TOP >作品データベース >わたしは、ダニエル・ブレイク

わたしは、ダニエル・ブレイク

みんなの感想/評価
「わたしは、ダニエル・ブレイク」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
90%
  • 良い
    63
  • 普通
    7
  • 残念
    0
総ツイート数
3,261
ポジティブ指数97
公開日
2017/3/18
原題
I, Daniel Blake
配給
ロングライド
上映時間
100分
解説/あらすじ
2016年・第69回カンヌ国際映画祭で、「麦の穂をゆらす風」に続く2度目の最高賞パルムドールを受賞した、イギリスの巨匠ケン・ローチ監督作品。イギリスの複雑な制度に振り回され、貧困という現実に直面...
(C)Sixteen Tyne Limited, Why Not Productions, Wild Bunch, Les Films du Fleuve,British Broadcasting Corporation, France 2 Cinéma and The British Film Institute 2016
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • yagi_gabu
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』期待が大き過ぎだかな。これだったらドキュメンタリーの方が良かったかな?全然悪くはないんだけど、心震えることもなかった。
    いいね

    普通
  • heart_break_k
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』ラストの切れ味たるや。傑作。
    いいね

    良い
  • saruyan66
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』お役所のシステムがまったくの空回りで国自体が疲弊しているのが切実に感じられる。それでも力をいつでも貸すよといってくれる人の暖かみも同時に存在し、涙した。手に職がある人間を生かせてない現実もあった。
    いいね

    良い
  • ikeo0
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』悲しくてやるせない。一人一人の事情は違うのに纏めてはね除けるお役所仕事はどこの国も同じなのか。親切な人の中にも警戒すべき相手はいるがその逆もあり。淡白な終焉とエンドロールは静かな怒りで満たされている。
    いいね

    良い
  • amgswb2013
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』鑑賞 辛い映画だった。でもこれが悲しい現実であり向き合わないといけない現実だと感じた 冷酷なお役所仕事を痛烈に批判するイギリス版『生きる』と言っていいかもしれない 最後に見せた彼の意地に拍手
    いいね

    良い
  • maytofive
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』それにしても役所の職員ってどうしてあんなに威丈高で横柄なんだろう。給付金を増やすのは簡単じゃないけど、言葉なんてタダじゃないか。
    いいね

    良い
  • maytofive
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』主演がコメディアンの方と聞いて「天使の分け前」みたいにユーモアを絡めて…と思いきや、いかにもKローチらしい飾り気の無い実直な映画だった。余計な音楽や派手な演出を排したスタイルがこの映画の題材に相応しい
    いいね

    良い
  • maytofive
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』大工として真っ当に働いて来たであろうに病気で無職になった途端生活苦…って人ごとじゃない。最後のスピーチに尽きる。総て社会保障でカバーするのは無理でも人間の尊厳を捨てないと受けられない保障って哀し過ぎる
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』人がプライドを捨てるのって生きていくためじゃないですか。普通に生活していくためじゃないですよね。普通に生活していくためには食と睡眠と趣味と交通が必要なんです。持ってる人が要らないものを無駄にしすぎ。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』ケアがつくドラッグストアの面接官には見捨てられC◉ー◉Pにも生活の術を軽く見られ死そうになりました。あと家族マートの塚っちゃん似のパート、廃棄を粗末に投げんな。肥り過ぎだ、飢えろ。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』結局みんな他人に関わるのが仕事でも面倒なんでしょうね。プロは少ない。公務員もそうだけど、悪い方の大人の割り切り方をしてるのは面接担当の人もそうですよね。不採用はいいから勘繰らないようにヒントをくれよ。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』まともに食っていけるのは偶然なんだよ。弾かれた人は運が悪かっただけなんだよ。だから人間が動かせるものは循環させようよ。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』っていう感じの態度は責任を感じないようにしてるんだと思う。世の中に実るほど首を垂れる事が出来る素質のある人と経験をした人はほとんどいないってことですかね。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』そもそも弱者の救済を名目にしてる制度が弱者中の弱者を切り捨てるという破綻っぷり。あと役所の人の時間のかかるたらい回しは自ずと諦めるように仕向けてるし、「私は正当に話をしています。熱くならないで」って
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』ラジオで聴いた落書きシーンまでが長い。そこまでは覚えのある役所感が偏頭痛くるくらいイラつく。
    いいね

    良い
  • Hanashi_Sagashi
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』何度か描かれる役所を訪ねる場面で、ほぼ同じ構図で撮られた、ダニエルの“怒り”の表情の段階的な変化が印象的でした。 ある場面ではうっすら殺意を滲ませていたり、ある場面ではもはや諦念が漂っていたり…
    いいね

    良い
  • 624ken
    新宿武蔵野館で『わたしは、ダニエル・ブレイク』を鑑賞。イギリスの福祉制度って複雑そうだね。シングルマザーとの絆にはうるっときました。社会的に弱者の現実はつらくてたまらないが、お役所以外の周りの人たちの温かさに救いを見る。いい映画。
    いいね

    良い
  • h_itaba
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』全くやりきれない。善良な一般市民を翻弄する、まるで冗談のような規則一点張りの役所仕事。ケン・ローチ監督が、引退表明を撤回してまで描きたかったもの。監督の静かな怒りが伝わってくる。最後はもう涙なくして。
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』ああ、そうだった。市民、って何?と思ってた。税金払うことで社会を形成しているんだよね。それが社会保障となってくるはずなんよね…シンプル。一見穏やかはあるが鋭き問題。そして、良心の行く末はいつも悲しい。
    いいね

    良い
  • MilkBanan
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』#movie めっちゃ泣いてる人いてた。ワタシは、泣けなかった。どこの国でも政府、役所って糞だという感想。イギリスの寝室税ってなに? なんでも民営化は相当危険です。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    besi_sake
    1412movies / tweets
    advertisement

    follow us