめた異色作。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【ブルーム・オヴ・イエスタディ】TIFF。取り憑かれた様な没頭の陰に喪失感漂わすトトと、少し奇矯な奔放さ放つ愛らしいザザ…恋愛モノらしい登場人物の魅力を放ちつつホロコーストの歴史へと降りていく物語は絶妙。綯交ぜの深い味わい。 #映画
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました『【TIFF 2016】「ブルーム・オブ・イエスタディ」歴史に目を瞑らず、嫌いながらも向き合おう。』https://twitter.com/yukigame/status/793061178410868736
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『ブルーム・オヴ・イエスタディ』ホロコーストという重い主題だが、軽いロマコメタッチで、第三世代を描き出す。先祖の仇を受け入れる赦しを逆サイドから見せる妙。何かと突っかかり、すんなりいかないのも象徴的。パグがチャーミング。(笑)
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • ausnichts
    #ブルーム・オブ・イエスタデイ #はてなブログ 映画「ブルーム・オブ・イエスタデイ」(完全ネタバレ)クリス・クラウス監督、ナチスと性の問題に切り込む - そんなには褒めないよ。映画評 https://t.co/9vMmEXmQAJ https://t.co/A3VKSZGvhS
    いいね

    良い
  • high_color6
    「ブルーム・オブ・イエスタディ」は出てくる大人が全員イカれてて、あまりのれなかった……。マトモな人がいない。
    いいね
  • pasco_girl
    「ブルーム・オブ・イエスタディ」当人同士は大真面目でも端から見ると愛すべき二人っているわけで、互いのルーツにあるホロコーストの悲劇すらトトとザジにはタブーではなく、触りまくっては大喧嘩する姿が斬新でいい。トラウマに囚われた必死な恋愛は立派なラブコメになっていた。博愛のラブでなく。
    いいね
  • masako_samantha
    クリス・クラウス監督『ブルーム・オブ・イエスタディ』鑑賞。『ありがとう、トニ・エルドマン』でも思ったのだけれど、自分にはどうもドイツの笑いはいまいちわからないところが(劇場の周囲の観客はけっこう笑っていたんだけれど)。【以下ネタバレ注意】ラストは全方面的に希望の結晶的な。
    いいね
  • fucci_th
    「ブルーム・オブ・イエスタディ」 開始1時間は主役ふたりの狂った行動で苦痛だった。けど中盤以降はこの映画の見方がわかってきて楽しめたな。人を選ぶタイプの映画な気がするけど、私的には好きな作品かな。 #映画 #ブルームオブイエスタディ
    いいね
  • usako_9389
    「ブルーム・オブ・イエスタディ」鑑賞。昨夜ね。ナチスの戦犯を祖父に持つ男と、ナチスの犠牲者となったユダヤ人女性の孫娘。共に、ホロコーストの研究者。最初は反発するが、次第に惹かれあっていく。独特のユーモア。ホロコーストを題材にした作品は何本も観たけど、こういうアポローチもあるんだ。
    いいね
    もっと見る Loading...