TOP >作品データベース >サーミの血

サーミの血

みんなの感想/評価
「サーミの血」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
94%
  • 良い
    38
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
1,713
ポジティブ指数93
公開日
2017/9/16
原題
Sameblod
配給
アップリンク
上映時間
108分
解説/あらすじ
北欧の少数民族サーミ人の少女が、差別や困難に立ち向かいながら生きる姿を描いたドラマ。1930年代、スウェーデン北部の山間部に居住する少数民族サーミ族は、支配勢力のスウェーデン人によって劣等民族と...
(C)2016 NORDISK FILM PRODUCTION
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • yuezhuangyuan
    『サーミの血』#movie サーミ人は脳みそ小さいと決めつけ 知識人を誇った我々が 頭脳を駆使したあげくに地球をこわし 周回遅れで放牧の智慧の崇高さに思いがいたるが 現代にサーミ人がバイクに乗ることをなじるおバカな文明人
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『サーミの血』@ テアトル梅田観。抗えない宿命、「血」に縛られた彼女の脱却壱人戦争。故郷に蔓延るそれに彼女の想いは年月が経っても払拭は出来ない…中盤まではその奮闘振りに感涙し奮ったが行き詰まってからの彼女の言動に違和感が生じた。小さき力の限界と甘え。重い群青の雰囲気を醸す佳作。
    いいね

    良い
  • tsuya_pi
    『サーミの血』 ★★ 心洗われるような蒼く広大で美しい映像とは裏腹に描かれるのは人の最も愚かな行為、偏見。教師の言う「あなたたちの脳では文明についていけない」という言葉がその文明を作り出した人間の未熟さを物語っている。
    いいね

    普通
  • 624ken
    UPLINK渋谷で『サーミの血』を鑑賞。サーミ人のことは全然知らなかったな。世界にはいろんな民族がいるんだね。主人公の少女が、サーミ人の運命に立ち向かう姿は、精神的に凄まじい強さを感じる。主人公の姿に釘づけとなった。
    いいね

    良い
  • kmrks
    『サーミの血』(Sameblod)鑑賞。130 ヨイクのくだりで「島唄歌ってよ」「イヨマンテ歌ってよ」「KARA歌ってよ」ってマイクロアグレッションになる事を自戒。 警察や教会に駆け込めない危機は想像を絶する。 #eiga
    いいね

    良い
  • kmrks
    『サーミの血』(Sameblod / SAMI BLOOD)鑑賞。タイトルに「SAME BLOD」綴りだと同じ血。スウェディッシュの綴りか。 マイクロアグレッションとか北や南の島の人とか置き換えて考えるとリアル。 #eiga
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『サーミの血』鑑賞。北欧の先住民族サーミの少女の話。知識もなく時代も境遇も違うが完璧に引きつけられた。涙に逃げず道を切り開いていく少女の瞳。老境になっても変わらぬその目力に彼女の人生を推し量る。監督のルーツに対する問いが普遍的ともいえる旅立ちと後悔の物語を生み出した。素晴らしい。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <サーミの血>民族衣装の配色やトナカイにデジャヴってたら、『アナ雪』のクリストフがサーミ人の設定だったと知って納得(そういや、彼も子供の頃苦労してた・・・)。サーミ人の民謡の旋律が美しくて優しくて、それを毛嫌いする現在が切なくて。
    いいね

    良い
  • nozawa_gekijo
    『サーミの血』故郷を棄てた少女。 彼女は名前を変え、後に教師となる。結婚し子供をもうけ、孫もいる。物語は、そんな彼女が背中を向けて以来、一度も会うことのなかった妹の葬儀に「行く、行かない」とグダグダするところから始まります。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『サーミの血』迫害に負けず夢と自由を求めた少女の物語。と同時に高潔な誇りと共に決別した人生との再会。歳月を経て顔を合わせる妹への独白が偽りと喪失感の日々を予感させる。本人もサーミ人という主演少女のドキュメントの様な自然な表情が輝く。
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『サーミの血』少数民族だからと、どうしてこれほどまでに差別を受けなくてはいけないのだろう。エレの強く、でも無鉄砲でもある行動にハラハラ。民族衣装で棺に納まった妹に謝り、何を思い、必死に故郷の山に登ったのか。考えずにはいられない。
    いいね

    良い
  • GD_momoco
    『サーミの血』可愛らしい民族衣装一つとっても彼ら子供達をうつむき歩かせるものになってしまうのか。少しだけおませで大胆な所もあるエレ・マリャの行動にハラハラ。全てを明かさない作りとラストのヨイクに彼女の今迄を想像して心が苦しくなった。
    いいね

    良い
  • snow200
    『サーミの血』北極近くスカンジナ半島北部ラップランドに住む少数民族サーミ人の少女の成長物語。国家の同化政策により宗主国の言語や習慣に倣い、先住民族の文化を否定されてしまう。アイヌ、バスク、アポリジニ、マオリ、マウイ然り。
    いいね

    良い
  • 370sana
    ノルウェー大使館にて『サーミの血』試写。可能性を諦めながらも置かれた環境で頑張る道と、例え茨の道でも自由に向かって突き進む道。どちらがいいという訳ではないけど、後者を選んで大地を走って行った主人公の心の強さ。その強さに憧れる。
    いいね

    良い
  • TokyoDeafActor
    『サーミの血』イタイ泣 デフ=聾としてLGBTとして差別を受けた者として泣きたくなる リアルすぎ 風景やヒロインの力強い視線が美しい うちは聾としてもLGBTとしても誇りに思う 夢見て上京した自分に似てる ありがとう、聾芸人より
    いいね

    良い
  • mim_3_
    『サーミ・ブラッド』世界には知らないことがたくさんありすぎる。サーミ族のこともよく知らず、スウェーデン人によって支配されてたのねえ。なので、描かれていたことだけでもかなり驚いたんだけど、その背景やら少女の心情やらに思いを馳せるとそれはもうずっしり重たくのしかかる作品。
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『サーミ・ブラッド』#TIFFJP @ tohoシネマズ六本木♪北欧映画好きだしと軽い気持ちでいたらがっつり重く、でも観て良かった。変わりたい自分とそれを許さない環境であがく姿に映画の終わりからこの物語が始まるまでの苦難が頭を巡る。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【サーミ・ブラッド】TIFF。美観のラップランドに住むサーミ人。顔にノギスを当てる行為は彼らへの差別が自然人類学的な偏見に根差す事を端的に放つ。凛とした力強い行動と少女らしい行動の間の揺れに胸が詰まる。生き抜いた人生を慮る。 #映画
    いいね

    良い
  • mukkunsan
    『サーミ・ブラッド』スウエーデンの少数民族として生まれた老女が少女時代にあった事柄を振り返る話。映画では語られている部分は一部であったけど、その後の人生についても観客側に想像を掻き立てる。今回観たコンペ部門の作品で一番印象に残った。
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『【TIFF 2016】「サーミ・ブラッド」劣等民族として差別されるサーミ族に生まれた少女は…。』https://twitter.com/yukigame/status/792032889919512576
    いいね

    普通
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    d_hinata
    1997movies / tweets
    advertisement

    follow us