TOP >作品データベース >わたしは、ダニエル・ブレイク

わたしは、ダニエル・ブレイク

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
90%
  • 良い
    89
  • 普通
    10
  • 残念
    0
総ツイート数
3,322
ポジティブ指数97
公開日
2017/3/18
原題
I, Daniel Blake
配給
ロングライド
上映時間
100分
解説/あらすじ
2016年・第69回カンヌ国際映画祭で、「麦の穂をゆらす風」に続く2度目の最高賞パルムドールを受賞した、イギリスの巨匠ケン・ローチ監督作品。イギリスの複雑な制度に振り回され、貧困という現実に直面...
(C)Sixteen Tyne Limited, Why Not Productions, Wild Bunch, Les Films du Fleuve,British Broadcasting Corporation, France 2 Cinéma and The British Film Institute 2016
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • adzukiaddict
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』そうだよ。誰だって気高く生きたいよ。気高さとか尊厳とかを奪い取るようなルールってなんなのよ。ほとんど暴力だよ。悲しかった…。
    いいね

    良い
  • 99993g
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』こうなったら嫌だなと思ってた通りに進んでしまい辛かった。絶対に観ておく作品。善人が報われないお話はほんと心にきます。
    いいね

    良い
  • mooovie
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』をキネマ旬報ベストテンで鑑賞。区役所の複雑な制度や対応に日本も同じだと痛感。区役所は複雑化する割には、人を救うという意識はないよなぁ。最期まで尊厳を失わず、自分らしさを貫いたダニエル。お金は無く貧しくても、心まで貧しくちゃいけないと思う今日この頃。
    いいね

    良い
  • masurrey
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』見た
    いいね

    良い
  • hinamyon
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』給付金を受けるための手続きと闘う老人のお話。与える側であるはずの行政が尊厳を奪っていくという皮肉が淡々と描かれる。大事なものは手元に置いて愛を注いだ彼の強さや優しさが、孤独にさせなかったのだと感じた。
    いいね

    良い
  • It_is_empty
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』こんなにも生きづらい国なのかイギリスは!職につけない、そんな怒りをギターや強盗や女にぶつけず、ひたすら制度や国と戦い続けるストーリーで驚いた。監督は国に誰かを殺されたのだろうか?怒りや憎しみが凄かった
    いいね

    良い
  • bintang1999
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』福祉に寄りかかって楽をしたいわけじやないんです。私は怠け者でもたかり屋でも物乞いでもない、尊厳を踏みにじるな!ですよ。泣けた。
    いいね

    良い
  • rocky_monkey
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』 就労困難な現代を背景とした、実直な男ダニエル・ブレイクの物語。何故、医師と生活支援認定人の判定が異なるのか。就労不可能だと医師が言ってるのに、認定人が可能ですって、そんなことあるのだろうか…
    いいね

    良い
  • polalain
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』イギリスの福祉制度の複雑さ、自身も窮地に追い込まれているのに、困っている隣人に手助けをするダニエル氏。彼がしたためた 訴えが胸に迫る。
    いいね

    良い
  • NanaeS0719
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』久しぶりに辛い映画でした。どの国も福祉は難しいのかな。他人事に思えなかった。不正受給もあるから、厳しい審査があるのは仕方がないのかもしれないけど、本当に困ってる人は助けられる制度であって欲しい。
    いいね

    良い
  • amamikfully2003
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』心臓病で働けない高齢男性と2人の子を持つシングルマザーの交流を軸に、イギリスの福祉制度の問題を浮き彫りにする。弱者同士の競争の中で、不器用な人からこぼれ落ちていく。最後に支えとなるのは人間関係。「大丈夫?」と声をかけてくれる友人や隣人の存在が救い
    いいね

    良い
  • writelefthand
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』気にはしてたけど、観てみたら思ったより胸を打たれて大変。急角度から今年ベスト級に突かれて動揺している(苦笑)。
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』鑑賞。諸々の申請から振り落とされる人々。貧困と飢餓の間で暮らすダニエルたちの生活は観ているだけで胸が締め付けられる。そしてその中で尊厳を持って隣人を助けるダニエルの姿は胸を打つ。ラストを除き、スプレーのシーンが一番胸を打たれた。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <わたしは、ダニエル・ブレイク>国の制度は万全ではない。だから不完全な部分をフォローするのが働く人間の役目なのに、 http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2326772&id=83552666
    いいね

    良い
  • iChiCo_7
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』働けなくてお金なくて役所に公的給付の受給はねられて。とにかくほっとしたかったし報われる結末を心から望んだ。のに。あまりにもつらい。でもハッピーエンドにしちゃったらなんにもならないんだろう。これが現実。
    いいね

    良い
  • bamuse47
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』一度貧困に堕ちると戻れない国のシステム。システム側の人間が規範を締めれば締めるほど、戻れる人間の尊厳を奪う。EU離脱を決断した英国の暗部を垣間見た。ダニエルの人情味溢れる生き様に涙。
    いいね

    良い
  • shignak
    映画】わたしは、ダニエル・ブレイクみてた。◎〜☆。ニューキャッスルを舞台にした公的補助を受けることと自分の尊厳を秤にかけることを強いられる底辺の物語。アートからのオチは読めいても見せられるときつい。アレはラジオ深夜便みたいなものか。
    いいね

    良い
  • araoji
    『わたしはダニエル・ブレイク』を観る。 病で就業できない老人とシングルマザーが出逢ってと云う物語。 補助がないと生活できない人を切り捨てる事に静に怒りを持ちながら立ち向かう主人公が格好いい。 まるで騎士かドンキホーテのよう。
    いいね

    良い
  • nani1tenda
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』幼い子にもダニエルの優しさが伝わり、助けたいって気持ちが芽生えるのに、役所の大人たちには伝わらないのか?伝わってもどうにもできない現状があるなら、改めて欲しい。痛烈なメッセージが胸に刻まれました。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『わたしは、ダニエル・ブレイク』役所にのみならず矛盾する手続きやら人間味のない運用に憤りを感じることは少なくない。それに対して一石を投じている彼の行動もなかなか解ってもらえないのは、制度を逆手にとって怠ける奴らもいるからなのか
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...