TOP >作品データベース >サバイバルファミリー

サバイバルファミリー

みんなの感想/評価
「サバイバルファミリー」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
77%
  • 良い
    56
  • 普通
    16
  • 残念
    2
総ツイート数
14,347
ポジティブ指数93
公開日
2017/2/11
配給
東宝
上映時間
117分
解説/あらすじ
「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖監督が、原因不明の電気消滅によって廃墟寸前となった東京から脱出した一家の奮闘をコミカルに描いたサバイバルドラマ。東京で暮らすごく平凡な一家、鈴...
(C)2017 フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • strong__style
    『サバイバルファミリー』 「停電」ではなく電気を使用するものはすべて使えないという設定がいい。ハリウッドだとこういう映画どうしても殺伐としてしまうが、「文明」を失ったことで人々の優しさや絆が強調されるのが日本的。
    いいね

    良い
  • yasuyukikono
    『サバイバルファミリー』この監督も白矢口と黒矢口の2系統あって今作は黒い方wでこの監督はそっちの方がが生き生きしている.ありえない設定なのでファンタジーと思って観たが,矛盾が気になる人はノレないだろうなぁ.
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『サバイバルファミリー』もうすこし期待していたのだが、ちょっと矛盾が多いというか、ご都合よろしすぎるというか、家族のおかれた状況と回りがマッチしていない展開になってきて失速。しかし実際ライフラインが止まるとこういう状況に落ちるかもね
    いいね

    普通
  • 470121Kob
    『サバイバルファミリー』ある日突然、電気ガス、水道と全てのライフラインがストップしたら、日頃から便利な生活に慣れすぎてるので現実に起こったらリアルで怖いと思った。笑いあり、感動ありで、面白かった
    いいね

    良い
  • Ripley2001
    『サバイバルファミリー』を観た。パニックものとか社会派テーマとかじゃなくて、家族は誰か(この場合は母)が強ければ、どんな世界でも図太く生きていけるものなんだな〜と。ヤマ場のシーンは『バトルシップ』でのミズーリ登場シーンのような感動。
    いいね

    良い
  • kamihiko
    『サバイバルファミリー』おもしろいんだけどなぁ。やっぱ予告のミスがする。ちゃんとおもしろいし、予告での方向性がミスってるんだと思うんだよな。元に評価は高いんだよ、大抵。
    いいね

    良い
  • ye777cbfd7spzqd
    『サバイバルファミリー』 サバイバル映画としては、基本的な人間やその間関係がリアルだったので細かい嘘は気にならず楽しめた。 コメディとしてもさり気ないセリフに笑いが入ってたところも好印象。80点。申し分ない良映画。
    いいね

    良い
  • pharmacy_toe
    『サバイバルファミリー』片時もスマホを手離せない都会暮らしのヘタレ人間としては、生き残れない自信がある。そんな時に強いのは田舎暮らしだが、今さら田舎で暮らせと言われても、それもまた厳しいなと思い、途方に暮れてしまう映画だった
    いいね

    良い
  • boundey_gx
    あらすじから想像される「昔の生活への都合の良い回帰」でもなければ「説教臭い現代社会への警鐘」みたいな話でもない。状況の見えない中で図太くも図々しく生き抜く家族の物語。登場する「その辺にいそうな」の人物描写はさすが矢口監督だ
    いいね

    良い
  • MondMasa
    決して文明批判ではなく、もしも〜というシチュエーション映画。つエンタテイメントになってます。言ってしまえば、監督の好奇心から始まった映画です。お父さんの土下座シーンは涙出た。
    いいね

    良い
  • MondMasa
    これは「もし東京に電気がなくなった?」をリアルに突き詰めた恐怖映画でした!音がしない日常にゆっくりと近寄る死が怖すぎる。ゾンビやゴジラが来るよりも、当たり前のものが無くなる方が恐ろしいっ!
    いいね

    良い
  • johnny_pay_pay
    『サバイバルファミリー』8/10点。 徹底的にミニマムな視点。独り暮らしの寂しさで未来への不安を語り、目的地への遠さで夫婦の馴れ初めを語る。 生活で災害を、災害で生活を語ることで、非現実な設定に人間味が宿る。見事。
    いいね

    良い
  • Mochina1984
    『サバイバルファミリー』現代の便利快適な都会生活から不便な原始生活へ。コメディを装いながらも笑いの狙いが笑えないのはご愛嬌だが、震災直後の日本を彷彿させるうすら寒いシーンをチラ見させる製作陣のシニカルな意図作為に共感を持ってしまう。
    いいね

    良い
  • KJ_LINE
    『サバイバルファミリー』生きるという一点において、全てがシンプルになっていく。価値観も変化し、出来ないと思っていた事も出来る様になる。この変化が見ていて面白い。全てがOFFになると、人間がONになる。この一言に全てが集約されていた。
    いいね

    良い
  • masaji0101
    『サバイバルファミリー』新宿ピカデリー。面白そうな設定だと思ったので観ましたが、ん〜悲壮感が全くないサバイバルもの。コメディタッチではあるのだが、笑えるシーンは無かった。最後の数分だけは良かったけど。豚の燻製が美味そうだった🍖
    いいね

    普通
  • tsuccheee
    22本目『サバイバルファミリー』。題材のせいか矢口監督のいつものノリとはだいぶ違う印象。勿論コミカルなところは多々あれど、笑うに笑えない感覚の方が先に立った。でも、一家の成長物語としての真摯な態度に、むしろ好感を持った。
    いいね

    良い
  • syuko1
    『サバイバルファミリー』隣で一緒に見ている夫が 小日向さんとかぶって、愛おしくなりました。家族がいれば 生き抜ける^^
    いいね

    良い
  • genzanobuyuki
    『サバイバルファミリー』 ある日突然、電気が消える。都会っ子が右往左往する様が、淡々と滑稽に綴られている。ある種のホラー的な空気も感じさせる不思議なコメディ。滅んだ後でなく、滅びゆく世界を描く静かなポストアポカリプス映画とも言える。 やはり文明的な生活が一番だ。
    いいね

    良い
  • mokomoko37
    @TC市川。 矢口作品にしては笑い成分がやや薄めながら、文明に慣れきってしまった危うさや災害シミュレーションの側面としても楽しめる。小日向さんのいいとこ見せたくてうまくいかずすぐ拗ねてしまう父親に妙な共感を覚えてしまう(笑)
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『サバイバルファミリー』文明に慣れ切ってしまったことに、震災後は反省したはずなのに人間て忘れっぽい。不自由なときのほうが優しさに敏感だったり、人間らしかったりする。電気を求めてのチャリ旅は、まるでゾンビ。お風呂とお布団、最高!
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    more info
    coco 映画レビュアー
    xxtonchiki
    2840movies / tweets
    advertisement

    follow us