TOP >作品データベース >サラエヴォの銃声

サラエヴォの銃声

みんなの感想/評価
「サラエヴォの銃声」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    15
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
268
ポジティブ指数90
公開日
2017/3/25
原題
Smrt u Sarajevu
配給
ビターズ・エンド
上映時間
85分
解説/あらすじ
アカデミー外国語映画賞受賞作「ノー・マンズ・ランド」のダニス・タノビッチ監督による群像ドラマ。第1次世界大戦勃発のきっかけとなったサエラボ事件から100年が経った2014年6月28日。記念式典が...
(C) Margo Cinema, SCCA/pro.ba 2016
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • SARUCO1013
    『サラエヴォの銃声』第一次大戦とは欧州には大きな転換点なのだな。ホテルの名前もそれを象徴してる。国境、民族、宗教…常にそれらの混沌に晒される地。島国に暮らす私には、胸が痛い。フロントマンの彼女、後ろ姿をずっと追っていたいくらい素敵。
    いいね

    良い
  • nani1tenda
    『サラエヴォの銃声』支配人から意中の彼女がセクハラを受けている時に助けろよ!とかそんなに簡単に銃を出すなよ!とか不安にさせる登場人物たちの行動にハラハラした。女性従業員が早歩きでホテル内を巡るカメラワークとラストの余韻が良かった。
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『サラエヴォの銃声』ホテルでの数時間の出来事だけど、100年前の事件の歴史を重く感じさせ、今も残る認識の差、ホテル従業員のストライキ、阻止しようとする支配人の力の使い方など、緊張感が漂う作品。もっと勉強してから観たかったかな。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『サラエヴォの銃声』『汚れたミルク』ではダイレクトに問題点に切り込んで行ったが、これは趣向を変えて「ホテル・ヨーロッパ」で起きる様々な問題はサラエボ事件にも繋がっていくのだということを見事に見せている。女性ジャーナリストとサラエボ民族主義者は仲良くなれそうな感じになったけど、
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『サラエヴォの銃声』第一次世界大戦のきっかけとなったサラエボ事件を振り返るインタビューでスーザン・ソンタグに近い立場の女性ジャーナリストがサラエボの民族主義者の男と討論になり、その会話に現在のヨーロッパの混乱が浮き彫りにされる。そして「ホテル・ヨーロッパ」で起きた事件はその縮図。
    いいね

    良い
  • brindledcat
    『サラエヴォの銃声』巧い展開だなぁと、無知な私でも思う作品。が、ちょっとこの事件について勉強してから行くと凄く楽しめると思う。トークイベントの千田善さんの説明がわかりやすくて助かった。
    いいね

    良い
  • 624ken
    新宿シネマカリテで『サラエヴォの銃声』を鑑賞。サラエヴォ事件から100年目の記念式典の群像劇。不穏な空気の85分ですね。それぞれの登場人物がはち切れそうで緊張。この映画は、この国の奥深いところを、見事に描いているんだろうな。
    いいね

    良い
  • garancear
    『サラエヴォの銃声』トークショーで「サラエボ事件100周年記念でフランス人俳優(本人)が一人芝居を演じた」のが事実と知る。知識不足で消化不良ではあるが、民族の対立、経済の破綻(最高級ホテルがうらぶれていることよ)をテーマにしつつ、長回しや群像劇など映画的な手腕も際立つ。 #映画
    いいね

    良い
  • emim20177348
    『サラエヴォの銃声』これまでの旧ユーゴを扱った映画とまた違った感覚の作品。構成・カメラワークで緊張感が最後ま続く。
    いいね

    良い
  • mim_3_
    『サラエヴォの銃声』長回しや背後からのショットが多かったのが印象的。ホテルに集まる人々の群像劇の中、ジャーナリストのインタビューを通して社会情勢がかなり語られる。サスペンスを期待したけど、重めの社会派ドラマだった。ダノヴィッチ監督は作品ごとにいろんな視点から社会を鋭く描くねえ。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【サラエヴォの銃声】未だ民族紛争の絶えぬ地で、サラエボ事件を下層に敷きつつホテルの裏側を描いた群像劇。そのラストは、もはや100年前とは違い、誰が悪者なのかすら見えない現代社会の闇を暗喩するかの様で見事な社会派ドラマだった。 #映画
    いいね

    良い
  • TokyoDeafActor
    『サラエヴォの銃声』まず火花が散るような競演にびっくり拍手 バルカンの火薬庫と呼ばれた旧ユーゴの民族的歴史など予備知識がないと難しくなり混乱する 以前セルビアとクロアチアに行ったことあるが美男美女の国だったよ 聾役者の感想でした
    いいね

    良い
  • GD_momoco
    『サラエヴォの銃声』難しかったが面白い。重めな良作。支配や従属、扇動に対する阻止など、対義語が浮かぶ。ヒリヒリとした緊張感にふわっと現れる優しい場面に涙腺が緩む。ホテルの設計図とともに味わいたい気分になる程部屋と人の数だけドラマが!
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『サラエヴォの銃声』②並列進行させる手腕。インタビューによる解説。監督の仕事はこちらを飽きさせない。人物を背後から捉え移動する先に何が待ち受けるか?その緊張感は我々を観客である事を忘れさせる。いや、許さない。構成、カメラの妙。#映画
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『サラエヴォの銃声』①およそ美しいであろうホテル外観は一切現れず、様々な立場の者の思惑が交錯する内部のみに注視する。政治的、民族的、歴史的な背景に苦悩し答えの無い問題を抱える現代のメタであるホテル。その混沌を85分リアルタイムで
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • ausnichts
    はてなブログに投稿しました #はてなブログ 映画「サラエヴォの銃声」(ネタバレ)前半はややかったるいが、後半に至れば傑作! - そんなには褒めないよ。映画評 https://t.co/LSqCB9htxC https://t.co/PT2KaGFlvh
    いいね

    良い
  • nagasumi_hasi20
    『サラエヴォの銃声』の面白さが分からなくて悲しい😖💦
    いいね

    普通
  • noraneko285
    「サラエヴォの銃声」ならば100年後ヨーロッパ・ホテルで放たれた誤解の銃弾は、何を引き起こすのか。ある種のメタ構造を持つ興味深い寓話劇。インタヴュアーと皇太子暗殺犯と同じ名前を持つ男との会話がキー。理解するには第一次大戦勃発の顛末とボスニア紛争の基礎知識が必須。#映画 #eiga
    いいね

    良い
  • asapu918
    『サラエヴォの銃声』試写。ダニス・タノヴィッチ監督最新作。ホテルを舞台にした群集劇。人物が多い上、政治事件が背景にあるので予習した方が理解しやすい。が、従業員たちのスト決行を阻止しようとする支配人の恐ろしい根回しと、ホテル内の様々な部屋へ移動する緊張感溢れるカメラは必見。
    いいね

    良い
  • jarinkocafe
    「サラエヴォの銃声」観ました。サラエヴォ事件や、ボスニア・ヘルツェゴビナの歴史をよく知っている人なら楽しめたんだろうと思う。ただ、今も対立の続いている状況は感じることができた。ある人がテロリストなのか英雄なのかは立場によって見方が変わる。神が存在するなら、なぜ人を争わせるのだろう
    いいね
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    jujunoshippo
    1369movies / tweets
    advertisement

    follow us