TOP >作品データベース >天使にショパンの歌声を

天使にショパンの歌声を

みんなの感想/評価
「天使にショパンの歌声を」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
62%
  • 良い
    10
  • 普通
    5
  • 残念
    0
総ツイート数
739
ポジティブ指数93
公開日
2017/1/14
原題
La passion d'Augustine
配給
KADOKAWA
上映時間
103分
解説/あらすじ
閉鎖寸前の音楽学校を舞台に、生徒や教師たちが音楽によって心を動かされていく姿を描いたドラマ。カナダのケベックにある、白銀に囲まれた小さな寄宿学校。同校は音楽教育に力を入れ、コンクール優勝者も輩出...
(C)2015-9294-9759 QUEBEC INC. (une filiale de Lyla Films Inc.)
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • araoji
    『天使にショパンの歌声を』を観る。 演奏はできないが、音楽を題材にした映画好きなのです。 そんな意味では、この映画はど真ん中でした。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『天使にショパンの歌声を』修道女の世界にも改革の波が押し寄せてくるというのは、特別なことではなく現実なんだろうけれど、それをどう受け止めて新しい時代を作っていくのかというのがやっぱり大事でありどこの世界も同じなんだということ
    いいね

    良い
  • __bunzuiro__
    『天使にショパンの歌声を』 少女達の歌声、ピアノの音色、名曲の数々…それだけでも一見の価値あり♪素敵な作品でした。#movie #映画
    いいね

    良い
  • 85053bbec6d2417
    『天使にショパンの歌声を』近代化と自由化の波による経営難に陥る修道院寄宿学校。音楽と絆で乗り切ろうとするが阻むのが同じ修道女という皮肉。吹き替えなしの歌とピアノは圧巻。スポ根になりそうな題材を人間ドラマとして描く良作。戦う女は美しい
    いいね

    良い
  • syuko1
    『天使にショパンの歌声を』男女同権を声高に叫び始めた時代に 女の敵は女であることの愚かさを思い知りました。笑。音楽と歌声が素敵で 吹き替えなしの演奏で驚きです。女学生のコートや帽子が可愛く ケベックの冬景色が美しい。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <天使にショパンの歌声を>1960年代、修道院が運営する音楽学校が舞台。清らかな歌声や感情溢れるピアノの演奏も耳福だったけれども、近代化の波がケベックの修道女に訪れた変化を知れたのと、ケベックの広大な風景を楽しめたのも良かったな。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【天使にショパンの歌声を】続) 冴えた面立ちで女優としての今後も期待。友達ゴーティエの歌った『別れの曲』には深い意味が窺われて思わず落涙。これまた吹き替えなしの歌声というから驚き…エリザベス・ギャニオンも実に愛嬌があった。 #映画
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【天使にショパンの歌声を】続) 修道女も社会の変化に適応できなければ生き残れない。限られた台詞と音楽で人物達の背景まで浮かび上がらせる表現力には感服。アリス役のライサンダー・メナードはピアニストの本領発揮、見事な演奏で魅了。 #映画
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【天使にショパンの歌声を】閉校になりそうな修道院音楽学校を音楽の力で救おうと奔走…そんな掴みからは予想しなかった深い人間ドラマ。かつては斬新な手法で学校を変えた筈の女性校長が奔放で非凡なピアノの腕を持つ姪に手を持て余す現在。 #映画
    いいね

    良い
  • noresoba1026
    『天使にショパンの歌声を』物語自体はまさに定番♪ 奇をてらった派手めな演出や奇跡のラストはないけどその分ストレートで鑑賞後も余韻に浸って感動。 別れの曲はやっぱりイイ(^^♪
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • kazuhiro_uraga
    『天使にショパンの歌声を』観ました。どうせラストシーンでバカテクピアノ少女が意味もなく即興演奏して観客の拍手喝さいを浴びるんだろうなあ、と半ば冷めた目で見ていたが、もっと足が地についた展開だったので、己の不明を恥じました。大袈裟に盛り上がるシーンはないけどいい映画だと思う。
    いいね

    良い
  • asapu918
    『天使にショパンの歌声を』試写。地味だけど、ショパンの音楽も手伝ってすごく感動する。反抗的な少女の内なる孤独が曲の中に表れると同時に、閉校直前の校内でそれぞれの想いを秘めた女性たちの心情が浮かび上がる。終盤、制服を脱いだシスターたちの鎧を外したかのような清々しさが印象的。
    いいね

    良い
  • wbis_wsbi
    そういえば、先日『天使にショパンの歌声を』を観まして、良かったです。ライサンダー・メナードのピアノ、ど素人の私でも上手いぞ!というのが分かるくらい、素晴らしい演奏だった。
    いいね
  • mukmukclub
    「天使にショパンの歌声を」観る。素晴らしい傑作。ほんわかした邦題からは想像できない深い内容。60年代カナダを舞台に、聖域が権力に侵されていく過程を描くシビアで美しい作品。必見。
    いいね
  • E_clear_sun
    「天使にショパンの歌声を」を見た。(横浜シネマリン)クラシック好きなのでピアノ演奏と歌声は楽しめた。アリス役の人は実際のピアニストらしく吹替なしで演奏しているらしい。彼女がひく「愛の夢」と「別れの曲」は耳に優しい。「別れの曲」は3分程度の曲なので一曲丸々演奏してるのが楽しめる。
    いいね
  • chasingAMY8217
    「天使にショパンの歌声を」、これがハリウッド映画だったら「天使にラブソングを」ばりにドッカンドッカン笑わせて泣かせて大感動作に仕立てるんだろうなあ。とても地味でまじめな映画だった。でもこの映画の魅力はじつは他にあって、素晴らしい乙女ムービーだった。
    いいね
  • kimonomama
    もう1本、天使にショパンの歌声を/La Passiom d'Augustine。舞台がケベックで100%フランス語。カトリックの修道会と学校経営、教育行政、修道女の人生が悲喜こもごも。ハッピーエンドじゃないところがまたしんみり。その後の彼女達に幸あれと。
    いいね
  • aki_raa
    『天使にショパンの歌声を』観た。1960年のカナダ・ケベック州における静かなる革命によって、修道院経営から公立へと淘汰されていく音楽学校の話だった。少女が成長していくように時代も変わる。いつの世も変化のその瞬間は、古き良き時代を思い出して切ないね…。
    いいね
  • perlman0822
    久々に映画を見ました!! 『天使にショパンの歌声を』 音楽は素敵だなーと思いました。どんな理不尽なことが起ころうと、音楽はいつでも味方してくれるし素直。 自分がそんな音楽に触れることが出来てるのはとても幸せなことなんだなーと改めて気付かされた気がします。
    いいね
  • chiekaradaisuki
    天使にショパンの歌声をは とにかく ピアノが素晴らしい 実際に弾いている少女は カナダの未来を代表する30人に 選ばれ、実際に今も 音楽家として活動している実力者 ショパンの「別れの曲」が とにかく胸にくる
    いいね
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    d_hinata
    1759movies / tweets
    advertisement

    follow us