花戦さ

みんなの感想/評価
「花戦さ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
75%
  • 良い
    24
  • 普通
    4
  • 残念
    3
総ツイート数
11,075
ポジティブ指数92
公開日
2017/6/3
配給
東映
上映時間
127分
解説/あらすじ
野村萬斎が、戦国時代に実在した池坊専好という京都の花僧に扮し、天下人である豊臣秀吉に専好が単身立ち向かう姿を描いたエンタテインメント時代劇。織田信長が本能寺で倒れ、天下人が豊臣秀吉へと引き継がれ...
(C)2017「花戦さ」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • gadget9007
    『花戦さ』(篠原哲雄)、アクション要素のない時代劇だけど、時代劇らしい味があって、映画自体も緊張と緩和のバランスが良かったし、野村萬斎をはじめ俳優陣も音楽の付け方も画作りも良い。大人の映画だなぁ。 #映画
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【花戦さ】続) 多様性尊ぶテーマも如何にも華道らしくて納得。ただ野村萬斎の顔芸がキツすぎて、却って専好のキャラクターが薄められた感は残念。 #映画
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【花戦さ】花が主役…と言っても良いほど、野に供された花も広間に組み上げられた花も兎に角どれも美しい。華道家元池坊監修の下、見事な生花を収集しアレンジしたスタッフに拍手。背景の水墨画も一体感あって素晴らしかった。 #映画
    いいね

    良い
  • towa0809
    『花戦さ』大河ドラマのような豪華キャストがそれぞれ役柄と合っていて渋い魅力満載。名だたる戦国武将が登場しますが、派手な合戦場面は無し。萬斎さん演じる池坊専好と市井の人々の温かいやり取りが微笑ましいのですが…。佐藤浩市さんの千利休が優しくて悲しくて。
    いいね

    良い
  • trustpine
    花戦さ、観ました。時の天下人・豊臣秀吉に刃ではなく花で戦いを挑んだ華道家元・初代池坊専好の姿を描いたエンタテインメント時代劇です。すごくいい線いってるんだけども、時代劇としての空気感が希薄だったのが残念。あと野村萬斎も頑張っているんだけども、なんだかなぁという感じです。
    いいね

    普通
  • emim20177348
    『花戦さ』登場する数々のいけばな作品が素晴らしいく、花の生命力が感じ取れました。専好役の萬斎さんをはじめ、豪華な出演者の競演も見どころ。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『花戦さ』劇場で鑑賞。世に蔓延する理不尽に"美"で戦を挑んだ男の物語。飄々としながら内なる強かさや人間味を醸し出す野村萬斎の芝居は最早名人芸の域で、殆ど彼の独壇場になっている。ただ彼の魅力以外の見所が特に前半は薄かったのが勿体無い
    いいね

    良い
  • tomochan2013101
    『花戦さ』楽しかったです(^-^)実話がベースとか!権力者の横暴に花で対抗する、大胆で愉快な映画!池坊が監修だけあって、立花が見事!本当は暗い話だけど、花の力で見事に咲いたストーリー!
    いいね

    良い
  • ruruo
    『花戦さ』舞台と役者は揃っているのにこの薄さは…と思ったら迷作「スウィートハート・チョコレート」の監督じゃないか!
    いいね

    残念
  • hrhtito
    『花戦さ』池坊専好と千利休の交流、天下人豊臣秀吉との確執を軸に、しみじみと人の心を描く。華道、茶道が格式張らずすごく親しみやすく描かれていてよかった。やたらとアップで迫ってくる、野村萬斎の動の顔芸と佐藤浩一の静の顔芸が見応えあり😁
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『花戦さ』@ tohoシネマズ日本橋♪昇り龍が圧巻! 華道も茶道も身近じゃなくて敷居が高い印象だったから、昔はこんな風に誰もが集えるような所にあるのはいいなぁと思えた。そして信長のシーン、、役者陣が豪華なせいで大物感出すぎてて怖いw
    いいね

    良い
  • h_itaba
    『花戦さ』野村萬斎が演じると、どの人物も風変わりになってしまうが、初代池坊専好は本当にこんな人物だったのだろうか。型をきっちり守る茶道に対して、華道は、家元という伝統を引き継ぎながら、独創的にもなりうるというところがとても興味深い。
    いいね

    良い
  • brindledcat
    『花戦さ』野村萬斎の百面相を観た。戦国時代を舞台にしてるとどうしても殺陣のシーンが多くて飽きてしまうのだけど、華道と茶道を題材にしてるのが新鮮で面白かった。出てくる生花が、とにかく素晴らしい。
    いいね

    良い
  • kukucoo
    →画的な見どころは豪華な立花。題材に相応しい美しい花をたくさん見る事が出来る。萬斎さんはいつもの萬斎さんだけれども、さすがの所作。自由で可愛くて優しい専好さん。サブの位置・利休の浩市さまも控えた演技が素晴らしい。少年のような森川葵ちゃんの可愛さも必見『花戦さ』#eiga #映画
    いいね

    良い
  • kukucoo
    →戦国といえば利休はよく題材になるが、珍しい初代・池坊専好を主役に据えた物語。もちろんモデルの人は どれほど秀吉や利休と関わっていたかは解らず、ゆえに「庶民に近い専好目線の戦国」が描かれる。主軸になる利休との触れあいシーンが温かく美しい 『花戦さ』#eiga #映画
    いいね

    良い
  • araoji
    『花戦さ』を観る。 相変わらず、萬斎さんの芯がありながらも人を翻弄したらす演技はとてもいい。 出演者も演技豪奢ばかりで、枯れ専様作品かと思ったがこういった映画もアリでは・・・。 やはり花とそれぞれの姿勢がいい。
    いいね

    良い
  • kukucoo
    『花戦さ』とりあえず…この「秀吉ギャフン」っつーコピーは止めた方がいいと思うの。コメディではなく、刀を交えない立派な戦もの。人も死ぬよ~~。しかし、キャストとお花は豪華。主要キャストは誰が信長・秀吉・利休・専好でもおかしくなく、シャッフルしてみたくなる #eiga #映画
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『花戦さ』野村萬斎の顔芸映画。睫毛長っ!やたらと顔面アップが多いのだけど、萬斎さんの表情の作り方は妙な色気があって観ていて不快になる事はない。若干詰め込み過ぎた感はあるけど悪くなかったので、観て損は無かった。
    いいね

    良い
  • mn808nm
    『花戦さ』心を揺さぶられる映画でした。内容も素晴らしかったのですが和の心がこんなにも美しく映像から伝わってくることに感動しました。日本の伝統文化を守らねば、伝えねばと思わせてくれる大切な映画になりました。
    いいね

    良い
  • saaco5909
    『花戦さ』花の力と仏の力。怒りも涙も笑顔に変えてしまう専好さんのお人柄が良く出てました。表情豊かな野村萬斎、終盤はウルウルきました。花一輪にも人を丸くする力あり。素晴らしい立花の数々拝見しました。この時期、菖蒲が綺麗ですね。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    frodopyon
    1626movies / tweets
    advertisement

    follow us